このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 日本の森林(もり)を育むのは、あなたの“木づかい”~木材の利活用のすすめ~(1)

  • 印刷


日本は、世界有数の森林国で、人工林を中心に森林資源は今も増え続けていますが、木材自給率は3割弱と低い水準です。
もし、このまま国産材の利用が進まないと、間伐などの森林整備が遅れ、森林が持つ多様な公益的機能の発揮に悪影響を及ぼしかねません。そこで、林野庁では平成17年度より、国産材利用の意義を広め、実需の拡大につなげる国民運動として「木づかい運動」を展開しており、毎年10月は「木づかい推進月間」です。私たちひとりひとりが、森林の現状を知り、地域の木材をもっと利用することで、豊かな森林が育まれ、地域の活性化にもつながります。まずは身近なところから、“木づかい”のある暮らし、始めてみませんか?


世界の土地面積に占める森林の割合は、1700年代は約5割あったと推定されていますが、現在は約3割で、毎年約520万haが減少しています。

一方わが国は、国土の7割が森林で、世界第3位の森林率を誇っています。今は豊かな森林国ですが戦後しばらくは、日本各地ではげ山が見られました。それを先人の方々の努力により、スギ、ヒノキ、などを植林した結果、最近では森林資源量は人工林を中心に毎年約1億m³ずつ増加しています。一方、日本の1年間の木材消費量約7000万m³のうち、国産材の利用量は2000万m³で、木材の自給率は28.6%(平成25年)と低く、残りは輸入材に頼っているのが現状です。

国内の人工林に、木材として本格的に利用できる46年生以上のものが、面積の約半分に達しています。一方で間伐が進んでいる森林や、間伐されながら木材が利用されない森林もあり、森林開発の遅れは、CO2の吸収など森林の多面的機能の低下や、農山村地域の活力低下にもつながります。

この問題を解決するには、国産材を積極的に使うことで間伐などの森林整備を促進し、山で働く人を育てるなど、森林づくりをみんなで支えることが大切です。

戦後すぐは、日本各地ではげ山がありました。でも現在は……
充実し続ける森林資源   わが国森林の再生と森林資源の推移

人口林の齢級別面積

豊かな森林資源を持つ日本ですが、森林の現状はというと……
不健康な森

でも、みんなの“木づかい”により、国産材を積極的に利用することで森はこんなに元気に!
健康な森

「間伐」で森の生態系が豊かに!
森林の多面的機能の発揮
森林は資源としての木材の生産や、きのこなどの林産物を生産する場であるほか、地球温暖化防止や「多様な動植物の生育・生息を可能とする」「地表の侵食や流出を抑制する」「景観の維持」「保健休養の場の提供」「水源かん養」など、多くの機能があり、私たちも様々な恩恵を受けています。

こうした機能は「多面的機能」と呼ばれ、森林を整備することで、より機能を発揮させることができます。

CO2の吸収能力の維持向上
地球温暖化は、大気中に存在する二酸化炭素など温室効果ガスの濃度が上昇することが原因だと考えられています。森林はその吸収源として重要な役割を果たしています。

植物には、太陽からの光エネルギーを活用して、大気中の二酸化炭素を有機物に変え固定するという重要な働きがあり、特に樹木は幹や枝などの形で大量の炭素を蓄えています。

また、木材は鉄やアルミニウム、コンクリートなどと比較すると、製造にかかる消費エネルギーが少ないという特徴があるので、木材を資源として利用することで、エネルギーを節約し、化石燃料からの二酸化炭素の排出を減らせます。
 
山村が活性化!
山村の多くが過疎・高齢化している現在は、林業生産活動の継続はもちろん、集落の機能低下や消滅も懸念されます。すると、適正に整備されない森林が増加し、ひいては森林が持つ多面的機能の発揮も難しくなります。

しかし、国産材の利用が進めば、間伐などの森林の維持管理が適切に行われ、放置された森林も減少します。林業生産活動も活発になるので、若者やUJIターン者の就労機会も増え、その結果山村の活性化につながります。


文/宗像幸彦、佐々木泉
写真/松木雄一、多田昌弘
写真提供/ JR九州、(株)ディノス・セシール、(株)イトーキ、酒井産業(株)、ストローファーム