このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和元年10月7日第863号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年10月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇10月1日(火曜日)
台風第15号等による農林水産関係被害への支援対策、総合的なTPP等関連政策大綱改訂に係る基本方針の決定、佐賀県及び長崎県への出張、豚コレラに対する今後の対応、株式会社農林漁業成長産業化支援機構の投資状況等、日米貿易協定の合意による影響試算及び国内対策、諫早湾干拓地への大臣の出張について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191001.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191001.html

◇10月4日(金曜日)
豚コレラ関係閣僚会議、飼養豚及び野生イノシシにおける豚コレラに対する今後の対応、臨時国会に臨む姿勢、日米貿易協定に係る国会審議及び合意による影響試算、今期の商業捕鯨の状況及び受け止め、諫早湾干拓地への大臣出張の所感について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191004.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191004.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇令和元年度「木づかい推進月間」の実施について~木づかい運動でウッド・チェンジ!~

林野庁では、木材を利用することの意義を皆さんに知っていただき、暮らしの中に木製品を取り入れることで日本の森林を育てる運動として、「木づかい運動」を展開しています。

ウッド・チェンジとは、木造のイメージをチェンジ、低層非住宅・中高層建築物を木造にチェンジ、持続可能な社会へチェンジ、することを目指して、木材需要を拡大する活動です。

日本の森林は、戦後に植栽された人工林の多くが十分に成長し、「使いどき」となっています。
森林のもつ多くの働きを発揮させるためにも、木材を使って森を育てることは大切なことなのです。

10月は「木づかい推進月間」。
この機会に身のまわりのインテリア・文具・キッチン用品を、木を使ったものに変える「ウッド・チェンジ」をしてみませんか。
また、木製品の展示や木工ワークショップなど、全国各地で様々なイベントも開催されますので、是非、お近くのイベントに足を運んでみて下さいね。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
プレスリリース
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/190930.html
木づかい運動
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/top.html

(2)審議会等の予定

◇「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第6回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年10月10日(木曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第6回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/191003.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年10月9日(水曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/191002.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年10月号の紹介)

【特集1山へ行こう】

秋の行楽・紅葉シーズン突入。
お出かけの計画を立てる方も多いのではないでしょうか。
そんなときに知っておきたい、お役立ち情報をお届けします。

今月は、自然を満喫できるスポット「レクリエーションの森」、山歩きのコツ、紅葉情報の3つを特集。
山歩きは初心者の方でも楽しめるよう、準備編と実践編に分けて解説します。
また、紅葉は最新予測から色づく樹木の情報まで紹介。この秋必見です!

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1910/spe1_01.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「木づかい運動でウッド・チェンジ!」、「連載:消費が広がるジビエ(平成30年度食料・農業・農村白書7)」、「秋は「山」へ行ってみませんか」、「水稲の作柄概況をお知らせします」、「国慶節のお土産、肉製品はダメ!」、「日本に持ち帰れないフルーツや野菜があります!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「トラクターで公道を走れるようになりました!」でした。

ロータリー等の直装型作業機を着けたトラクターが、条件を満たした場合に公道を走れるようになりました。ただし、一定の条件があり・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号及び第15号の暴風雨を含む。)、台風第17号による農林水産関係被害への支援対策」現地説明会について

・令和元年10月7日(月曜日)から10月11日(金曜日)に、茨城県、千葉県において、「令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号及び第15号の暴風雨を含む。)、台風第17号による農林水産関係被害への支援対策」の現地説明会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/191004.html

◇埼玉県で発生した豚コレラ(国内41例目)に係る搬出制限区域解除について

・埼玉県は、秩父市の養豚農場で発生した豚コレラ(国内41例目)に関し、10月4日(金曜日)24時(10月5日(土曜日)0時)をもって、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191004_9.html

◇岐阜県で発生した豚コレラ(国内40例目)に係る移動制限区域解除について

・岐阜県は、中津川市の養豚農場で発生した豚コレラ(国内40例目)に関し、10月4日(金曜日)24時(10月5日(土曜日)0時)をもって、発生農場の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191004_10.html

◇令和元年度のバター及び脱脂粉乳の輸入枠数量の検証について

・バターの需給は、今後とも安定的に推移する見込みであることから、令和元年度のバターの輸入枠数量20,000トンは変更しません。
一方で、脱脂粉乳の需給は、緩和傾向が続く見込みであることから、令和元年度の脱脂粉乳の輸入枠数量を20,000トンから14,000トンに見直します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_gyunyu/191004.html

◇米に関するマンスリーレポート(令和元年10月号)の公表について

・米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和元年10月号)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/191004.html

◇食品ロス削減に資する小売店舗における啓発活動について~10月は食品ロス削減月間です~

・本年10月「食品ロス削減月間」に、小売店舗等における啓発活動を実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/191004.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(令和元年10月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(令和元年10月)について、主産地等から聞き取りを行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/191004.html

◇長野県で発生した豚コレラ(国内42例目)に係る搬出制限区域解除について

・長野県は、塩尻市の長野県畜産試験場で発生した豚コレラ(国内42例目)に関し、10月3日(木曜日)24時(10月4日(金曜日)0時)をもって、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191003_3.html

◇『「知」の集積と活用の場産学官連携協議会』令和元年度第1回ポスターセッションの開催について

・農林水産省が推進する『「知」の集積と活用の場産学官連携協議会』では、令和元年10月31日(木曜日)に、農林水産省において、令和元年度第1回ポスターセッションを開催します。ポスターセッションは公開で、カメラ撮影も可能です。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/191002.html

◇令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号及び第15号の暴風雨を含む。)、台風第17号による農林水産関係被害への支援対策について

・令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号及び第15号の暴風雨を含む。)、台風第17号により、関東地方、九州地方をはじめ各地域の農林水産業に被害がもたらされました。
このため、被災された農林漁業者の方々が営農意欲を失わず一日も早く経営再建できるように、総合的な対策を講じます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/191001.html

◇「令和元年度鳥獣対策優良活動表彰」表彰候補の募集について

・これまで鳥獣対策に取り組み、地域への貢献が顕著であると認められる個人及び団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」の表彰候補を募集します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/191001.html

◇平成30年農地法に基づく遊休農地に関する措置の実施状況について

・平成30年の農地法に基づく遊休農地に関する措置の実施状況について、結果を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/seisaku/191001.html

◇愛知県で発生した豚コレラ(国内35例目及び39例目)に係る移動制限区域解除について

・愛知県は、豊田市の養豚農場で発生した豚コレラ(国内35例目及び39例目)に関し、9月30日(月曜日)24時(10月1日(火曜日)0時)をもって、発生農場の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190930_6.html

◇「北西大西洋漁業機関(NAFO)第41回年次会合」の結果について

・令和元年9月23日(月曜日)から27日(金曜日)まで、ボルドー(フランス)において、「北西大西洋漁業機関(NAFO)第41回年次会合」が開催されました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/190930.html

◇令和元年度の経営所得安定対策等の加入申請状況について(速報値)

・令和元年度の経営所得安定対策等の加入申請状況(令和元年7月末時点)を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/antei/190930.html

◇令和元年産の水田における作付状況(令和元年9月15日現在・速報値)

・令和元年産の水田における作付状況(令和元年9月15日現在・速報値)を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/190930.html

◇平成30年産収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の支払実績について

・平成30年産の収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の支払実績を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/antei/190930_39.html

◇米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(令和元年9月)の公表について

・米先物取引の試験上場について、その価格及び取引量の動向、取引参加者の状況、その他関連する情報を収集・整理した「米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(令和元年9月)」を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syotori/190930.html

◇「第3回インフラメンテナンス大賞」の受賞者が決定しました。

・農林水産省では、総務省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、防衛省とともに社会資本のメンテナンスに係る優れた取組を表彰する「インフラメンテナンス大賞」を実施しています。
この度、「第3回インフラメンテナンス大賞」の農林水産大臣賞等が決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/keityo/190930.html

◇「平成30年度国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について

・令和元年9月30日(月曜日)、「平成30年度国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について取りまとめました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keiki/190930.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令及びプラムポックスウイルスの緊急防除に関する告示の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◇平成13年3月14日農林水産省告示第333号(農産物検査法施行規則の規定に基づき鑑定方法を定める件)の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◇平成13年3月14日農林水産省告示第332号(農産物検査法施行規則の規定に基づき標準計測方法を定める件)の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◇農業協同組合及び農業協同組合連合会の信用事業に関する命令等の一部改正案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・令和元年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況(令和元年9月30日公表)(PDF:638KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-79.pdf

~週間公表予定表(令和元年10月7日~10月11日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇岩手県・宮城県・福島県農業農村復旧復興パネル展
令和元年10月7日(月曜日)~10月11日(金曜日)

東日本大震災の発生から、早くも8年と半年が経過しました。
岩手県、宮城県、福島県は、この震災により甚大な被害を受けましたが、その間、全国の皆さまからのご支援をいただきつつ、復旧・復興の完遂に向け、現在もなお、全力で取り組んでおります。

私たちのそのような取組の一部でも、皆様にご紹介させていただきたいと考え、この展示を企画しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/1007shin.html

<編集後記>

ちょっと高級な食パンを買ってみたところ、朝ご飯がとても楽しみでその食パンがある間は、すっと起きることができました。笑
少し贅沢をしてしまいましたが、美味しい物は原動力になるのだなと改めて思い知らされました。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader