このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

affインタビュー 第28回

  • 印刷

假屋崎 省吾 さん

さまざまなメディアで活躍し、昨年、華道歴25周年を迎えた華道家・假屋崎省吾さんに花のもつ魅力について聞きました。

花は自然界ですでに完成されたもの。そのパワーは計りしれません。
假屋崎省吾
假屋崎省吾
かりやざき・しょうご/華道家。「假屋崎省吾 花・ブーケ教室」主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評される。9月のリニューアルオープンに伴い、「インテリア」「テーブルセッティング」「写真」「カラーコーディネイト」など新講座を開設。随時入会可能。
HP http://www.kariyazaki.jp/
公式携帯サイト
http://www.kariyazakimobile.jp

講談社「假屋崎省吾の百花絢爛」より
講談社「假屋崎省吾の百花絢爛」より
講談社「假屋崎省吾の百花絢爛」より
自己表現が苦手だった子ども時代

今年上半期だけでも假屋崎省吾さんが携わった展覧会やイベントの数は60に上り、テレビやラジオの出演番組数は30もあった。主だったものだけでも、である。しかも主宰している花とブーケの教室で毎月15コマ以上のレッスンをこなし、合間に雑誌や新聞の取材も受けている。そのパワーの源はいったい何なのだろうか。

「子どもの頃は引っ込み思案で、自己表現が苦手な子どもでした。決して裕福な家ではなかったけれど、父と母は園芸が大好きで、小さな庭に四季折々の花を育てていました。物心ついた頃から花が好きな園芸少年でしたね。子どもの頃は消極的だったけれど、いけ花と出合い、花に思いを託していくうちに開放されて、自分を表現できるようになったんです」

「美しいものの対極に醜いものがありますよね。醜いものを淘汰するにはパワーが必要です。美しい花にはそうしたパワーがあります」

假屋崎さんのまっすぐな眼差しから、言わんとしていることがうかがえた。現実の世界では「出る杭は打たれる」ことがままある。若くして頭角を現した假屋崎さんは、時に打たれることもあったろう。「好きなことだったから、やりたいことだったから、それに立ち向かうだけのエネルギーやパッションを持ち続けてやってきました。花にパワーをもらいながら」

花の魅力を伝えるために自分を磨き続ける

「花は自然界で一度完成したものです。美の形として完結している。それを自分の手で新しいものに作り変えていくのだから、そのためには自分も常に成長し、いつのときも『初心忘れるべからず』で、襟を正していなくてはいけない」

「花の魅力を伝える者として日頃から自分自身を磨いています。海外に出かけて絵画を見たり、音楽に耳を傾けたり、美味しいものを食べたり。京都には月に一度は出かけ、歴史や伝統の中にある日本人の美意識に触れています。私はそれを『美を仕入れに行く』と言っています。いつ訪れても京都には感動があり、新しい発見がある。そういう体験は知らず知らずのうちに血となり肉となり、自分の細胞を作るのです」

毎年いく度となく海外へも足を運ぶ假屋崎さんに、海外の花事情をうかがった。
「日本とヨーロッパとでは圧倒的に花屋さんの数が違います。ヨーロッパでは町のそこら中に花屋さんがあります。そして、当たり前のように男性も花を買っている。日本でももっと家庭の中に取り入れてほしいですね。一花一葉でいいんです。洗面所や玄関にちょっと飾ってみる。お客様へのもてなしの心を表現するにも最適だし、自分へのもてなしにもなる」

「花はエネルギーを放出して枯れていきます。そのエネルギーをいただけるなんて幸せですよね。その家にパワーがみなぎっていると花は長く持つものです。美輪(明宏)さんの家や私の家にいけられている花は長く咲き続けるんですよ、枯れないんです。私たちにパワーがあるからでしょうか」

假屋崎さんの教室には小学生から高齢者まで、性別を問わず多くの生徒が国内外から通ってくる。
「皆さん、花を楽しむ心地よさを知ったからこそ、遠方からわざわざいらっしゃるんです。私もそれに応えていけるように、いのちある限り、いけ続けていきたいと思っています。目標はまだまだいっぱいありますから」
假屋崎さんはこれからも、ご両親から受け継いだ素晴らしい財産である「花を愛でる心」を、人々に伝え続けてくれることだろう。

書籍
数多く出版されている假屋崎氏の本の一部をご紹介
(左から)「カリスマ・カーリーの幸せの美学」マガジンハウス 1,470円
「一世一代のブーケ」講談社 1,680円
「花の都パリを旅する假屋崎省吾的、地球の歩き方」
ダイヤモンド社刊 1,785円(すべて税込)



『桂由美45周年×假屋崎省吾華道歴25周年 桂由美×假屋崎省吾展』
8月12日(水曜日)~17日(月曜日) 日本橋三越本店新館7階ギャラリー
9月25日(金曜日)~10月4日(日曜日) 千葉そごう

『花からはじまるライフスタイル」デモンストレーション&トークショー
9月1日(火曜日) 岩国市民会館

『華道家 假屋崎省吾の世界 KISEKI~キセキ~ 』
10月30日(金曜日)~11月15日(日曜日) 目黒雅叙園百段階段