このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS 読者の声


「aff」読者の皆さんから、毎号さまざまな声をいただいています。
皆さまからいただいたご意見、ご感想を、ご紹介します。

  • 「食べものの『ムダ』をなくそう」に非常に興味を持ちました。日本人はお金さえあれば好きなものをいつでも食べることができます。だから「食」のありがたみについて総体的に非常に弱いと思います。「ムダ」にしていることについて意識が希薄になっています。これからもこのような状態が続くはずがありません。「食品ロス」をなくすために国として取り組んでいくべきと思います。(会社員)
  • 食品ロスについて、私が海外で見たり聞いたりした体験を書きたいと思います。アメリカでは、レストランなどで食事をする時、日本人には多すぎる量が出ることがある。その時はドギーバックが用意されている。また、家庭では野菜など少しも残さず使い切る。ドイツでも同じであった。国民性から来るものではないでしょうか。日本の食品事情を考えれば、意識改革が必要な時ではないでしょうか。(教育関係者)
  • 食べもののムダをなくすためのさまざまな取り組みについての紹介を読み、改めて自分の食生活や食品の買物、食品の保存の仕方などを振り返って考えることができて良かったです。(主婦)
  • 私は専業主婦なのでどうしても台所を通していろいろなことを考えます。そこで今後もっと一般の主婦に近いテーマを増やしてほしいと思いました(自宅の主婦にできる取り組みの話)。今回のドギーバックサービスの話や食べ物のムダをなくそうの話は参考になりました。(主婦)

担当より

食べものの「ムダ」について、「今回の特集をきっかけに、改めて考えるともったいないことをしていることに気付かされた」といった反響をたくさん頂きました。私自身、今回の特集を組んで以降、食事の時などにムダについてより意識するようになりました。子どもにごはんを残さないように注意して、それでも食べられなかったら私が食べるなど。ちょっとした気づきが大切なんだと思います。これからも機会あるごとにこの問題を取り上げていきたいと思います。(い)


  • 「花を食べる」、先日知人が、桜の花の塩漬けを作りたいと、八重桜の花を探しているのを聞き、恥ずかしいながら花びらを食べることができるのを初めて知りました。この特集を見て、こんなに食べられる花があるなんて驚きでした。(自営業)
  • 花を食べる。美しいお花がいっぱい、情報もいっぱいあり、楽しくなります。春の花づくし御膳、ぜひ一度訪れてみたいし食べてみたくなりました。関西にも食べられるお花や料理があれば教えてください。お花は心の栄養になる。ステキな言葉ですね!!(主婦)
  • 駅弁紀行は、写真地図等を含め読んでいるだけで食べたくなる気持ちにさせられました。見て楽しんで食することのできる花の栽培方法などもう少し詳しく教えてほしかった。(その他)
  • こぐれひでこ氏のエッセイはいつも好感がもてます。おしゃれでマネのできそうなレシピや食べ物への関心が参考になります。(主婦)
  • 田部井さんは以前テレビで見たことがあります。登山家としてだけでなく食べものの大切さ、利用方法等、食への意識が高いので読んでいて勉強になりました。(主婦)
  • 「チャレンジャーズ」で相原高校 畜産部の取り組みが取り上げられていたが、高校生のころから食に対する意識を高める試みは非常に共感が持てる。このような意識を持った高校生を増やすことよって将来も食に対する意識が高い生き方が可能になると私は考える。(学生)

担当より

いつもアンケートにご協力いただきましてありがとうございます。特集2「花を食べる。」はいかがでしたか? 伊勢原市の食用花生産者「加藤花園」さんに取材でおじゃました際、対応していただいた生産者の女性の方が、とてもいきいきと輝いていました。たぶん花が心の栄養になっているからだろうと思いました。(す)


  • 忘れられている季節の旬の食べ物をもう一度、きちんと各季節に応じて取り上げてほしい。(会社員)
  • 私は88歳で一人暮らしをしている。食事は昔ながらの三度三度ご飯食である。問題は副食物である。近くのスーパーで売っている既成のおかずが主流である。朝は手作りの味噌汁を作って食べている。作るとき母が作る味噌汁が想い出され、私の炊事ごしらえは母の味の再現である。(農林水産業)
  • 農業の後継者が増えていくための情報。消費者として農業に対して何をしていくべきか行動のきっかけ、情報等がほしい。(主婦)
  • WTO農業交渉について、新しい農地制度と遊休農地の有効活用について。(団体職員)
  • 外食産業の盛り上げをテーマとして食の楽しみ方や考え方を伝えてほしい。(自営業)
  • 法人化で成功している事例の紹介。(団体職員)
  • 国産わりばしについて取り上げてほしい。(会社員)
  • 日本食の代表である各地の「おにぎり」「おむすび」を紹介願いたい。(会社員)

担当より
88歳の農林水産業の方から声をいただきました。
食事は三度三度ご飯食とのこと。ご飯食が健康の秘訣なのですね。そして、お味噌汁はお母さんの味の再現とか。毎朝のお味噌汁も健康の秘訣ですね。日本型食生活は元気の源です。その他に「WTO農業交渉」、「農業法人」、「おむすび」等たくさんの声をいただいています。いつか誌面で取り上げていきたいと思います。(か)



メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/
読者アンケートは農林水産省ホームページ、広報誌「aff(あふ)」のサイトからも回答できます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff