このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

読者の声



「aff」読者から寄せられたご意見やご感想を紹介します。


放射性セシウムに関する情報について

農林水産省のホームページ(東日本大震災に関する情報)をご覧ください。
http://www.maff.go.jp/

  • 宮古市(岩手県)の津軽石ふ化場の復興作業が順調に進んで、被害を受ける前と変わらない姿になって、確かな復興の息吹が感じ取れて、うれしく思っています。サケの稚魚の放流により、これで将来の「サケの漁獲」が確保されて、捕獲の最盛期には我々も消費に努めなくては~ !!  との思いを強くしました。被災者の復興に向けての大変な頑張りにエールを送りたいです。(女性)
  • 養殖は事業としてみていましたが、赤潮対策や安定供給のほか、絶滅危惧種を保全する目的から循環型の食料生産体制の実現など、重要性を再認識しました。(男性)
  • 昨年は、シラス漁の不良によるウナギ価格の高騰、大学によるウナギの産卵場所の発見等もマスコミが伝えていましたが、本書でシラスウナギの人工生産、ウナギの完全養殖などを知り大変感激しました。まだ課題も多いようですが、ご健闘を祈っています。(男性)
  • 日本の養殖技術の高さを知ることができ、感心しています。特に「ウナギ」の完全養殖には期待しています。(男性)
  • 日本の郷土食、味噌汁に興味を持ちました。私は食卓に味噌汁がないと物足りなく感じます。写真を見て具材を集め、味噌も具材に合うようなものを選んで作りました。今まで食べたことのない味噌汁が出来て自分なりに満足感を味わっています。(男性)
  • 日本人のソウルフード味噌汁特集、大変興味深く拝見しました。B級グルメなど地元の隠れたおいしい味が脚光を浴びていますが、これぞ元祖ですよね。旅行などで訪れる機会があれば食してみたいお味がたくさんありました。(女性)
  • 味噌玉レシピ感動しました!  意外と簡単にできるんですね。(男性)
  • 味噌汁のだしは、野菜や具により合う合わないがあると私も思います。私も野菜や具により、だしを替えています。(女性)
  • 毎号「MAFF TOPICS」を楽しみにしています。ミャンマーとの交流・協力については、これまでの取り組みで今後の可能性等がみえてきたのではないでしょうか。今後は、国際貢献という視点からも、その果たすべきパートナーシップを日本がどこまで担えるのか、大いに期待したいと思います。(女性)
  • 他人ごとでない農作業事故を読んで、高齢者になった私も草刈機や作業機械を取り扱う場合には、充分、気をつけて作業に従事し、事故皆無に心がけています。(男性)

担当より
今月号から新コーナーの開設や、文字を大きくするなど一部誌面を新しくしました。今後ともご愛読いただけますようお願い申しあげます。(き)

※ お詫びと訂正
本誌4月号P14、チャレンジャーズ「畑と人のパワーで社会を変えられる農業に」の地図に誤りがありました。「第二高神明速道路」と記載してありますが、正しくは「第二神明道路」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

※ メールマガジンのご案内
大臣メッセージや施策の紹介、イベント情報などをお届けする「農林水産省メールマガジン」を毎週金曜日に発行しております。ぜひ、ご登録ください。もちろん無料です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/

※ 広報誌aff(あふ)の感想をお聞かせください。
今後もよりよい広報誌とするため、読者アンケートにご協力ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff
(最新号の読者アンケートを実施中です)