このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和2年7月20日第902号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇7月14日(火曜日)
令和2年7月豪雨に係る農林水産業の被害状況と農林水産省の対応、令和2年7月豪雨の被害に係る農林水産省の支援策、新茶の価格、GoToEatキャンペーンについて、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/200714.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/200714.html

◇7月17日(金曜日)
GoToEatキャンペーンの公募の延期、令和2年7月豪雨に係る被害状況調査、「父の日」の花アンケート結果、骨太の方針、GoToEatキャンペーンに関する今後の対応について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/200717.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/200717.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇令和2年(2020年)7月豪雨に関する情報

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/ooame/r0207/index.html

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇「林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会(第1回)」の開催について

・農林水産省及び経済産業省は、令和2年7月20日(月曜日)に、経済産業省(東京都千代田区)において、「林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会」(第1回)を開催します。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/200717.html

◇令和2年度第1回「食育推進評価専門委員会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年8月18日(火曜日)に、農林水産省において、令和2年度第1回「食育推進評価専門委員会」を開催します。
本委員会は公開です。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図る観点から、会議室に入る人数を縮小するため、別室で音声と映像による傍聴となります。カメラ撮影は会場で冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は数名程度です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/200717.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇7月22日公開!旬の食材で夏バテ予防レシピ/ふるさと給食自慢(すだち酢あえ)

暑さでなんとなく元気がでない日もある夏。
夏バテ対策をして元気に過ごしたいですね。
今週は、そんな夏バテを旬の食材で予防する「夏バテ予防レシピ」を特集。
ミョウガや豚肉、ミズダコなどを使ったおかずレシピと、メロンを使ったデザートレシピを紹介しています。

連載は「ふるさと給食自慢」。
徳島県吉野川市から、爽やかな「すだち」を使った給食を紹介します。
地元では、すだちの果汁「すだち酢」をさまざまな料理に活用しているそうです。

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「7月10日(金曜日)の公表事項」、「令和元年産の花きの出荷量をお知らせします」、「お弁当づくり、盛り付ける時のポイント~冷ますことで食中毒予防~」、「7月13日(月曜日)の公表事項」、「おうち時間でLet’s朝ご飯!」、「植物の輸入はルールを守って!」、「7月14日(火曜日)の公表事項」、「Webマガジンaff7月号公開!夏のフルーツで涼を感じよう&達人レシピ「きゅうり」」、「鶏料理を美味しく食べましょう」、「日本国内でも移動できない植物があります」、「7月15日(水曜日)の公表事項」、「中高生が将来のキャリアについて考えるキッカケになる教育番組で「農業の仕事」が取りあげられます!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「説明会開催!:送料支援の対象となるインターネット販売サイトに出品しませんか?」でした。

農林水産省は、新型コロナウイルス感染拡大により、在庫の滞留、売上げの減少等が生じている国産農林水産物等の販売促進を図るため、事業者等の方々が指定のインターネット販売サイトを経由して、指定の品目を販売する際の送料を支援しています。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇令和2年梅雨前線豪雨等による災害における「大規模災害時の災害査定の効率化」の適用について(農林水産業共同利用施設を追加)

・令和2年梅雨前線豪雨等により被災した全国の農地・農業用施設、林道、林地荒廃防止施設及び漁港の災害復旧事業を対象として、「大規模災害時の災害査定の効率化」を適用したところですが、農林水産業共同利用施設についても激甚災害(本激)に該当する見込みであると発表されたことに伴い、対象施設及び対象区域を追加します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/200717.html

◇令和2年産米等の作付意向について(令和2年6月末現在)

・産地・生産者に対してきめ細やかな情報提供を行うため、令和2年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付意向について、6月末現在の状況を取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/200717.html

◇9月17日から27日はサステナウィーク「未来につながるおかいもの」

・「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」では、第75回国連総会が開催される9月17日(木曜日)から27日(日曜日)まで、サステナウィーク「未来につながるおかいもの」を実施します(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/200717.html

◇「ウナギの国際的資源保護・管理に係る第13回非公式協議」の結果についての共同発表について

・「ウナギの国際的資源保護・管理に係る第13回非公式協議」の結果について、我が国、韓国及びチャイニーズ・タイペイの3者で共同発表しますのでお知らせします。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/200717.html

◇被覆を要する土壌くん蒸剤の使用実態等に基づく適正な取扱いの徹底について

・被覆を要する土壌くん蒸剤(クロルピクリン剤)の使用実態や、現場での指導方法について、各都道府県に対し調査を行いました。この度、当該調査の結果に基づき、被覆の徹底や住宅地等周辺での被害防止対策の実施を改めて都道府県に依頼しましたので、お知らせします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/200715.html

◇「令和2年度病害虫発生予報第5号(水稲特集)」の発表について

・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を発表しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/200715.html

◇指定棚田地域振興活動計画の認定について

・総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省、環境省は、棚田地域振興法(令和元年法律第42号)第10条第3項の規定に基づき、令和2年7月15日(水曜日)に、指定棚田地域振興活動計画を認定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/200715.html

◇「第6回日露農業関係次官級対話会合」の結果について

・令和2年7月14日(火曜日)に「第6回日露農業関係次官級対話会合」が、テレビ会議形式で開催されましたので、結果概要をお知らせします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/200714.html

◇「養殖業成長産業化総合戦略」を策定しました

・養殖業の振興に本格的に取り組むため、成長産業化に向けた将来の姿を示し、戦略的養殖品目とその成果目標等を定めた「養殖業成長産業化総合戦略」を策定しました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/200714.html

◇令和元年産米の相対取引価格・数量について(令和2年6月)

・令和元年産米の「相対取引価格・数量(令和2年6月)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/200714.html

◇ズワイガニ等の資源評価結果が公表されました

・新たな資源管理の実施に向け、国立研究開発法人水産研究・教育機構において、2019年度から取り組んできた新たな資源評価に基づき、ズワイガニについては日本海系群A海域をはじめとする5海域、スケトウダラについてはオホーツク海南部をはじめとする2海域の資源評価結果が取りまとめられました。
今後、当該評価結果を元に、「資源管理方針に関する検討会」で議論を行い、資源管理目標や漁獲シナリオ等を決定していきます。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/200714.html

◇米国と有機畜産物等に関する輸出入の条件に合意しました

・2020年7月16日から、有機JAS制度による認証を受けた有機畜産物等に「organic」等と表示して、米国へ輸出できるようになりました。また、輸入についても米国の制度による認証を受けた有機畜産物等を輸入し、JAS制度に基づき「有機」等と表示することができます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/200714.html

◇【募集開始!】令和2年度6次産業化アワードのエントリー受付が始まります

・地域における6次産業化を推進させるため、6次産業化アワードとして、6次産業化の優良事例を募集し、表彰しています。
このたび、令和2年度の募集を開始します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/renkei/200713.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農業協同組合法施行規則及び水産業協同組合法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇地理的表示保護制度を有する国との政府間協力に基づく当該国の農林水産物等の審査について案の意見・情報の募集について

◇農業保険法施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令案に係る意見・情報の募集について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令第60条の2の2第2号ただし書の農林水産大臣が別に定めて告示する場合を定める件に係る意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律第三条第二項の規定に基づき同項の措置の対象となる特定権利利益の根拠となる法令の条項等を指定する件について

◇「日本農林規格等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「土地改良法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「動物用医療機器及び動物用体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理に関する省令及び動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案等についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和2年7月20日~7月24日)~

7.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。
御来訪の皆様には、「新しい生活様式」(マスクの着用、手指の消毒、人と人との間隔を空ける等々)に基づいた対応をお願いいたします。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇「米トレーサビリティ制度」、「原料原産地表示制度」のご紹介
令和2年7月13日(月曜日)~7月22日(水曜日)

米や米製品に食品事故などの問題が発生した場合に流通ルートを速やかに特定するため、米穀等の取引等の記録を作成・保存すること、及び産地情報を取引先や一般消費者に伝達することを義務づける「米トレーサビリティ法」の仕組みなどについて紹介します。
また、国内で製造された全ての加工食品を対象に、1番多い原材料の産地の表示を義務付ける「原料原産地表示制度」の表示の見方や表示例などを紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2007kmtg.html

<編集後記>

今年は例年より長くなると予想されている梅雨。洗濯物が乾かないことに悩んでいる担当です。家の中の湿度が80%を超えることもしばしば…!せっかく洗濯したのに、生乾きで嫌な臭いになってしまうという現状にもやもやしています。カラッと晴れる日が待ち遠しいですね。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader