このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS 読者の声


「aff」読者の皆さんから、毎号さまざまな声をいただいています。
皆さまからいただいたご意見、ご感想を、ご紹介します。

◆食の「安全+信頼」は生産者・消費者・行政が協力して取り組む必要がある。行政の取り組み、意識改革についても記事としてもっと取り上げる必要がある。(教育関係者)

◆「安全+信頼」はとても良かったです。今後も続けて取り上げて欲しいテーマです。消費者は何よりも安心・安全な食生活を望んでいます。子ども達にも分かるように易しく解説した記事もあると助かります。(団体役員)

◆特集1の「安全+信頼」は、私たちの生活に最も重要な食の安全に取り組んでいる人々の地道な活動が紹介されていてとても頼もしく感じました。これらを統括する農林水産省もさらなる信頼回復に取り組んで頂きたいと思います。
(主婦)

◆「安全+信頼」は、取り上げた着眼点はたいへん良いが、衛生管理の手法に関する記述は、もっと具体的にしたほうがよかったのでは。
(その他)

◆『食品表示Gメン』の皆さんのご苦労がよくわかりました。でも 偽装などが減らないのはGメンの員数が不足なのでは。また罰則が軽ければ 平気で繰り返すでしょう。自業自得なのだから業者名をドンドン公表してほしいです。消費者の立場からも自衛できるようにして欲しいです。(主婦)

◆食品の安全については、子どもの食生活を通してモラルの向上に結びつける教育を重視すべきと考えます。(主婦)

◆昔ながらの食材、食を守るための努力は人々の生活の中から、という思いを新たにした特集であった。農業や漁業等に取り組む若者、指導する者を各県から取り上げて欲しい。今、次世代に夢のもてる産業として一次産業にもっとスポットを当てて欲しい。(団体職員)

◆最近スーパーでパン用米粉を購入してパンを焼きました。小麦粉では味わえない美味しさがありこれからも焼きたいのですが、値段が高くて(約倍の値)毎回利用するのは経済的に苦しいです。せめて小麦粉の値段にならないものでしょうか? 手頃な値段になれば米の消費に役立つと思います。(主婦)

◆地産地消が定着してきている今日この頃ですが、都会でも産地食材は多くありますので、是非都会の産地の食材も取り入れて欲しい。(主婦)

◆各食材の自給率と輸入率の割合及び輸入先国、そしてその割合が今後日本経済にどの様な影響を及ぼすのか、具体的な記事を要望します。
(主婦)

◆野菜などの偽装は見分けの付くものではないので、それなら自分で安心できるものを作ろうと、家庭菜園を作る人が増えています。「今月からできる家庭菜園」など知りたいです。(主婦)

◆料理家ではなく、地元の人の素朴な食べ方を知りたい。「朝ごはん風土記」のさばの塩焼き、船場汁風みそ汁、いいですね。簡単に食材が生かせて。ホッと日本食、うれしいです。
(農林水産業)

◆インターネットの時代です。少しでも情報を広めていくつもりなら、ホームページのアドレスを大きく載せるとか、もっと知りたい、と思わせる感じが欲しい。写真が一つひとつの食品の良いところを出している感じはよい。(主婦)

◆農業後継者として頑張っている人たちのことや、中山間地で暮らし、地域農業を守っている人たちを取り上げてほしい。(団体職員)

◆市民農園で頑張る親子を取り上げてみてはいかがでしょうか。(会社員)

◆外国の若者たちがどのように農業に携わっているかを知りたい。(主婦)

◆スポーツ選手の食事のメニューなど知りたいです。(主婦)

◆昔から食べられてきた日本独自の食材のおいしい食べ方を教えて欲しい。(主婦)

◆畜産を取り上げてください。(会社員)

編集後記
読者の皆さんから「地元の人の素朴な食べ方を」、「日本独自の食材の食べ方を」との声をいただきました。確かに古くからその土地に伝わる素朴な料理や、日本独自の食材を使った料理は食料自給率が高くなりそうですね。これからもそんな話題を提供していきたいと思います。(か)

過去の読者アンケートの中でも、多くの皆さまからご要望の多かった、「食の安全」と「消費者への安心の提供」について特集した4月号、いかがでしたでしょうか。関係者それぞれが、「安全・信頼の確保」という至上命題にどう取り組んでいるかをお伝え出来たかと思います。また、先月より新連載の駅弁紀行では、旅情緒あふれる駅弁を毎月ご紹介していきます。食の玉手箱「駅弁」から地域の、果ては日本の食が見える!? 今後もご期待ください。(す)

4月号の特集「安全+信頼」の対談にご登場いただいた阿南久氏は「外国産でも安全性の向上をきちんとやっているところはやっている。一概に外国産はダメと決めつけるのは間違い」とおっしゃっていました。氾濫する情報に受け身になるのではなく、正しいものを見極めて判断する姿勢が大切です。奥が深いこのテーマ、今後もお伝えできればと思います。(い)



メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/
読者アンケートは農林水産省ホームページ、広報誌「aff(あふ)」のサイトからも回答できます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff