このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 ヨリドリミドリ(6)

  • 印刷

今夜はわが家でアツアツの鶏鍋を!


鶏鍋は鶏肉の旨味がものをいう鍋料理です。通はまず、じっくり鶏のだしが出たスープだけを、好みで塩や七味唐辛子、柚子コショウを加えながら味わうといいます。湯気の向こうのくつろいだ顔が目に浮かびますね。

鶏鍋

極意
極意

安心してください

1)鶏肉を食べることによって、人が感染した例はありません。
インフルエンザウイルスは酸に弱く、胃酸で不活化されると考えられますし、通常の加熱調理で容易に死滅するので、加熱すればさらに安全です。

2)感染した鳥が食用として市場に出回ることはありません。
高病原性鳥インフルエンザは、家畜伝染病予防法上、法定伝染病として位置づけられており、発生した場合は、鳥の間での拡大を防ぐために発生の届出、隔離、殺処分、焼却、または埋却、消毒などのまん延防止措置が徹底して行われています。

3)発生国からの一時輸入停止措置は、あくまでも「侵入・まん延防止措置」です。
高病原性鳥インフルエンザの発生国から鶏肉を一時輸入停止措置にするのは、日本国内への侵入とまん延を防止するための措置です。鶏肉が食品として危険だからではありません。

4)国産鶏肉は安心して食べられます。
国産鶏肉は「食鳥検査法」に基づき、食鳥検査員等が、
(1)生きたままの状態
(2)羽をとった状態
(3)内臓を取り出した後の状態および
内臓の状況
の三段階にわたって、病気や異常がないかどうかを検査することが義務付けられています。こうした厳しい検査に合格したものだけが、工場から製品として出荷されているので、お店で販売される鶏肉の安全性は十分確保されています。