このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和元年10月28日第866号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年10月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇10月25日(金曜日)
豚コレラの予防的ワクチン接種、台風第19号による農林水産品の供給及び価格への影響、日米貿易協定による国内農業への影響試算公表について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191025.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191025.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「ジャパンハーヴェスト2019丸の内農園」を開催します

農林水産省では、「ジャパンハーヴェスト2019丸の内農園」を開催します。
今年のコンセプトは、「JapaneseFoodsShowcase」。
農産物や観光、体験の発信に加え、その産地の食や食文化の魅力、ヒストリーを伝え、モノだけでなくコトに触れることができるブースを多くご用意しています。
国内外に「本物の国産農産物の魅力」を伝えるイベントに、ぜひ、ご家族、ご友人と遊びに来てください!

日時:令和元年11月2日(土曜日)、3日(日曜日)11時00分~16時00分
場所:東京・丸の内仲通り(出展ブース)、丸の内MYPLAZA(ステージイベント)

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/191023.html
「ジャパンハーヴェスト2019」
⇒ https://japan-harvest.jp/(外部リンク)

(2)審議会等の予定

◇「農業資材審議会農薬分科会(第20回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年11月6日(水曜日)に、航空会館(東京都港区)において、「農業資材審議会農薬分科会(第20回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/191025.html

◇「食料・農業・農村政策審議会農業保険部会(令和元年度第2回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年11月1日(金曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会農業保険部会(令和元年度第2回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/hoken/191025.html

◇令和元年度食品の安全性に関する「リスク管理検討会(第2回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年11月6日(水曜日)、中央合同庁舎第4号館(東京都千代田区)において、令和元年度食品の安全性に関する「リスク管理検討会(第2回)」を開催します。カメラ撮影は検討会の冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/191025.html

◇「2020年漁期(第6管理期間)TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(くろまぐろ)」の開催及び参加者の募集について

・令和元年11月12日(火曜日)に石垣記念ホール(東京都港区)で、11月13日(水曜日)に福岡湾岸合同庁舎(福岡県福岡市)で、「2020年漁期(第6管理期間)TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(くろまぐろ)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は、各会場100名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/191024.html

◇「食料・農業・農村政策審議会食料産業部会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年10月31日(木曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会食料産業部会」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kikaku/191024.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年10月30日(水曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/191023.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年10月号の紹介)

【東京2020×和食私を支えた「食」】

東京2020オリンピック・パラリンピック大会開催に向け、トップアスリートなどに地元食材を生かした思い出深い「和食」を紹介していただく連載企画。

今月号は、バドミントン元日本代表の池田信太郎さんが登場。
郷里である福岡県の名産「明太子」について語ります。

料理好きなお母さんがこだわっていた食材なのだとか。
さらに、競技の見所や日本の農業を世界へ発信する取り組みについても伺いました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1910/washoku.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「連載:年齢と食料消費額の関係は?(平成30年度食料・農業・農村白書9)」、「ジビエの利用量をお知らせします」、「SAVORJAPAN~京へと続く食の道「鯖街道」はここから~」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「幻のお茶」でした。

寒くなってきて、温かいお茶が恋しい季節となりました。今日は「釜炒り茶(かまいりちゃ)」のご紹介です。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。)、台風第19号による農林水産関係被害への支援対策について

・令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。)、台風第19号により、全国各地域の農林水産業に被害がもたらされました。
このため、被災された農林漁業者の方々が営農意欲を失わず一日も早く経営再建できるように、以下の総合的な対策を講じます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/191025_4.html

◇「日米貿易協定の最終合意内容(農林水産品)に関する関東地区説明会」の開催について

・令和元年10月7日(月曜日)午後(米国時間)、米国ワシントンDCにおいて日米貿易協定の署名が行われました。
これを受け、農林水産省は、関東地区において、「日米貿易協定の最終合意内容(農林水産品)に関する説明会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/keizai/191025.html

◇岐阜県で発生した豚コレラ(国内45例目)に係る移動制限区域解除について

・岐阜県は、恵那市の養豚農場で発生した豚コレラ(国内45例目)に関し、10月26日(土曜日)24時(10月27日(日曜日)0時)をもって、発生農場の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191025_5.html

◇「令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。)、台風第19号による農林水産関係被害への支援対策」ブロック説明会の開催について

・東北ブロック及び関東ブロックにおいて、「令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。)、台風第19号による農林水産関係被害への支援対策」の説明会を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/191025_5.html

◇食品ロス削減に向けた納品期限緩和の取組状況と今後の展開について~10月は食品ロス削減月間です~

・食品ロス削減に向けた小売事業者の納品期限緩和の取組について公表するとともに、来年10月30日(金曜日)までに全国一斉に商慣習を見直すことを呼びかける運動を実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/191025.html

◇「食料・農業・農村政策審議会果樹・有機部会(果樹関係)現地調査」の実施について

・令和元年11月5日(火曜日)に、長野県松本市において、「食料・農業・農村政策審議会果樹・有機部会(果樹関係)現地調査」を実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/191025.html

◇令和元年度「漁船の安全対策に関する優良な取組に対する表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

・令和元年度「漁船の安全対策に関する優良な取組に対する表彰」の受賞者を決定しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/191023.html

◇「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第6回選定結果の公表について

・内閣官房及び農林水産省は、農山漁村活性化の優良事例である「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第6回選定として、31地区及び5名を選定しました。
また、今後グランプリ及び部門賞を選定します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/191021.html

◇「食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第39回牛豚等疾病小委員会」の開催結果について

・令和元年10月21日(月曜日)に、「食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第39回牛豚等疾病小委員会」を開催し、ワクチン接種プログラムについて確認しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191021.html

◇新たな酪肉近基本方針及び家畜改良増殖目標に関する御意見の募集について

・令和元年9月10日(火曜日)に、食料・農業・農村政策審議会畜産部会を開催し、「酪肉近基本方針」及び「家畜改良増殖目標」の見直しに向けて審議を開始しました。
今回、新たな「酪肉近基本方針」及び「家畜改良増殖目標」に関して、国民の皆様からの御意見を募集します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/191021.html

◇11月の「和ごはん月間」について

・「和食の日(11月24日)」を含む11月は、今年活動2年目を迎えたLet's!和ごはんプロジェクトの集中活動月間である「和ごはん月間」です。
本月間を中心に、プロジェクトメンバー間の連携企画、各種イベント等を重点的に実施し、次世代を担う子どもたちや子育て世代が和ごはんを身近に感じられる機会をより多く提供していきます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/191021.html

◇令和元年度(第15回)「若手農林水産研究者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

・令和元年度(第15回)「若手農林水産研究者表彰」について、農林水産技術会議会長賞の受賞者を決定しました。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/191021.html

◇令和元年度(第20回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

・農林水産省及び公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会は、令和元年度(第20回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」について、農林水産大臣賞をはじめ各賞受賞者を決定しました。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/191021_28.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇特定委託者保護基金に関する命令案に関する意見・情報の募集について

◇情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴う農林水産省関係省令の整備に関する省令案(仮称)についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・農業経営統計調査平成30年産米生産費(個別経営)(令和元年10月23日公表)(PDF:398KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-53.pdf

・農業経営統計調査平成30年産米生産費(組織法人経営)(令和元年10月23日公表)(PDF:324KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-52.pdf

~週間公表予定表(令和元年10月28日~11月1日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇さつまいも・じゃがいもの週~おいものみりょく~
令和元年10月28日(月曜日)~11月1日(金曜日)

さつまいも・じゃがいもは、家庭やレストランで調理するだけでなく、工場でポテトチップやサラダなどに加工する加工用、焼酎の原料となるアルコール用、でん粉の原料用など様々な用途に利用され、それぞれの用途に合った多くの品種が作られています。

展示では、いもの品種やその加工品、いもでん粉から作られる製品などをご紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/1912imo.html

<編集後記>

今月号のaff(あふ)の「東京2020×和食私を支えた「食」」で、バドミントン元日本代表の池田信太郎さんが語るもう一つの郷土料理が「だご汁」。小麦粉の団子汁は全国各地にあり、「すいとん」、「ひっつみ」などいろいろな名前で呼ばれていますが、団子の形はもちろん、具や味付けがそれぞれ少しずつ違っていて、それぞれに味わいが違います。少しずつ寒くなってきました。週末の晩ごはんは団子汁にしようかなあ・・・。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader