このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和元年12月9日第872号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年12月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇12月3日(火曜日)
台風第15号・第19号等に係る支援策の取組状況、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)「年次会合」の見通しについて、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191203.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191203.html

◇12月6日(金曜日)
令和元年度「SAVORJAPAN(農泊食文化海外発信地域)」の認定及び認定証授与式の開催、経済対策における農林水産分野の重点施策、農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)の見直しの検討状況、関東近県によるCSF等に関する総理要請、日ロ地先沖合漁業交渉について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/191206.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/191206.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇海外からの肉製品の持込みで逮捕されることがあります!

年末年始を海外で過ごされる皆様へ
昨年8月に、アジア初の「ASF(アフリカ豚コレラ)」の発生が中国で確認され、ベトナム、韓国など他の国々にも広がっています。

日本では発生のない「ASF」は、豚肉や、ソーセージ、餃子などの肉製品を介して日本に持ち込まれるおそれがあり、一度国内で発生すると甚大な被害が起きてしまいます。
このため、動物検疫所では、空港などでの手荷物検査を強化し、違法な持込みへの対応を厳格化しています。

海外から隠して肉製品を持ち込もうとして逮捕された事案も起きています。
海外旅行のお土産選びには十分ご注意ください。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
肉製品などのおみやげについて(持ちこみ)(動物検疫所)
⇒ http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html

◇海外旅行のお土産持って帰れないかも!?

海外旅行で現地の美味しい果物や野菜に出会える機会も多いと思いますが、日本に持ち込む場合には注意が必要です。

果物や野菜に寄生する海外の病害虫の侵入・まん延を防ぐため、国・地域によって、持ち込めないものがあります。
また、持ち込めるものでも、現地の植物検疫機関で検査証明書を取得し、入国時に植物検疫のカウンターで輸入検査を受けて合格したものしか持ち込めません。

輸入検査を受けずに植物を持ち込んだ場合、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。
楽しい旅行にするため、正しい知識を持って行動することが大事です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
海外からの植物の持込みについて(植物防疫所)
⇒ http://www.maff.go.jp/pps/j/trip/keikouhin.html

(2)審議会等の予定

◇「農業資材審議会第19回種苗分科会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月23日(月曜日)に、農林水産省において、「農業資材審議会第19回種苗分科会」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syubyo/191209.html

◇「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第9回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月12日(木曜日)に、三番町共用会議所(東京都千代田区)において、「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和元年度第9回)」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/191205.html

◇「持続可能な生産消費形態のあり方検討会(第2回)」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月17日(火曜日)に、農林水産省において、「持続可能な生産消費形態のあり方検討会(第2回)」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/191205.html

◇食料・農業・農村政策審議会果樹・有機部会(第2回果樹関係)の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月11日(水曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会果樹・有機部会(第2回果樹関係)」を開催します。カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/191204.html

◇「食料・農業・農村政策審議会食糧部会経営所得安定対策小委員会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月10日(火曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会食糧部会経営所得安定対策小委員会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/antei/191203.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について

・令和元年12月9日(月曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/191202.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和元年12月号の紹介)

【特集2 冬野菜】

これから旬を迎える冬野菜。
ビタミンやカロテンなどの栄養価を多く含み、風邪予防にピッタリ。
さらに、糖度が高く、甘くておいしいのが特徴です。

今月号では、全国各地の代表的な冬野菜が大集合。
特徴や収穫時期を、写真とあわせて紹介しています。
また、手軽に作れて体が温まるレシピも見どころ。
affを読んで、おいしく冬野菜を食べてみませんか。
体をぽかぽかにして、寒い冬を乗り切りましょう!

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1912/spe2_01.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「いちごベリーgood!」、「募集!!皆様のご意見・ご要望をお待ちしています!」、「「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」のグランプリが決定!」、「令和元年産の麦の収穫量をお知らせします」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「インド×日本農業」でした。

インドにおける農業の課題、それは高品質な農薬等の農業資材が普及していないことや機械化の遅れ。また、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「共創の日2019シンポジウム」の開催について

・農林水産省と経済産業省は、全国商工会連合会、全国農業協同組合中央会、全国森林組合連合会、全国漁業協同組合連合会、日本商工会議所の5団体と連携し、令和元年12月17日(火曜日)に、ヒューリックホール東京(東京都千代田区)において、農商工等連携の普及・創出に関するシンポジウムを開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/renkei/191209.html

◇農林水産物等輸出促進全国協議会総会の開催について

・令和元年12月13日(金曜日)に、ザ・キャピトルホテル東急(東京都千代田区)において、農林水産物等輸出促進全国協議会の総会を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/191206.html

◇山梨県で発生したCSF(国内49例目)に係る搬出制限区域解除について

・山梨県は、韮崎市の養豚農場で発生したCSF(国内49例目)に関し、12月6日(金曜日)24時(12月7日(土曜日)0時)をもって、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191206.html

◇米に関するマンスリーレポート(令和元年12月号)の公表について

・米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和元年12月号)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/191206.html

◇令和元年度「SAVORJAPAN(農泊食文化海外発信地域)」の認定及び認定証授与式の開催について

・インバウンド需要を農山漁村に呼び込むための仕組みとして創設した「SAVORJAPAN(農泊食文化海外発信地域)」について、今年度は6地域を認定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/gaisyoku/191206.html

◇「アグリビジネス創出フェア2019」の開催結果

・令和元年11月20日(水曜日)から11月22日(金曜日)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて、農林水産・食品産業分野の技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2019」を開催しました。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/191205.html

◇令和2年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定について

・「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価を決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/chiiki/191204.html

◇「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第6回選定)のグランプリ及び部門賞の選定結果について

・内閣官房及び農林水産省は、令和元年10月21日(月曜日)に「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第6回選定)として決定した31地区及び5名の中からグランプリと部門賞を選定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/191203_10.html

◇北海道地区「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の選定結果について

・北海道地区「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として、4地区と1名を選定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/191203.html

◇埼玉県で発生したCSF(国内48例目)に係る搬出制限区域解除について

・埼玉県は、深谷市の養豚農場で発生したCSF(国内48例目)に関し、12月3日(火曜日)24時(12月4日(水曜日)0時)をもって、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/191203.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農林水産省関係地域再生法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・農業経営統計調査平成30年営農類型別経営統計からみた1農業経営体当たりの経営状況(推計)(令和元年12月6日公表)(PDF:393KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/einou_kobetu/attach/pdf/index-16.pdf

・農業経営統計調査平成30年個別経営の経営収支(令和元年12月6日公表)(PDF:497KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/einou_kobetu/attach/pdf/index-15.pdf

・農業経営統計調査平成30年組織法人経営の経営収支(令和元年12月6日公表)(PDF:877KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/einou_sosiki/attach/pdf/index-8.pdf

・農業経営統計調査平成30年度牛乳生産費(令和元年12月6日公表)(PDF:795KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_tikusan/attach/pdf/index-14.pdf

・農業経営統計調査平成30年度肉用牛生産費〔子牛・去勢若齢肥育牛・乳用雄育成牛・乳用雄肥育牛・交雑種育成牛・交雑種肥育牛生産費〕(令和元年12月6日公表)(PDF:503KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_tikusan/attach/pdf/index-15.pdf

・農業経営統計調査平成30年度肥育豚生産費(令和元年12月6日公表)(PDF:391KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_tikusan/attach/pdf/index-12.pdf

~週間公表予定表(令和元年12月9日~12月13日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇ジビエをもっと身近に!~おいしいジビエや様々な加工品をご紹介~
令和元年12月9日(月曜日)~12月13日(金曜日)

野生鳥獣を捕獲した後の利用方法として「ジビエ(gibier)」が注目されています。

展示では、全国のジビエの取組紹介、各種ジビエ商品の展示、革製品・アクセサリーの展示、ジビエストレッチャーの展示、などにより、幅広くジビエをご紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/1912gibi.html

<編集後記>

今年も残すところ1ヶ月を切りましたね。年末に向けて大掃除はもちろんですが、担当にとって最も重大な任務は、年末年始の大型番組たちを録画するために、レコーダーの残量を確保することです。12月に入ってからぎっちり予定が詰まっている中で、日々容量を空ける作業に追われています。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader