このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和2年11月16日第919号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇11月10日(火曜日)
米政策、令和2年度3次補正予算、米国大統領選挙、RCEP、香川県で確認された高病原性鳥インフルエンザへの対応について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/201110.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/201110.html

◇11月13日(金曜日)
香川県で確認された高病原性鳥インフルエンザ、Go To Eatキャンペーンについて、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/201113.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/201113.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇「新しい農村政策の在り方に関する検討会」(第6回)の開催及び一般傍聴について

・農村の振興に関する施策について検討するため、令和2年11月24日(火曜日)に、「新しい農村政策の在り方に関する検討会」を開催します。
検討会は公開で、冒頭のみのカメラ撮りが可能です。傍聴可能人数は20名程度を予定しています。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nousei/201113.html

◇「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」の開催及び参加者の募集について

・公益財団法人日本農林漁業振興会との共催により、令和2年12月15日(火曜日)、令和2年度(第59回)農林水産祭行事の一環として、「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」を開催します。
本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は先着順に90名を予定しています。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/201111.html

◇「令和3管理年度(第7管理期間)TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(くろまぐろ)」の開催及び参加者の募集について

・令和2年11月26日(木曜日)に東京都内で、「令和3管理年度(第7管理期間)TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(くろまぐろ)」を開催します。
本会議は公開です。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は100名程度です。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/201111.html

◇その他の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇11月18日公開!カラダにやさしい「米粉」の魅力/達人レシピ(仙台曲がりねぎ)

米の新しい食べ方として注目されている米粉。
どんな料理にも使いやすいのですが、実際にどうやって使うか分からないという方もいらっしゃるのでは?
今週はそんな初心者の方にもおすすめのレシピも紹介します。
是非ご覧ください!

連載は「達人レシピ」。
宮城県仙台市から「曲がりねぎ」の紹介です。
手間暇かけて育てたねぎのおすすめの食べ方は、味付けがシンプルなおひたし。
ねぎは白い部分がおいしいとされますが、青い部分もごま油との相性が良いそうです。

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「11月6日(金)の公表事項」、「近畿農政局:「消費者の部屋」特別展示のご案内」、「11月8日(日)の公表事項」、「【どうしようもなくバラ】今日も花がきれいですね#2」、「紀州備長炭を焼いてみた(その1:窯入れの準備)」、「【Society5.0】スマート農業とは・・・」、「11月9日(月)の公表事項」、「【シンポジウムのご案内】FoodSafetyConvention2020/Tokyo」、「近畿農政局:「消費者の部屋」特別展示のご案内」、「北陸農政局:消費者の部屋食の知っ得講座の開催」、「きのこ三昧_くめ頑張る#7」、「11月10日(火)の公表事項」、「香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内3例目)」、「個性派が勢揃い!ご当地おにぎり事情」、「果樹の気候変動適応セミナーを開催します(九州・沖縄地域)」、「11月11日(水)の公表事項」、「映画「461個のおべんとう」とタイアップしています!」、「川越で優しいあの子を弾いてみた!」、「雪国産の新生姜(東北MAFFバンド♪第3曲目)」、「農水省官僚が小学校に潜入してみた。タガヤセキュウシュウ」、「11月12日(木)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「さいたまンドリンのご挨拶」でした。

埼玉県出身である私岩堀が、埼玉県の美味しい食べ物の魅力を、マンドリンという少しマイナーな楽器の魅力とともに伝えていくチャンネルです!・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内5例目)を受けた「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催結果について

・令和2年11月15日、香川県三豊市の採卵鶏農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(本年度国内5例目)が確認されたことを受け、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針について確認しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201115.html

◇ドイツからの家きん肉等の一時輸入停止措置について

・令和2年11月13日(金曜日)、ドイツからの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201113_16.html

◇今年の和食王選手権は動画とフォトコンテスト!

・「和食」や「郷土料理」に対して、子どもたちの関心と理解を育むことを目的に、全国子ども和食王選手権を開催しています。このたび、第5回全国子ども和食王選手権を開催し、YouTube動画コンテストやInstagramフォトコンテストの募集を開始するとともに、和食への理解を育む魅力を伝えてくれるアンバサダーを任命します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/201113.html

◇2020年(第14回)「若手外国人農林水産研究者表彰(JapanAward)」受賞者の決定について

・2020年(第14回)「若手外国人農林水産研究者表彰(JapanAward)」について、農林水産技術会議会長賞の受賞者を決定しました。
なお、表彰式は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、来年の受賞と併せて実施する予定です。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/201113.html

◇香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内4例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の開催について

・令和2年11月13日、香川県三豊市の肉用種鶏農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201113.html

◇オランダの一部区域からの生きた家きん等の一時輸入停止措置について

・令和2年11月12日(木曜日)、オランダの一部区域からの生きた家きん等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201112_9.html

◇米国ミズーリ州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

・令和2年11月12日(木曜日)、アメリカ合衆国ミズーリ州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201112_8.html

◇ベトナム向け家きん由来製品の一部輸出再開について

・令和2年11月5日の香川県における高病原性鳥インフルエンザ発生以降、家きん由来製品の輸出を一時停止しておりましたが、ベトナム当局との協議が終了し、香川県以外で生産及び処理された家きん由来製品について、令和2年11月12日より、ベトナム向けの輸出を再開しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201112_7.html

◇香川県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内3例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・香川県三豊市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内3例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201112.html

◇令和2年度(第16回)「若手農林水産研究者表彰」受賞者の決定について

・令和2年度(第16回)「若手農林水産研究者表彰」について、農林水産技術会議会長賞の受賞者を決定しました。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/201112_21.html

◇令和2年度(第21回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」受賞者の決定について

・農林水産省及び公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会は、令和2年度(第21回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」について、農林水産大臣賞をはじめ各賞受賞者を決定しました。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/201112.html

◇令和2年度(第76回)「農業技術功労者表彰」受賞者の決定について

・農林水産省及び公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会は、令和2年度(第76回)「農業技術功労者表彰」について、農林水産技術会議会長賞を決定しました。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/201112_22.html

◇牛草大臣官房審議官(国際)が経済協力開発機構(OECD)農業委員会の議長に選出

・令和2年11月10日、牛草哲朗(うしくさてつお)大臣官房審議官(国際)が、経済協力開発機構(OECD)農業委員会の議長に選出されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kikou/201111.html

◇米国向け家きん由来製品の一部輸出再開について

・令和2年11月5日の香川県における高病原性鳥インフルエンザ発生以降、家きん由来製品の輸出を一時停止しておりましたが、米国当局との協議が終了し、香川県以外で生産及び処理され、かつ香川県を経由していない家きん由来製品の輸出について、令和2年11月11日より、米国向けの輸出を再開しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201111_20.html

◇「令和2年度病害虫発生予報第9号」の発表について

・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)を発表しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/201111.html

◇植物遺伝資源の利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」の開催について

・気候変動による影響を受けている我が国の農業において、重要な役割を果たしている植物遺伝資源について皆様に知っていただくため、令和2年11月20日(金曜日)に、植物遺伝資源の利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」をオンラインで開催します。
本セミナーは公開で、参加定員は100名(申込先着順)です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/201111.html

◇香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内3例目)を受けた「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催結果について

・令和年11月11日、香川県三豊市の肉用種鶏農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを受け、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針について確認しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201111_19.html

◇米に関するマンスリーレポート(令和2年11月号)の公表について

・米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和2年11月号)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/201110.html

◇納豆及び類似の大豆発酵食品のコーデックスアジア地域規格策定作業が始まります

・日本がコーデックス・アジア地域調整部会に提案していた、納豆及び類似の大豆発酵食品を対象とする「バチルス属を使って発酵させた大豆製品のアジア地域規格」の策定作業を開始することが第43回コーデックス委員会(総会)で承認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/seizo/201110.html

◇新たな商品、事業を生み出すオープンイノベーションの形が見える

・『「知」の集積と活用の場産学官連携協議会』では、令和2年11月19日(木曜日)~11月25日(水曜日)に、特設ウェブサイトにて令和2年度ポスターセッションを開催します。
※『「知」の集積と活用の場』は農林水産省の登録商標です。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/201110.html

◇「林政審議会」委員の公募について

・森林・林業・木材産業分野の政策に広く国民の皆様の声を反映させ、国民の合意に基づく政策の推進に資するため、「林政審議会」の委員を広く一般から募集します。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/rinsei/201109.html

◇香港及びシンガポール向け家きん由来製品の一部輸出再開について

・令和2年11月5日の香川県における高病原性鳥インフルエンザ発生以降、家きん由来製品の輸出を一時停止しておりましたが、香港当局及びシンガポール当局との協議が終了し、香川県以外で生産及び処理された家きん由来製品の輸出について、香港向けについては令和2年11月6日より、シンガポール向けについては令和2年11月9日より、輸出を再開しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201109_5.html

◇香川県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・香川県東かがわ市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201109.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法施行規則の一部を改正する案についての意見・情報の募集について

◇農業保険法関係告示の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律に基づく設備整備計画の認定等に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇資源管理基本方針の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◇市民農園整備促進法施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇愛玩動物用飼料の成分規格等に関する省令の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令第56条の2(同令第62条において準用する場合を含む。)の規定に基づき農林水産大臣が定める海域及び漁具に関する制限を定める件)の一部を改正する件に係る意見・情報の募集について

◇農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第五項から第七項までの規定により農林水産大臣が指定する高度管理医療機器、管理医療機器及び一般医療機器の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「漁業法第41条第1項第5号の農林水産大臣の定める船舶の基準を定める件案等についての意見・情報の募集」の結果について

◇「漁業の許可及び取締り等に関する省令第24条第1項のずわいがに漁業に係る漁獲物等の陸揚港を指定する件案等についての意見・情報の募集」の結果について

◇「漁業法等の一部を改正する等の法律等の施行に伴う関係告示の整備に関する告示案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「動力漁船の性能の基準を定める件の一部を改正する件案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「漁業関係法令等の違反に対する農林水産大臣の処分基準等案に係る意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和2年11月16日~11月20日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。
御来訪の皆様には、「新しい生活様式」(マスクの着用、手指の消毒、人と人との間隔を空ける等々)に基づいた対応をお願いいたします。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇「和の空間」でおもてなし~伝統ある和の文化の原材料農産物のご紹介~
令和2年11月16日(月曜日)~11月20日(金曜日)

日本の伝統文化であるお茶・畳・和装をパネル等でわかりやすく紹介します。
当展示では、バラエティ豊富な製品をご紹介するとともに、原料となるお茶、いぐさ、蚕、繭、花きなどを紹介します。
我が国の伝統である和の文化の素晴らしさを来場者の方にご承知いただき、理解を深めてもらうことにより、国産のお茶、いぐさ製品、絹製品、花きの消費拡大を図ります。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2011waku.html

<編集後記>

先日発売された米作りゲーム、職場でも話題になっています。自分の知識を試してみたい気もしつつ、ゲーム機本体も買うとなると、ちょっと二の足を踏んでいるところです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader