このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和元年11月25日第870号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年11月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇11月19日(火曜日)
中国海関総署との「出入国旅客の携帯品等の検疫強化に関する協力覚書」への署名、CSFワクチン接種に係る市況への影響等、ASFに係る家畜伝染病予防法改正の検討状況、財政制度審議会分科会有識者委員のA-FIVEへの意見について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191119.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191119.html

◇11月22日(金曜日)
CSFワクチン接種後の豚肉流通状況、農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)の見直しの検討状況、日米貿易協定を受けた国内農業対策、CSFワクチン接種豚に関する不適切表示の監視について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191122.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191122.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇ふるさと納税サイト「さとふる」に地理的表示(GI)の特設ページ開設!~お礼品にGI登録産品を~

皆さん、地理的表示(GI)保護制度をご存じですか?
GI制度とは、生産地の持つ自然的・人的条件と結びついた特性を持つ伝統的な産品の名称(地域ブランド)を、地域共有の知的財産として国が保護する制度で、日本では平成27年6月から運用が始まりました。

農林水産省は、GI制度の認知度向上などを目指して、ふるさと納税サイト「さとふる」のサイト内に特設ページを開設しました。
特設ページでは、GI制度の紹介と「さとふる」で選べるGI産品のお礼品が掲載されています。
皆さんもふるさと納税のお礼品にGI産品を選んでみてはいかがでしょうか。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/191121_19.html
・さとふるのGI制度の特設ページ
⇒ https://www.satofull.jp/static/geographical_indications/(外部リンク)

(2)審議会等の予定

◇「第1回農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律の施行状況の点検・検証に関する委員会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月6日(金曜日)に、農林水産省において、「第1回農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律の施行状況の点検・検証に関する委員会」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/191122.html

◇「スギ・ヒノキ花粉削減対策シンポジウム2019」の開催及び参加者の募集について

・令和元年12月21日(土曜日)に、TKPガーデンシティ大阪リバーサイドホテル(大阪府大阪市)において、「スギ・ヒノキ花粉削減対策シンポジウム2019」を開催します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は100名です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/191122.html

◇令和元年度獣医事審議会第4回計画部会の開催及び一般傍聴について

・令和元年11月27日(水曜日)に、農林水産省において、「令和元年度獣医事審議会第4回計画部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/191120.html

◇「令和元年度第3回林政審議会施策部会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月2日(月曜日)に、農林水産省において、「令和元年度第3回林政審議会施策部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/191119.html

◇農産物検査規格検討会(第2回)の開催及び一般傍聴について

・令和元年11月25日(月曜日)に、農林水産省において、「農産物検査規格検討会(第2回)」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/b_taisaku/191119.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年11月26日(火曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/191119.html

◇「日本農林規格調査会(令和元年度第2回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月10日(火曜日)に、農林水産省において、「日本農林規格調査会(令和元年度第2回)」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/191119.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年11月号の紹介)

【東京2020×和食私を支えた「食」】

東京2020オリンピック・パラリンピック大会開催に向け、トップアスリートなどに地元食材を生かした思い出深い「和食」を紹介していただく連載企画。

今月号は、ソフトボール金メダリストの坂井寛子さんが登場。
石川県の郷土料理「とり野菜みそ鍋」の思い出を語ります。
また、和食が好きで、北京五輪でも炊飯器を持参し、日本のお米で作ったおにぎりを食べていたのだとか。
さらに、競技の見所についても伺いました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1911/washoku.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「国内でも有機農業を!」、「三番町共用会議所(旧山縣有朋邸庭園跡、大江宏設計の館)の一般公開が始まります!」、「農林水産大臣賞発表!ウッドデザイン賞2019」、「干しぶどう」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「キッチンが菜園に変身!」でした。

昨今、趣味として楽しむ人が増えている家庭菜園。
しかし興味はあっても、家に畑や庭がない、広いベランダがない、育てるのが大変そう…など、なかなかできない方もいらっしゃるのでは。
そんな皆さまに、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2019」の実施結果及びオフィシャルパートナーの募集について

・農林水産省、国土交通省、環境省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)は、2019年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2019」への参加と協力を広く国内に呼び掛けた結果、様々なグリーンウェイブ活動が行われました。
また、2020年に向けて取組を強化するために、昨年に引き続き「グリーンウェイブ」オフィシャルパートナーを募集します。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/191122.html

◇「第9回日中農業担当省事務次官級定期対話」の結果について

・令和元年11月21日(木曜日)に、中国農業農村部(北京市)において、「第9回日中農業担当省事務次官級定期対話」が開催されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/191121.html

◇埼玉県で発生したCSF(国内47例目)に係る搬出制限区域解除について

・埼玉県は、本庄市の養豚農場で発生したCSF(国内47例目)に関し、11月21日(木曜日)24時(11月22日(金曜日)0時)をもって、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191121_9.html

◇「第4回ジビエ料理コンテスト」の結果について

・「第4回ジビエ料理コンテスト」において、農林水産大臣賞等の受賞者を決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/191120.html

◇埼玉県で発生したCSF(国内46例目)に係る搬出制限区域解除について

・埼玉県は、本庄市の養豚農場で発生したCSF(国内46例目)に関し、11月19日(火曜日)24時(11月20日(水曜日)0時)をもって、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191119_6.html

◇愛知県におけるCSFの患畜の確認(国内50例目)について

・令和元年11月19日(火曜日)に、愛知県西尾市の農場において、CSFの患畜が確認されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191119_5.html

◇令和元年度「戦略的プロジェクト研究推進事業」の公募及び公募説明会の開催について

・令和元年度「戦略的プロジェクト研究推進事業」の公募を、令和元年12月5日(木曜日)まで行います。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/191119_5.html

◇農林水産省と中国海関総署との間の出入国旅客の携帯品及び郵便物の検査及び検疫の強化に関する協力覚書について

・令和元年11月18日(月曜日)に、伊東良孝農林水産副大臣と中国海関総署の王令浚副署長との間で、出入国旅客の携帯品及び郵便物の検査及び検疫の強化に関する協力覚書への署名が行われました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191119_3.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇大臣管理量に係るくろまぐろの採捕の停止に関する省令の一部を改正する省令案に対する意見・情報の募集について

◇農薬の農薬原体に関する検査方法案に関する意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・令和元年産4麦の収穫量(令和元年11月22日公表)(PDF:370KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-81.pdf

・生産者の米穀在庫等調査(令和元年6月30日現在の在庫量)(令和元年11月19日公表)(PDF:312KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/kome_zaiko/attach/pdf/index-10.pdf

・有機食品等の消費状況に関する意向調査(令和元年11月19日公表)(PDF:842KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/finding/mind/attach/pdf/index-17.pdf

~週間公表予定表(令和元年11月25日~11月29日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇「和の空間」でおもてなし
令和元年11月25日(月曜日)~11月29日(金曜日)

伝統ある和の文化を構成する原材料農産物をご紹介します(お茶・いぐさ(畳)・シルク(和装)・和紙・盆栽・花き)。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/1911wano.html

<編集後記>

地元に帰省したところ、氷点下そして吹雪と北国を大いに感じられる天候でした。関東との温度差は約20度!関東の暖かさに慣れきった担当の身体にガツンと来る寒さでしたが、親しい人たちに会い、シメパフェなど美味しいものを堪能して、心はぽかぽかで帰ってきました。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader