このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集2 ほっとするね。おばあちゃんの懐かしご飯(2)

  • 印刷

「みょうがぼち」の作り方


「みょうがぼち」の作り方

「みょうがぼち」の作り方

材料〈 約40個分 〉
あん
空豆(乾燥・皮むき) : 500g
グラニュー糖 : 500g
塩 : 大さじ1/2

生地
小麦粉 : 500g
砂糖 : 30g
塩 : 10g
水 : 600ml

みょうがの葉
みょうがの葉 : 40枚
塩 : 少々

「みょうがぼち」の作り方
3.みょうがの葉はぬれ布巾でふいて汚れを落とす。塩少々を入れた熱湯にみょうがの葉を入れ、2分ほどゆでて冷水にとり、ざるにあげる。 2.ボウルの底に煮溶けた空豆が溜まるので、布巾に入れて水気を絞る。ざるの空豆と共に鍋に移し、グラニュー糖と塩を加え、木べらでかき混ぜながら、差した木べらが立つくらいまで煮詰める。火を止め、一晩おいてさます。 1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、空豆を入れ、時々差し水をしながらやわらかくなるまで茹でる。ボウルにざるを重ね、空豆を入れ、木べらなどで軽く広げる。
6.熱いうちに、滑らかになるまで練る。 5.生地を作る。まず、鍋に湯を沸かし、砂糖と塩を加えて沸騰させる。これをボウルに入れた小麦粉に一気に加え、箸でかき混ぜる。 4.みょうがの葉を乾いた布巾の上に並べ、上にも布巾をかけて水気をよくとる。
ぼちは耳たぶくらいのかたさにこねて 8.7を蒸し器に並べ、強火で10分ほど蒸す。生地が白く透き通ったら火を止める。 7.6を1個あたり30g程度のかたまりにちぎり、薄く伸ばす。2のあんを30g程度包んで、卵形に整える。
9.4のみょうがの葉で8を包む。 かわいい卵形に仕上げてね

食材なるほどメモ「みょうが」
食材なるほどメモ
「みょうが」
みょうがの葉に殺菌効果があることは古くから知られ、おにぎりやお団子など、傷みやすい携行食を包むのに用いられてきました。また、乾燥させた茎は草鞋(わらじ)の材料となったほか、葉や根の汁は、しもやけなどの治療薬として使われたそうです。