このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

読者の声



「aff」読者の皆さんから、毎号さまざまな声をいただいています。
皆さまからいただいたご意見、ご感想を、ご紹介します。


放射性セシウムに関する情報について

農畜産物等の放射性セシウムに関する情報は、農林水産省のホームページをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/

  • 東日本大震災にあわれた方々の復旧、復興が、少しずつではあるが経過の状況が分かりうれしくなりました。元の状態になるまではまだまだ時間がかかると思いますが、地区の方々が少しでも元気になられますように心から祈っております。(女性)
  • 6次産業化のことを初めて知り、たいへん良いことだと思いました。地域活性、若い方の農漁業の関心や就労にもつながり、どんどん発展してほしいと思います。(女性)
  • 家庭菜園でキュウリを栽培しているのですが、凹凸ができたり葉が枯れたりすることがありましたので「植物ウィルス病ワクチン」に関する記事を興味深く拝読しました。世界初の商品化成功ということで、日本の技術力が世界の食糧事情の改善の一助になれば良いと思います。(公務員 男性)

担当より
被災地の復旧・復興は、少しずつではありますが、私もこのコーナーを担当し、着実に一歩ずつ進んでいるという手応えを感じます。今後もできる限り、最新の情報を伝えていきたいと思います。8月号で特集した6次産業化の先進事例は、正に「地域の再生と活性化の起爆剤」であると思います。「六次産業化法」の施行で、これらの取り組みが全国各地に広がっていくのではないかと思っています。(し)

  • 「仕事人」の特集記事を読んで、和菓子屋さんに行ってみたくなりました。そして、商品をじっくり見てみたい気になりました(買って食べてもみたいです)。(女性)
  • 「日本の風景を訪ねて」の緑と広々とした風景に心がなごみます。(女性)
  • 日常生活になくてはならない砂糖。その種類や魅力について特集していただいて、大変勉強になりました。(自営業 女性)
  • 砂糖の種類の多さにびっくりしました。それぞれの用途が明記してあり、これからの食生活に、健康生活にも勉強になり、安心して食べたいと思いました。(女性)
  • 納豆の食べ方。ぐるぐるまわしでなく、上下運動、しょう油でなく塩をふりかける。これから納豆はこうして食べることにしました。友達にも話します。(女性)

担当より
砂糖の特集を組んで、原料や製糖方法に違いがあること、甘さ以外の特性も持ち合わせていることなど、知っているようで詳しくは知らないことも多いことに改めて気づかされました。スプーン一杯の砂糖に、そこから生まれる料理やお菓子にグッと親しみがわいてきます。気のせいかティータイムにあんこや和菓子の登場が増えつつある秋の夜長です。(う)

  • こぐれひでこさんのエッセイ「いただきもの絵日記」は、毎号楽しく拝見しています。今回は、我が家でも最近食卓によく登場するズッキーニで特に親近感を覚えました。これからも、懐かしい食卓や興味をそそる食卓楽しみです。(女性)
  • グリーン・アートの記事が特によかったと思います。若い、グリーン・アートの笑顔は、明日への希望です。5年後が楽しみです。(会社員 女性)
  • 先月はキューピー、今月はグリコとなじみのある、製品の工場にときめきました。ただ、工程の写真をもっと細かく見たかったです。欲を言えば、今月はグリコを含め、砂糖を考えさせられる号でした。(女性)

担当より
こぐれさんの「いただきもの絵日記」、涼しさが感じられた「ズッキーニのすり流し」は、作られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。チャレンジャーズで紹介しました(株)グリーンアートさんは、明るくパワフルで、常に新しいことに挑戦する姿勢に感嘆しました。新規就農者も含め、各地で活躍している若い力をどんどん紹介していければと思います。(く)

  • 若者に対する新就農制度についての特集を行ってほしい←知り会いで新就農したい者がいるから。お願いします。(会社員 男性)
  • 多少娯楽的要素のあるページがあってもいいのでは。(男性)
  • 原発被害で今後の農業の不安を考えると、営農再開を目指し頑張っている方に安心した生活ができることを望みます。若い方達の新規就農も応援したいです。(女性)
  • 一消費者として太字で書いてあるところの内容は分かりますが、生産者向けの内容になると、えっ!と思う内容(理解出来ないものがあること)はしかたがないことですね。(女性)

担当より
aff(あふ)読者の方から「娯楽的要素のページを」、さらに消費者の方から「生産者向けの内容で理解できない内容がある」とのご指摘をいただきました。affの編集に当たっては多くの皆様に親しまれ、分かりやすい広報誌となるよう努めているところです。今後も内容について「硬い」とか、「分かりづらい」とか気の付かれたことがありましたら、アンケート等でどしどしお知らせください。(か)

※ メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/

※ 読者アンケートは農林水産省ホームページ、広報誌「aff(あふ)」のサイトからも回答できます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff