このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS(3)

  • 印刷

MAFF PERSON 農村派遣研修リポートNo.3

農業は男性の仕事。そんなイメージを打ち破りたい!
愛媛県西宇和郡伊方町 株式会社ニュウズ
研修生 横田奈美さん(総合食料局 食糧部 消費流通課)

MAFF PERSONでは、農林水産省と関連機関で働く人と仕事をご紹介します。


農村派遣研修制度とは
農林水産省では、先進的な取り組みをしている全国の生産者のもとに約1カ月にわたり若手職員を派遣、ホームステイをしながら仕事を体験し農林水産業の現状の見聞する、農村派遣研修制度を行っています。日本の農林水産業の未来を担う若者たちの活動をリポートします。

横田さんの研修期間はちょうど極早生ミカンの収穫期
スタッフとみかんの収穫。横田さんの研修期間はちょうど極早生ミカンの収穫期。肥料をやったり、収穫したりと毎日園地での作業を行った


木の枠を組んで造られている温室みかん用のビニールハウス
木の枠を組んで造られている温室みかん用のビニールハウス。古くなった木材の交換や、屋根のビニールの張り替え作業もある

収穫
最初のうちは園地での動き方が分からず、生傷も絶えなかった。木が生い茂っていて間を通るのも大変、また斜面がきついので滑り落ちないように注意も必要

山の斜面は見渡す限りのみかん畑。上からは宇和海が望める
山の斜面は見渡す限りのみかん畑。上からは宇和海が望める


ニュウズの社屋
ニュウズの社屋。1階は選果、箱詰めが行われ2階部分は直売店があり果実だけでなく、ジュースやアイスクリームなども食べられる


選果場で選別されコンテナに入れられたみかんを運ぶ
ニュウズでは収穫、選果、箱詰め、配送まで一括して行っている。選果場で選別されコンテナに入れられたみかんを運ぶ。結構重い

ともに農業を目指すからこそ解り合えること
横田奈美さんの研修先は、愛媛県最西端の伊方町にある、門田治満さんが代表を務める株式会社ニュウズ。さまざまな種類の柑橘を年間を通じて生産、出荷からジュースやゼリーなど商品の販売もしている会社だ。スタッフはパートも含めて20人ほど、平均年齢は28~29歳と若い。

研修期間中、公私ともに横田さんの面倒を見てくれたのは門田さんの後継者、長女の裕子さん。

「どんな性格の人が来るだろう。1カ月も自宅で寝食を共に出来るだろうか、と少し心配でした」

ところがそんな心配は一気に吹き飛んでしまった。スーツをきっちり着て現れた初日と打って変わって横田さん、いきなりつなぎで登場してきた。

「農作業もしたことがない人が来るんだろう、と思っていましたから、まさか農作業用のつなぎ持参とは思ってもいませんでした」

一方、横田さんは大学時代、クラブの合宿で水田の作業の手伝いや、ファームステイも経験している。農作業用のつなぎも当時作ったものだ。

裕子さんとは年齢も1歳違い。農業という共通点もあり、すぐ打ち解けた。

「農業はきついとか、男性の仕事というイメージだけど、そういう固定観念を裏切りたい。女の子なのに農業をやっているの? すごいってよく言われますが、あたりまえに農業をやる女の子が増えたらいいよね、なんてふたりでかなり話しました」

立場は違うが同じ農業分野で頑張る女性、横田さんとの出会いは刺激になったと裕子さんは語る。

積極的な対話から得たヒントを仕事に生かしたい
「1カ月間研修で農作業ができると喜んで来ました。しかし学生時代とは違い農林水産省の職員のひとりとして派遣されるので、かなりプレッシャーも感じていました。初日に各所に挨拶回りをしたのですが、ニュウズに到着する前に気が引き締まりました」

研修先が決まってからニュウズのホームページを見て、若いスタッフが多いことを知った。農業について彼らとも語り合いたいと、それも楽しみにしてきた。作業の合間に話をしてみると、愛媛や柑橘、農業に対して熱い思いを持って働いている、同世代のスタッフの気持が伝わってきたという。

ウェブサイトの充実、販路の積極的な開拓から配送用の段ボールのデザインに至るまで、みんなで考え抜いたアイディアが詰まっているのも、純粋にすごいと思った。

また、かねてから関心を持っていた集落営農の生産者も訪ねた。そこでは物流のシステムを見直してほしい、農林水産省の政策メニューがわかりにくい、といった話も聞くことができた。

「耳の痛いお話が多かったなかで、中山間地の農業に対する補助金などは使いやすい、と評判がよかったのでうれしかったですね。逆になぜ使いやすいのか、どこが違うのかということも考えて他の制度にも生かすべきだ、と思いました」

横田さんに話を伺ったのは明日で研修が終了するという日だった。

「ここの土地に来て空気を吸って、見てわかったことがありました。普段は届かない声も聞けました。物事の本質を常に考えて仕事をすべきだ、ということを改めて考えさせられた1カ月間でした」と感慨深げだ。

「この研修の終わりが私のスタートです」とことばを付け加えた。

門田裕子さん(右)は四姉妹の長女、1歳上のお姉さんができたみたいと笑う
門田裕子さん(右)は四姉妹の長女、1歳上のお姉さんができたみたいと笑う


みかん
Photo:Masahide Wakamatsu