このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS(1)

  • 印刷

さらなる経営発展を目指して

農業経営指標を活用しましょう


MAFFとは農林水産省の英語表記「Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries」の略称です。
MAFF TOPICSでは農林水産省のお知らせを中心に、暮らしに役立つさまざまな情報をお届けします。
農林水産省は農業者が経営に関するさまざまな取り組みや経営データを自己点検し、経営改善のために活用できる、
わかりやすい指標を作りました。

新たな農業経営指標

農業経営のPDCAサイクル

経営指標を活用することで農業経営の目標や改善がより明確に(農業経営のPDCAサイクル)

難しくない指標の仕組み
これからの農業を担う農業経営者がさらなる経営発展を実現していくためには、経営計画をきちんと立ててそれを実行するとともに、自らの経営を客観的に捉え、問題点や課題を発見し、それらの改善に取り組んでいくことが重要です。

農林水産省では、農業経営の改善に必要な取り組みの実施状況や経営データを客観的に把握することができる「新たな農業経営指標」を、先進的な農業経営者や税理士などの専門家を交えて検討し、この3月に策定しました。

この農業経営指標は「経営改善のためのチェックリスト」「経営データの入力フォーム」「指標による評価結果シート」の3つで構成されています。

「経営改善のためのチェックリスト」(下の記入例参照)では、農業経営の発展に欠かせない経営管理、生産、販売・加工、財務、労務、地域活動に関する14の項目について、(1)(きちんと取り組んでいる)、(2)(ある程度取り組んでいるが十分ではない)、(3)(取り組んでいない)という3段階の選択肢の中から自分に該当するものを選びます。(2)または(3)を選んだ項目については、より優先して改善する項目を決めることで目標を明確にし、メリハリのある経営改善を行える仕組みとなっています。

また、「経営データの入力フォーム」は、農業経営の基本となる労働力、農地、生産・販売、財務の各項目について、現状と5年後の目標を記入することで、数値の形で客観的に経営状況を見ることが可能となります。ほとんどの項目が農業経営改善計画(※1)や青色申告決算書の数字を転記するか、簡単な計算をすることでフォームが作成できます。

農業経営指標を活用して経営の改善を
農林水産省のホームページにある『農業経営指標分析プログラム』でチェックリストと入力フォームを入力すると「指標による評価結果シート」が自動出力され、それぞれの項目について、標準的な主業農家(※2)やトップクラスの主業農家の水準と比較して、現在の自分のレベルを確認することができます。

このように、農業経営指標は誰にでも簡単に利用できるのが特徴です。この指標を活用することによって、農業者が経営の改善や発展に取り組むことが期待されます。

(※1)認定農業者が作成する5年後の農業経営の姿とその達成に向けた取り組みの内容を記載した計画。
(※2)農業所得が主(所得の50%以上が農業所得)で、65歳未満の農業従事60日以上の者がいる農家。

今後、この指標を活用したセミナー等を全国で開催する予定です
問い合わせ・様式の入手等については
農林水産省 経営局 経営政策課
03-6744-2143(直通)
またはお近くの農政局や地域センターへ

新たな農業経営指標のホームページ(各様式やプログラムのダウンロードが可能です)
https://www.maff.go.jp/j/ninaite/shihyo.html

農業経営のPDCAサイクル