このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和2年10月5日第913号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇9月29日(火曜日)
GoToEatキャンペーン、群馬県で確認されたCSFへの今後の対応について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/200929.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/200929.html

◇10月2日(金曜日)
福島県への現地視察、令和2年産米の作況、農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議、GoToEatキャンペーン、BUZZMAFFについて、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/201002.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/201002.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇令和3年度農林水産予算概算要求の概要について

令和3年度農林水産予算概算要求の概要を取りまとめました。
・詳しくはこちらを御覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/yosan/200930.html

◇令和3年度組織・定員要求について

令和3年度組織・定員要求を掲載しました。
・詳しくはこちらを御覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/hisyo/200930.html

◇令和3年度税制改正要望について

当省関係の令和3年度税制改正要望を取りまとめました。
・詳しくはこちらを御覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/keiei/tyosei/200930.html

◇10月は食品ロス削減月間です!

農林水産省では、店舗でポスターにより食品ロス削減の呼びかけを行う小売・外食事業者を募集中です。
応募のあった事業者を、来週から順次公表してPRしていきます。
応募は10月29日(木曜日)までとなっています。
事業者の方々には、早めのご応募お待ちしています。
また、お近くに該当店舗がありましたらぜひお立ち寄りください。

・募集の詳細及び公表事業者は、以下をご覧ください。
TOPICS【食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者の募集について】
⇒ https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/index.html

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇「林政審議会」の開催及び一般傍聴について

・令和2年10月12日(月曜日)に、農林水産省において「林政審議会」を開催します。
本会議は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、web会議との併用により開催します。なお、本会議は公開ですが、会場の関係から別室において傍聴となります。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/rinsei/201002.html

◇農福連携等応援コンソーシアム総会を開催します

・農福連携等応援コンソーシアム(事務局:農林水産省)は、令和2年10月8日(木曜日)に総会を開催します。本会議は公開ですが、新型コロナウイルス感染症の感染防止を図る観点から、報道関係者はWebによる傍聴となります。また、カメラ撮りは冒頭のみ可能です。なお、コンソーシアム会員による総会のため、一般傍聴は受け付けておりません。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/201002.html

◇第4回「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」の開催~次期総合物流施策大綱の策定に向けて~

・農林水産省・経済産業省・国土交通省は、次期総合物流施策大綱の策定に向けて、今後の物流施策の在り方について提言を得ることを目的として、10月5日(月曜日)に、三田共用会議所において、第4回「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」を開催します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/ryutu/201001.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇10月7日公開!食品ロスの現状を知る/達人レシピ(米)

「食品ロス」という言葉を聞いたことはありますか?
まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことをいいます。
今週は、いま日本や世界でどのくらいの食品ロスが発生しているのか、また食品ロス削減に向けてどんな取り組みが必要なのかなど、私たちが知っておきたいことを特集していますので、ぜひご覧ください。

連載は「達人レシピ」第10弾。
新潟県魚沼市から「米」を紹介します。
棚田で有機栽培に取り組む小岩さんに、米づくりへの想いやシンプルだけど手軽に楽しめるレシピを伺いました。

・誌面はこちらからご覧になれます。
(10月7日の公開日までは、9月の記事が表示されます。)

⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「令和元年度食料・農業・農村白書6(農業・食品関連業界のビジネスチャンス)」、「東海農政局:「消費者の部屋」特別展示のご案内」、「農水省の食堂でカレー食べるナリ!タガヤセキュウシュウ」、「9月25日(金曜日)の公表事項」、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部を開催しました」、「9月28日(月曜日)の公表事項」、「【野菜で作る!?】憧れのマンガ肉作りに挑戦!(まふ中四国)」、「東北の餅文化の紹介~料理編part7~#12plusみちのく仙台ORI☆姫隊」、「農高へ行こう#1愛知県立安城農林高等学校」、「9月29日(火曜日)の公表事項」、「すべて手作り!こだわりのハム&ソーセージ」、「焙じれば悦な香り。自分で作ろうほうじ茶。/HOJICHA」、「9月30日(水曜日)の公表事項」、「北海道農政事務所:移動消費者の部屋開設のご案内」、「【クイズまふ】農業遺産で太鼓たたき隊と省内対決してみた【前編】」、「10月1日(木曜日)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「令和2年産水稲の作柄概況(9月15日現在)をお知らせします」でした。

9月15日現在における全国の作況指数は、101が見込まれます。また、予想収穫量(主食用)は734万6,000tが見込まれ、これを都道府県別にみると、上位5県は次のとおりです。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年10月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年10月)について、主産地等からの聞き取りを行いましたので、その結果を公表します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/201002.html

◇小型漁船の衝突防止のためのスマートフォンアプリを利用した実証試験を実施します!

・令和2年10月1日から令和3年1月10日まで、瀬戸内海をモデル海域として船舶自動識別装置(AIS)と同等の機能を有するスマートフォンのAISアプリを利用した衝突防止のための実証試験を行います。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kenkyu/201001.html

◇「スマート農業推進総合パッケージ」を策定しました

・スマート農業を加速化するための新たな政策パッケージを取りまとめましたので、公表しました。
今後、この政策パッケージに基づき、政策目標「2025年までに農業の担い手のほぼ全てがデータを活用した農業を実践」を実現するべく、5年間で施策を集中展開していきます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo03/201001.html

◇令和2年産の水田における作付状況

・産地・生産者に対してきめ細やかな情報提供を行うため、令和2年産の水田における作付状況(令和2年9月18日現在・速報値)を取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/200930.html

◇農山漁村の起業促進施策『INACOME』における地域課題の募集

・農山漁村の課題解決に資する取組を推進するため、起業促進施策「INACOME(イナカム)」において起業者と地域課題のマッチングプログラムを新たに開始し、当該プログラムにより解決を目指す地域課題を募集します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/200930.html

◇「令和元年度国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について

・令和2年9月30日(水曜日)、「令和元年度国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について取りまとめました。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keiki/200930.html

◇「令和元年(2019年)木材需給表」の公表について~木材自給率は9年連続で上昇~

・令和元年(2019年)の木材需給に関するデータを集約・整理した「木材需給表」を取りまとめましたので公表しました。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/200930_30.html

◇「新たな資源管理の推進に向けたロードマップ」が決定されました

・平成30年12月14日に公布された「漁業法等の一部を改正する等の法律」が、本年12月1日に施行されます。これに伴い、今般、水産政策の改革の一つの柱である新たな資源管理を推進する上で、当面の目標と具体的な工程を示したロードマップを決定しました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/200930.html

◇指定棚田地域振興活動計画の認定について

・総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省、環境省は、棚田地域振興法(令和元年法律第42号)第10条第3項の規定に基づき、令和2年9月30日(水曜日)、指定棚田地域振興活動計画を認定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/200930.html

◇令和元年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移及び米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向について(令和2年8月末現在)

・令和元年産米の「産地別契約・販売状況(令和2年8月末)」、「民間在庫の推移(令和2年8月末)」及び「米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向(令和2年8月末)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/200929.html

◇ドイツからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

・ドイツにおける鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、令和2年9月29日(火曜日)、当該国全土からの生きた家きん、同国バーデン・ビュルテンベルク州、ニーダーザクセン州及びザクセン・アンハルト州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/200929.html

◇スマート水産業現場実装委員会を開催します!

・令和2年9月30日(水曜日)に、スマート水産業の漁業現場への実装に向け、スマート水産業現場実装委員会を開催し、「スマート水産業推進のための人材バンク」を立ち上げました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kenkyu/200928.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇漁業関係法令等の違反に対する農林水産大臣の処分基準等案に係る意見・情報の募集について

◇資源管理基本方針の一部を改正する告示(案)についての意見・情報の募集について

◇中小漁業融資保証法施行規則等の一部を改正する命令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「動物用生物学的製剤基準の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「中小企業等経営強化法の改正に伴う外食・中食産業に係る経営力向上に関する指針の一部改正についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「農業協同組合法施行規則及び水産業協同組合法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「防災重点農業用ため池に係る防災工事等基本指針案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・令和2年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況(令和2年9月30日公表)(PDF:621KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-1.pdf

・令和2年度容器包装利用・製造等実態調査(令和2年9月28日公表)(PDF:238KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/youki_housou/attach/pdf/index-1.pdf

~週間公表予定表(令和2年10月5日~10月9日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。
御来訪の皆様には、「新しい生活様式」(マスクの着用、手指の消毒、人と人との間隔を空ける等々)に基づいた対応をお願いいたします。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇農業農村整備事業とその豊かな恵み~過去、現在、未来~
令和2年10月5日(月曜日)~10月9日(金曜日)

古来より、かんがい施設や農地の整備が地域の発展を支えてきた歴史(過去)、土地改良がもたらした豊かな恵み(現在)、これからの土地改良と最先端技術(未来)をご紹介することにより、農業農村整備事業について深くご理解いただけます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2010nnsj.html

<編集後記>

秋と言えば…食欲の秋ですね!秋の味覚の代表でもある「栗」や「芋」のスイーツを見かけるとついつい目移りしてしまいます。食べ物からも季節を感じられるのはうれしいですね。食べ過ぎないように注意しながら秋を楽しみたいです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader