このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和元年9月9日第859号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年9月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇9月3日(火曜日)
北海道への出張、福島県の農林水産業の復旧・復興に向けて(福島県への出張を含む)、発生から1年となる豚コレラの今後の対応、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)北小委員会、九州北部の大雨に係る農林水産業への被害状況について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190903.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190903.html

◇9月6日(金曜日)
農協改革集中推進期間における農協改革の進捗状況、秋田県への出張(第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会)、農協改革の課題と対応方向、ツマジロクサヨトウのまん延防止対策について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190906.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190906.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新たな食料・農業・農村基本計画に関する御意見・御要望の募集について

・食料・農業・農村基本計画は、食料・農業・農村基本法に基づき、今後10年程度を見通した農政の中長期的なビジョンを示すもので、概ね5年ごとに見直しています。

令和元年9月6日(金曜日)より、食料・農業・農村政策審議会において基本計画の見直しに向けた審議が開始されました。
今後、企画部会を開催し、議論を進めていくこととしており、その検討に当たっては、透明で開かれたプロセスとする観点から、国民の皆様からの御意見・御要望を広く募集します。締切は令和2年2月29日(土曜日)です。

皆様が日頃感じている忌憚のない御意見・御要望をお待ちしています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/190906.html
⇒ http://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/index.html#ikenbosyu

◇第4回ジビエ料理コンテスト募集のお知らせ

・ジビエの普及啓発等に取り組む「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として、「第4回ジビエ料理コンテスト」のレシピを募集しています。

現在、農作物等に被害をもたらす有害鳥獣の捕獲数が増加傾向にある中で、これを地域資源として野生鳥獣肉(ジビエ)に有効活用する取組が広がっています。
本コンテストは、選定・表彰された料理レシピを広く紹介することで、消費者等への普及啓発、ジビエの全国的な需要拡大と鳥獣利活用の推進を図るものです。

今年度は「国産のイノシシ肉・シカ肉を使用し、多くの人に、安全でおいしく提供できる料理」をテーマに、上位3点を表彰します。
応募締切は令和元年9月30日(月曜日)です。
皆様の応募をお待ちしております。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/cooking.html
・第4回ジビエ料理コンテスト
⇒ http://www.gibier.or.jp/contest2019/(外部リンク)

(2)審議会等の予定

◇「農業分野におけるAIの利用に関する契約ガイドライン検討会(第2回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年9月11日(水曜日)に、虎ノ門SQUARE店4階会議室(東京都港区)において、「農業分野におけるAIの利用に関する契約ガイドライン検討会(第2回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/190904.html

◇「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第5回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年9月10日(火曜日)に、三番町共用会議所(東京都千代田区)において、「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第5回)」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/190903.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年9月号の紹介)

【特集2保存食今昔】

保存食とは、長期保存できるよう加工・処理された食料のこと。
その中から、古くから親しまれている乾物と、製造技術の進歩によって生まれたフリーズドライ食品を特集します。

乾物では、身近な食材で作れるおいしいレシピなどを紹介。
水ではなくジュースなどで戻すユニークなものも。
フリーズドライ食品では、自分で作ると大変だけど、これならお手軽な料理をセレクトしました。
日常生活の食事でも役立つこと間違いなしの特集です!

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1909/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「夏休みの自由研究が終わっていないこどもたち必見!」、「災害への備え、できていますか?」、「北京国際園芸博覧会2019ジャパンデー」、「ロシア極東における農林水産ビジネスを支援します!」、「その肉製品、持ち込めません!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「紅花から紅餅へ」でした。

山形県の県花である紅花。7月に花が咲き、その後、どのような加工を行うかご存知ですか?・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第15回北小委員会」の結果について

・令和元年9月3日(火曜日)から6日(金曜日)まで、ポートランド(米国)において「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第15回北小委員会」が開催され、太平洋クロマグロ等の資源管理措置に関する議論等が行われました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/190907.html

◇JASの制定等のテーマに関する調査(提案募集)について

・JASの制定やJASの国際化に取り組むべきテーマの選定に向け、「JASの制定等のテーマに関する調査(提案募集)」を、令和元年10月7日(月曜日)まで実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/190906.html

◇「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)による現地調査について

・「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)の専門家による調査が10月に行われることが決まりました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/190906.html

◇令和元年度常磐・三陸沖カツオ主分布域の予測(9~10月)

・令和元年度の常磐・三陸沖におけるカツオの主分布域の予測(9~10月)を公表しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/190906.html

◇「第4回地理的表示フェスティバル」の開催について

・地理的表示(GI)保護制度の認知度向上を目的に、令和元年9月28日(土曜日)から29日(日曜日)の2日間、お台場ヴィーナスフォート(東京都江東区)において、日本各地のGI産品を集めたPRイベントを開催します。
このイベントでは、GI産品等の展示(一部、試食・販売)を中心に、大食いタレントとして活躍中で、お料理好きとしても知られるギャル曽根さんをゲストに招いたトークセッション、GI産品を利用したワークショップも予定しています。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/190906.html

◇令和元年6月6日から7月24日までの間の豪雨及び暴風雨による災害に係る激甚災害の指定について

・令和元年6月6日から7月24日までの間の豪雨及び暴風雨による災害について激甚災害として指定し、併せて当該災害に対し適用すべき措置を指定するための政令が、閣議で決定されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/190906.html

◇農協改革の進捗状況について

・農協改革集中推進期間における農協改革の進捗状況について公表しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/sosiki/190906.html

◇無人航空機(ドローン)を活用した「日本美しの森お薦め国有林」の動画の公開について

・「日本美(にっぽんうつく)しの森お薦め国有林」において、無人航空機(ドローン)を活用した動画撮影を行い、林野庁ホームページ内で公開しました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kokusou/190906.html

◇「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」の開催結果について

・平成30年9月に我が国で26年振りとなる豚コレラの発生が確認されてから1年が経過するに当たり、令和元年9月5日に「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」を開催し、豚コレラに関する今後の対応について決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190905.html

◇岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内40例目)について

・令和元年9月5日(木曜日)、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた岐阜県中津川市の農場において、豚コレラの疑似患畜が確認されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190905_8.html

◇2019年北京国際園芸博覧会ジャパンデー等の開催について

・中華人民共和国で開催中の2019年北京国際園芸博覧会において、令和元年9月12日(木曜日)に「ジャパンデー」を、同日から9月14日(土曜日)まで「ジャパンフェスティバル」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/190905.html

◇「農の雇用事業」第4回目の募集を開始します(令和2年1月研修開始分)

・農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
令和2年1月1日研修開始分の事業参加者募集については、10月31日(木曜日)までです。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/190904.html

◇令和元年度世界かんがい施設遺産の登録について

・国際かんがい排水委員会(ICID)は、令和元年9月4日(水曜日)に、インドネシア・バリで開催された第70回国際執行理事会において、ICID日本国内委員会が世界かんがい施設遺産候補として申請した4施設を世界かんがい施設遺産として登録することを決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kaigai/190904.html

◇「福島県の農林水産業の復旧・復興に向けて」について

・福島県の農林水産業の将来を見据えた復旧・復興に向けた取組について、3月以降、省内で検討を行うとともに、地元福島県やJA福島中央会、被災12市町村長とも意見交換を実施し、共同で取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/190903_3.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

先週はパブリックコメントの募集開始及び募集結果の公示はありません。

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和元年9月9日~9月13日)~

~週間公表予定表(令和元年9月9日~9月13日)(追加)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇おいしい・たのしい・すてき!福島の森と木
令和元年9月9日(月曜日)~9月13日(金曜日)

福島県の安心・安全な木材や特用林産物の生産に向けた取り組みについて、きのこ、きのこ加工品、木製品の展示を行うとともに、森林の放射性物質の現状や対策などのパネル展示、生産者による生産物の解説、展示品の試食や販売などを行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/909fukus.html

<編集後記>

関東地方の方は、昨夜は台風15号の影響で、不安な夜を過ごした方も多いのではないでしょうか。担当は、雨や風の音が気になりなかなか寝付けませんでした。この後もお住まいの地域の災害情報等に十分ご注意ください。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader