このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集2 食材まるかじり いきいき山菜讃歌!(2)

  • 印刷

春の息吹をいただく! 山菜カンタン料理


「山菜料理はアク抜きとか手間がかかって……」と敬遠しがちな方へ。
揚げる、ゆでる、焼くといったシンプルな調理法でとびきりおいしく仕上がるレシピをご紹介します。
コゴミの明太ソース添え
子どもから大人までみんな大好き!
コゴミの明太ソース添え
[材料]
コゴミ…8~10本くらい/明太子…大さじ2/マヨネーズ…大さじ1.5

[作り方]
(1)コゴミは茎の端の固い部分を取り除き、塩を少し入れた熱湯でさっとゆで、冷水にとったあと、水気をよく切っておく。
(2)明太子とマヨネーズを和えて、ソースをつくる。
(3)コゴミを皿に並べソースをかける。

花ワサビとベーコンのペペロンチーノ
爽やかにぴりりと香る
花ワサビとベーコンのペペロンチーノ
[材料]
花ワサビ…50~60g(片手でひとつかみくらい)/ベーコン…4~5枚/にんにくのみじん切り…大さじ1/赤唐辛子の小口切り…大さじ1/オリーブオイル…大さじ2/パスタ…200g/塩…適宜

[作り方]
(1)花ワサビは水洗い後、根に近い茎の硬い部分は取り除き、ざく切りに。ベーコンは1cmくらいの幅に切る。
(2)塩、オリーブオイルを少々加えた湯で、パスタを少し固めにゆでる。
(3)フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を熱し、香りが立ってきたらパスタをゆでている湯を少し足して、オイルによくなじませる。
(4)まずベーコンをざっと炒め、次にパスタ、花ワサビを加えてオイルがよく絡むように炒める。

フキノトウとしいたけの煮びたし
春一番にいただきたい大人の味
フキノトウとしいたけの煮びたし
[材料]
フキノトウ(つぼみ)…6個/生しいたけ…6個/水…カップ1/醤油…大さじ2/みりん…大さじ1/砂糖…小さじ1.5

[作り方]
(1)フキノトウは塩を少し入れた熱湯でさっとゆで、冷水にとったあと、水気をよく切っておく。
(2)生しいたけは石づきを取り、3つに斜め切り。
(3)鍋に水と調味料を加えてひと煮立ちさせ、しいたけ、フキノトウを入れて弱火で10~15分ほど煮る。

肉巻き行者ニンニク焼き
春のお弁当にいかが?
肉巻き行者ニンニク焼き
[材料]
牛薄切り肉…150g/行者ニンニク…4本/にんじん…適宜/クレソン…適宜/醤油、みりん、酒…各小さじ1/ゴマ油…大さじ1

[作り方]
(1)牛薄切り肉を広げて、醤油・みりん・酒各小さじ1に漬ける。
(2)行者ニンニクは3~4cmに切り分ける。にんじんも同じくらいの長さで細切りにして、ゆでておく。
(3)行者ニンニク、にんじんを牛薄切り肉で包み、ゴマ油を熱したフライパンで焼く。

タラノメと長ネギ・桜エビの天ぷら
山海の幸が出会う贅沢な一品
タラノメと長ネギ・桜エビの天ぷら
[材料]
タラノメ…男性の親指サイズで8~10個くらい/長ネギ…10cm/桜エビ…適量/天ぷらの衣…適宜

[作り方]
(1)冷水に卵を溶き、小麦粉を軽く混ぜて衣をつくる。
(2)タラノメは、はかまと根元の茶色い皮をむき、軽く拭く。大きなものは縦切りにする。長ネギは3mmくらいの厚さに斜め切り。
(3)材料を衣に混ぜて、油で揚げる。粗塩で食べると素材の味が堪能できる。

ウルイの浅漬けゆず風味
サラダ感覚の爽やかな一皿
ウルイの浅漬けゆず風味
[材料]
ウルイ…3~4本/塩…小さじ0.5~1/ゆずの皮のみじん切り…小さじ1くらい

[作り方]
(1)ウルイは洗って水をふき、生のまま3~4cmくらいの長さに切り、さらに縦にカットする。ゆずの皮を刻んでおく。
(2)ビニール袋にウルイを入れ、塩、ゆずを加えてよくもむ。ゆずは生がなければ、フリーズドライのものでもOK。塩の量は好みで調整する。
(3)30分もすれば少しぬめりのあるさわやかな浅漬けができあがる。