このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

読者の声



「aff」読者の皆さんから、毎号さまざまな声をいただいています。
皆さまからいただいたご意見、ご感想を、ご紹介します。


放射性セシウムに関する情報について

農林水産省のホームページ(東日本大震災に関する情報)をご覧ください。
http://www.maff.go.jp/

  • 東日本大震災の被災地の復興の様子を毎号掲載して下さり、一歩一歩前進している姿を見て、勇気とファイトをいただきます。そしてデパートやスーパーで被災地からの商品に出会うと、身も心も暖かく嬉しくなります。頑張って下さい。(女性)
  • 海の取締りは海上保安庁の管轄と思っていましたが、違法操業に対する取締りを水産庁が漁業監視船と航空機で行っていることを初めて知りました。記事には「外国漁業者の拿捕は48時間以内に検察庁送致や担保金制度の適用」と記述されていますが、時間的な制約は国際法によるものなのでしょうか。いずれにしても、24時間昼夜や天候に限らず業務を遂行されていることに敬意を表します。(男性)
  • 水産に於ける漁業取締船の活躍や、資源管理で乱獲防止の意識改革を図ることは重要でとても有難く思います。讃岐では大昔から魚を頭上に乗せて行商する「いただきさん」が、今は自転車等に変わっていますが、現存していて瀬戸内海の多種の新鮮な魚を売り捌いています。今、鰻が激減ですが、数年前瀬戸の鰆が獲れず高騰しました。鰆は讃岐の郷土食に欠かせません。昔からの伝統を守るためにも海の宝を大切にして行きたいですね。(女性)
  • 外国漁船による違法操業は当該国の資源管理が適切に行われていないことを暗示していると言えます。今後は我が国の資源管理技術の提供や、取締り体制の強化が必要だと考えます。水産庁の漁業監督官の皆様に敬意を表します。(男性 学生)
  • 信州の漬物と乾物の記事に、大学時代の友人が年末になると送ってくれていた手作りの野沢菜漬けを思いだしました。厳しい信州の寒さの中でこその味で本当においしくて、毎年楽しみにしていたあの味は彼女の思い出とともに、今でも忘れられません。(女性)
  • 信州の乾燥保存食が紹介されていましたが、わが家でも冬は特に凍み豆腐を食べます。みそ汁に入れて食べても美味しいですし、煮物やおでんにも合います。このような、日本独特の食文化について、皆で守っていくべきと改めて思いました。(男性 会社員)
  • 「世界で高い評価の日本の花き」のラナンキュラスとトルコギキョウの美しさに見とれました。母が花好きなので、誕生日にたくさん花を贈りたいと思いました。(女性)

担当より
漁業監督官に対する多くの温かい言葉、ありがとうございます。送致については、刑事訴訟法第203条です。(き)

※ メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/

※ 広報誌aff(あふ)の感想をお聞かせください。
今後もよりよい広報誌とするため、読者アンケートにご協力ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff
(最新号の読者アンケートを実施中です)