このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS 読者の声


「aff」読者の皆さんから、毎号さまざまな声をいただいています。
皆さまからいただいたご意見、ご感想を、ご紹介します。

◆私は、森林環境教育に携わっていて、日本の森林が温暖化で害虫や動物の生態系が変わり、被害が出ている。森の良さをもっと知ってもらって、子どもたちにすばらしい森林を残したい。10月号の森林を守っている人々の報告を読んで、全国にも同じ考えの人達がいることに感動しました。(教育関係者)

◆「にっぽんの森林」はよかった。材木を特産としている地域に住んでいるのでいつも「山」は気になっていた。経済価値や守る人々についてよくわかった。(主婦)

◆森林の果たす役割の重要性・多様性を改めて認識させられました。同時に森林を守り育てることがいかに大変なことかよく解り、林業に従事されている方々に頭の下がる思いです。(主婦)

◆地球温暖化防止に大きな役割を占める森林について、今回の特集は非常に良かったと思います。森林は国または一部企業のみでは育たない現況にあり、国民一人ひとりが考えていくことが非常に重要になってくると思います。今後も定期的にこの様な記事を取り上げてください。(その他)

◆林業界でも若い人が活躍しているようすがわかりました。もっと増えてほしいですね。

(団体職員)
◆日頃情報が入ってこない林業の特集があったので参考になりました。内容がきれいごとだけじゃなければもっと良かったのですが…。次は是非「スギ花粉」を特集してください。(主婦)

◆今月号のアジア産マツタケ、高嶺の花の国産まがいのわからないマツタケがあり、購入を考えさせられることがありました。子どもの頃は季節のごちそうでした。適正価格で安心しておいしいマツタケが手に入るのはうれしいことですね。期待しています。(主婦)

担当より

地球温暖化の防止にも一役買っているかけがえのない森林、その重要性が再認識できたとの声を頂きました。元気な森林を保つには、木を伐り使い育てるサイクルを回すことが大切です。皆さんも普段の生活の中に、少し意識してぬくもりある木製品を取り入れてみてはいかがでしょうか。御要望のありました「花粉」についても、いつか取り上げたいと思います。affラボでは、マツタケの原産国判別法を取り上げました。これからも消費者の役に立つ最新技術を分かりやすく紹介していきます。(い)

◆今回の「ごま特集」、どんな風にごまが出来ているのか、まったく知らないことが多く、初耳のことばかりでした。あんなに小さいのにすっごい栄養素がたくさん詰まっていることにもびっくり。今日からごまをもっと大切にいただくことにしようと思いました。(会社員)

◆自給率わずか0.1%の国産ごま。その中で金ごまに的を絞り栽培する今回の愛知県の農家が「金ごま生産日本一」になることを応援したい。目に触れない人々に光を当てる記事を望む。 (教育関係者)

◆ごまの特集は、この前スーパーでごまを買おうとしたとき、そういえばと思い、普段あまり見ない原産地を見たらどのごまにも書いてなく、どうしてだろうと疑問に思っていたのでタイムリーでした。なんとなく日本古来からの食品というイメージだったので、ほとんど国産のものがないというのに驚きました。(主婦)

◆棚田大好き人間の私、「フォトエッセイ・棚田を歩く」は素晴らしく宝物です。(その他)

◆棚田の風景を見るのが好きです。山形県「稲杭の風景」は、まるで子どもたちが整列しているようで感動しました。これからも各地の棚田の景色を毎号掲載してください。季節季節の棚田を見るのも楽しみです。(その他)

担当より

国産ごまの自給率がわずか「0.1%」! という現実を初めて知った、という方が多くいらっしゃいました。しかし、逆に考えるとこのわずか「0.1%」の分、日本のどこかで貴重な国産ごまを生産されている農家の方がいるということ。絶滅寸前の国産ごまの根を絶やすまいと、頑張っている方々がいらっしゃいます。また、山形県天童市の「稲杭の風景」を取り上げた「棚田を歩く」ですが、いつもこのコーナーを楽しみにしていただいている方が大変多く、ご期待に応えられるよう、日本の原風景、未来へとつなぎたい美しい棚田の世界を厳選してご紹介していきます。(す)

◆地域の人が農業、森林業、漁業の関心度はどうかを取り上げてもらいたいのと、次代を担う子どもたちについても取り上げてください。(その他)

◆病害虫対策に自然(天然のもの)を有効利用した農業の実例、注目の国産野菜や果物、園芸品種など(海外にも売り込めるようなもの)などを取り上げてほしい。(団体職員)

◆マグロの養殖技術の実情を取り上げてほしい。(会社員)

◆若い人が農業を始める話、きっかけや働く現場の実話、楽しさ、苦労話などを取り上げてほしい。(会社員)

◆都市部での農業、農業を学ぶ大学生の日常について取り上げてほしい。(公務員)

◆農業高校など、高校生の農業学習の様子を紹介してほしいです。(主婦)

◆地元の図書館でaff(あふ)を見かけるようになりました。結構読まれているように見受けられます。毎月頂くaffを社員食堂においておきますが、女性だけでなく皆が読んでいるようです。10日程経つとなくなっていますが、誰かが持って帰って家族で読んでいるのだろうと思います。(会社員)

担当より

今月は上記の主婦の方をはじめ、多くの方からご要望がありました農業高校を取り上げました。農業高校の生徒の皆さんが、元気にがんばっている様子を感じていただけたでしょうか。特集2では農業高校ブランドを紹介しましたが、全国の農業高校で作っているブランドはまだまだいっぱいあります。誌面の都合でほんの一部しか紹介できなかたことが本当に残念です。また、耕作放棄地やマグロもいつか取り上げていきたいと思いますので、ご期待ください。(か)

メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/
読者アンケートは農林水産省ホームページ、広報誌「aff(あふ)」のサイトからも回答できます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff