このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

読者の声



「aff」読者の皆さんから、毎号さまざまな声をいただいています。
皆さまからいただいたご意見、ご感想を、ご紹介します。


放射性セシウムに関する情報について

農林水産省のホームページ(東日本大震災に関する情報)をご覧ください。
http://www.maff.go.jp/

  • 東日本大震災被災地の復旧・復興に向けての取り組み紹介は単に災害復興の発信にとどまらず、日本の農業の現状(いわゆる農家の高齢化や後継者不足等による将来への不安)に対しての道標となり、国民的な視点からしてもTPP問題含めて日本農業の重要な課題でもあるので、もっと具体的事例の紹介あるいは関係者からの提言等、今後とも内容の充実に努めて欲しい。(男性)
  • すべて、とても良い記事だと思うのですが、少し欠けている所があると思います。「新鮮」というテーマに対し、もう少しそこで働く人にクローズアップして欲しかった。また、「海の幸」特集については、直感的に場所が浮かぶような工夫(地図など)が欲しい。いつも楽しく読ませてもらっています。これからも良い記事を読ませてください。(男性 農林水産業)
  • 流通のしくみや携わっている人の苦労や工夫がよく分かった。新鮮の届け方にも時代に合った変遷があるのですね。(女性)
  • 何げなく食べている野菜や果物、魚等、「新鮮」を基に生産者が一生懸命頑張っておられる様子を見て、消費者の私達もひとつ一つ大事に食べたいと今更ながら教えられました。(女性)
  • 小さい子どもがいますので、食の安全・安心には特に気になります。生産者から消費者への特集は分かりやすかったのですが、今度はもう少し詳しく知りたいと思いました。(女性)
  • ワカメの作り方や魚たちの紹介記事は勉強になった。シラス丼やワカメしゃぶしゃぶを食べたくなった。また、れんこん三兄弟の記事は良かった。こんな若者たちがどんどん増えてくれればと願う。(女性 自営業)
  • サーモンピンクのイチゴには驚きました。優しい色合いが桃の節句にぴったりですね。まだまだ出回っていない新品種を取り上げてください。(女性)
  • どのページも良かった。「しもつかれ」の作り方をみて、作ってみたいと思った。春を告げる海の幸、春の野菜もあらためて見直しました。今後も季節の物が多く出るとうれしいです。(女性 団体職員 消費者関係)
  • 若い人達の頑張りに元気をもらいました。地産地消をもっと推進したいですね。(女性)
  • 今月号は大いに楽しみました。関連記事をコピーさせて頂き、関係者に配布しました。これからも楽しい記事を期待しています。(男性 教育関係者)
  • 実家が農家で、お米、野菜、お花等を作り出荷も手伝い。かなり、将来的にも私自身も栽培に興味があります。何気なく手にしたaffを機会に情報収集のソースにさせて頂きたいと思います。(男性)

担当より
毎号貴重なご意見をたくさんお寄せいただき、ありがとうございます。誌面を作成する上で、大変参考となりますので、今後とも、多数お寄せください。(き)

※ メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/

読者アンケートは農林水産省ホームページ、広報誌「aff(あふ)」のサイトからも回答できます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff