このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 だから、お魚を食べよう!(2)

  • 印刷

みんなに食べてほしいから、始めました!

「魚の国のしあわせ」プロジェクト



魚の国のしあわせ

あらゆる世代で急速に進む「魚離れ」を食い止めようと、平成24年7月にスタートした「魚の国のしあわせ」プロジェクト。多様な水産物に恵まれた日本に生活する幸せを、国民に実感してもらおうと、生産者や流通業者、水産関係団体、行政等、魚に関わる人たちが一体となり、以下の4つの柱で活動を展開しています。

「魚の国のしあわせ」プロジェクト実証事業
販売方法の工夫や、イベントの開催、メニューの開発など、水産物の消費拡大に役立つ取り組みを、定期的に公表します。

ファストフィッシュ
手軽・気軽においしく水産物を食べること、および、それを可能にする商品や食べ方を、「わたしたちのファストフィッシュ委員会」が選定します。

学校教育を通じた魚食普及の支援
「子どもと社会の架け橋となるポータルサイト」(文部科学省)を活用し教育現場の魚食普及を支援します。

水産庁長官任命「お魚かたりべ」
魚食文化の普及・伝承に努めている方々を、水産庁長官が「お魚かたりべ」として任命し、魚食に関する情報発信の取り組みを後押しします。

この4つを連携させて、新たな魚食ブームの復活をめざしています。

「魚の国のしあわせ」プロジェクト
http://www.jfa.maff.go.jp/test/kikaku/sakanakuni.html

「魚の国のしあわせ」推進会議