このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

フォトエッセイ・日本の風景を訪ねて

  • 印刷


ころ柿の里「山梨県甲州市」
11月から12月にかけて、武田信玄の菩提寺である恵林寺(えりんじ)界隈で、「ころ柿(枯露柿)」と呼ばれる干し柿づくりの光景が見られる。甲州でころ柿がつくられるようになったのは、武田信玄の奨励があったからだと言われている。甲州百目柿(こうしゅうひゃくめがき)という渋柿の皮をむいてからつるして天日乾燥させ、その後平干しすると、1カ月ほどでまわりに白い粉をふき、甘みが凝縮した極上の干し柿ができる。よく日が当って乾燥するように、ころころ回転させることから「ころ柿」の名がついた。
ころ柿の里「山梨県甲州市」
青柳健二
写真家。日本を含むアジアやアフリカの稲作文化、特に棚田とそこに暮らす人々を対象にした作品を発表。高い評価を受けている。棚田学会会員。主な著書に「日本の棚田100選」(小学館)、「棚田を歩けば」(福音館)など。