このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和2年2月17日第881号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和2年2月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇2月10日(月曜日)
2020年のフラワーバレンタインの取組、新型コロナウイルス感染症に対する農水省の対応、農業への影響について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/200210.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/200210.html

◇2月14日(金曜日)
新型コロナウイルス感染症による中国産野菜輸入等への影響、フラワーバレンタインについて、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/200214.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/200214.html

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「令和2年度環境保全型農業直接支払交付金における地域特認取組等に係る技術検討会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年2月28日(金曜日)に、農林水産省において、「令和2年度環境保全型農業直接支払交付金における地域特認取組等に係る技術検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/200214.html

◇「令和元年度第3回グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会」及び「第5回GFVC推進官民協議会アセアン部会」の開催

・令和2年2月21日(金曜日)に、TKP新橋カンファレンスセンター(東京都千代田区)において、「令和元年度第3回グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会」及び「第5回GFVC推進官民協議会アセアン部会」をそれぞれ開催します。本会合は公開で、カメラ撮影も可能です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokkyo/200214.html

◇「持続可能な生産消費形態のあり方検討会(第3回)」の開催及び一般傍聴について

・令和2年2月20日(木曜日)に、農林水産省において、「持続可能な生産消費形態のあり方検討会(第3回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/200213.html

◇「海岸保全施設維持管理マニュアル改訂検討委員会」(第2回)の開催について

・農林水産省及び国土交通省は、令和2年2月17日(月曜日)に、中央合同庁舎3号館(東京都千代田区)において、「海岸保全施設維持管理マニュアル改訂検討委員会」(第2回)を開催します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/bousai/200213.html

◇「令和元年度北海道において実施する農業農村整備事業等補助事業に関する技術検討会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年2月21日(金曜日)に、農林水産省において、「令和元年度北海道において実施する農業農村整備事業等補助事業に関する技術検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は5名程度です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kikaku/200212.html

◇「第32回太平洋広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年3月11日(水曜日)に、コープビル(東京都千代田区)において、「第32回太平洋広域漁業調整委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は60名程度です。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/200210_10.html

◇「第35回日本海・九州西広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年3月16日(月曜日)に、コープビル(東京都千代田区)において、「第35回日本海・九州西広域漁業調整委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は60名程度です。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/200210_11.html

◇「第39回瀬戸内海広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年3月17日(火曜日)に、神戸地方合同庁舎(兵庫県神戸市)において、「第39回瀬戸内海広域漁業調整委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/200210.html

◇「農業資材審議会飼料分科会第10回飼料栄養部会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年2月25日(火曜日)に、農林水産省において、「農業資材審議会飼料分科会飼料栄養部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/200210.html

◇「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」の地方開催及び参加者の募集について

・農林水産省は、公益財団法人日本農林漁業振興会との共催により、令和2年2月18日(火曜日)に宮城県仙台市、26日(水曜日)に沖縄県那覇市において、「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」の地方開催を実施します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は、各会場100名です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/200210.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(令和2年2月号の紹介)

◇ギネス世界記録TM 挑戦者たち

農林水産分野のギネス世界記録について、認定されるまでの道のりに迫る連載企画。
今月号は、2018年に認定された「世界一長いきりたんぽ」をお送りします。

2017年に「世界一長いちくわ作り」に成功した米子高専の生徒たちが、秋田高専の生徒たちと世界一のきりたんぽ作りに挑戦。
認定されるまでの両校の取り組みを追いました。
そこには達成に向けて協働する生徒たちと、ギネスによる地域活性化を狙う先生の姿が。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2002/gwr.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「バレンタイン・手作りスイーツ作戦決行の日」、「食の応援大使を再任しました」、「アンテナショップ店長から干し芋屋さんに転身!?」、「東北ゆかりの食材で定番メニューを作ろう!」、「「ゲノム編集」あなたの疑問に答えます」、「大学芋の虜!10年間食べ続けるOL」、「「SAVORJAPAN認定地域にし阿波地域の紹介~千年のかくれんぼ~分け入るごとに時は遡り」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「BUZZMAFF仕事帰りに、公園で、一人ピクニック3~あると良いもの~」でした。

仕事帰りでも、なるべく手軽に、安価で、持続的に楽しめるピクニックを紹介する動画です。
今回は、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇令和元年産米の相対取引価格・数量について(令和2年1月)

・令和元年産米の「相対取引価格・数量(令和2年1月)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/200214.html

◇国産ジビエ認証施設の第11号及び第12号認証について(株式会社暁及び東広島市有害獣処理加工施設)

・国産ジビエ認証制度に係る認証機関により、国産ジビエ認証施設(第11号及び第12号)として、食肉処理施設「株式会社暁(岡山県岡山市)」及び「東広島市有害獣処理加工施設(広島県東広島市)」がそれぞれ認証されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/200214.html

◇第4回インフラメンテナンス大賞を募集します

・農林水産省は、総務省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、経済産業省、防衛省とともに「第4回インフラメンテナンス大賞」を募集します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/keityo/200214.html

◇「第2回日本オープンイノベーション大賞」における農林水産大臣賞受賞者の決定及び表彰式の開催について

・「第2回日本オープンイノベーション大賞」の農林水産大臣賞受賞者が決定しました。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/200214.html

◇Newドギーバッグアイデアコンテストの開催について

・農林水産省、環境省、消費者庁及びドギーバッグ普及委員会は、飲食店等において、消費者が食べきれずに残した料理を持ち帰ることを習慣とする機運を醸成していくため、「Newドギーバッグアイデアコンテスト」を開催します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200214.html

◇「第5回大農業女子会」の開催、「未来農業DAYs」の後援及び「農山漁村女性の日」関連行事について

・毎年3月10日は「農山漁村女性の日」です。
農林水産省では、令和2年3月5日(木曜日)に、農林水産省において、「第5回大農業女子会」を開催するほか、全国で各種行事が開催されます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/keiei/kourei/200213.html

◇ドイツからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

・令和2年2月11日(火曜日)、ドイツからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/200212.html

◇「令和元年度病害虫発生予報第10号」の発表について

・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)について発表しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/200212.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集公募結果
◇農地法施行規則及び農業振興地域の整備に関する法律施行規則の一部を改正する省令について

(3)調査結果等

・令和元年産そば(乾燥子実)の作付面積及び収穫量(令和2年2月14日公表)(PDF:316KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-87.pdf

~週間公表予定表(令和2年2月17日~令和2年2月21日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇日々の食生活と食品新素材
令和2年2月17日(月曜日)~2月21日(金曜日)

日々の食生活で摂取する穀類や野菜・果実類、魚介類には、ポリフェノールやカロテノイド、オリゴ糖、食物繊維、DHA・EPAなど、健康維持に欠かせない様々な有効成分が含まれています。

そのため、バランスの取れた組合せで食品を摂取すれば、健康維持に役立ちますが、なかなかそうはいきません。
これらの成分を豊富に含む食品新素材には、どのようなものがあるのか、どんな働きがあるのか、どんな食品に利用されているのかをご紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2002sozai.html

<編集後記>

今月の「aff」の特集は和菓子。担当はうぐいす餅と桜餅が大好物なのですが、みなさんは「桜餅」と聞いて“薄く延ばした生地であんを巻いたもの”と“俵形でつぶつぶの生地にあんが入ったもの”のどちらを思い浮かべますか?同じ「桜餅」を指す和菓子が関東と関西で違うなんて、奥深いですよね。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader