このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和2年12月7日第922号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇12月1日(火曜日)
農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略、種苗法改正案、大蘇ダムの漏水、高病原性鳥インフルエンザ、Go To Eatキャンペーン、改正漁業法の施行について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/201201.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/201201.html

◇12月4日(金曜日)
Go To Eatキャンペーン、高病原性鳥インフルエンザ、米政策、吉川元大臣を巡る報道、アニマルウェルフェアについて、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/201204.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/201204.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナの感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を実践しましょう!

○飲酒をするのであれば、1)少人数・短時間で、2)なるべく普段一緒にいる人と、3)深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で、楽しみましょう。
○箸やコップは使い回さず、1人ひとりで使いましょう。
○座席の配置は斜め向かいにしましょう。
○会話する時はなるべくマスクを着用しましょう。
○換気が適切になされているなどの工夫をしている、感染拡大予防ガイドラインを遵守したお店を利用しましょう。
○体調が悪い人は参加しないようにしましょう。

・詳しくはこちらをご覧ください
「感染リスクが高まる「5つの場面」」(内閣官房)
⇒ https://corona.go.jp/proposal/(外部リンク)
新型コロナウイルスについて
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html
「5つの場面」に注意しましょう
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/5scenes.html

(2)審議会等の予定

◇資源管理方針に関する検討会(スルメイカ全系群)の開催及び一般参加について

・令和2年12月17日(木曜日)に東京都千代田区において、資源管理方針に関する検討会(スルメイカ全系群)を開催します。
本会議は公開です。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は100名程度です。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/201204.html

◇「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和2年度第1回)」の開催及び一般傍聴について

・令和2年12月10日(木曜日)に、東京都千代田区において「食料・農業・農村政策審議会畜産部会(令和2年度第1回)」を開催します。
会議は公開です。ただし、会場の都合により、別室にて音声のみの傍聴となります。カメラ撮影は会場にて冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は一般傍聴及び報道傍聴併せて40名程度を予定しています。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/201203.html

◇その他の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇12月9日公開!ご当地の味~西日本編~/ふるさと給食自慢(ゼリーフライ)

先週に引き続き、アイデアや工夫が詰まった「西日本のご当地の味」を紹介します。
鳥取県の「とうふちくわ」は、見た目は「ちくわ」、食感や風味は「豆腐」という、江戸時代から続く味。
豆腐と魚のすり身を7:3の割合にして作られているそうです。
その他にも東海地方から沖縄地方まで、各地の味を紹介していますので、是非ご覧ください!

連載は「ふるさと給食自慢」。
埼玉県行田市の給食から「ゼリーフライ」を紹介します。
ゼリーといってもお菓子のゼリーとは別物。
どんな給食なのでしょうか?

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「リンゴを食べよう!(東北MAFFバンド♪第4曲目)」、「検疫探知犬コラム(健康診断)」、「果樹の気候変動適応セミナーを開催します(東北地域)」、「近畿農政局:「消費者の部屋」特別展示のご案内」、「【コスモスと透明感】今日も花がきれいですね#3」、「【キャンプ道具】変幻自在!農水省官僚がアウトドアテーブルをDIYしてみた≪突撃JASちゃんねる≫」、「11月27日(金)の公表事項」、「自作の綿菓子機でレインボー綿菓子作ってみた!【ありが糖3兄妹】」、「【農水省職員】鳥取県米子市に来たらなぜかガチで草刈りすることになったんだけど<第3話草刈り以外のストーリーもお楽しみください>(underconstruction!)」、「農水省バイク女子、東海を駆ける。【山田のモトブログ#4】~豊田市いなぶ~」、「11月30日(月)の公表事項」、「宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内11例目)」、「オホーツク地域における農福連携推進セミナーを開催します」、「「大人数や長時間におよぶ飲食」に気をつけましょう!」、「【全集中】食べらさること間違いなし!至高の鮭グルメ。」、「12月1日(火)の公表事項」、「宮崎県(12例目)及び香川県(13例目及び14例目)における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認」、「ご当地の味~東日本編~」、「【アニマルA会話その1】獣医師による細かすぎるレッスン」、「【新型コロナ】おいしく、楽しく、安全に~外食するときのお願い~」、「12月2日(水)の公表事項」、「宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内15例目)」、「農業の未来へ!人材確保の糸口を探る」、「和ごはん月間×ORI☆姫隊(東北MAFFバンド♪第5曲目)」、「北陸農政局:消費者の部屋特別展示のご案内」、「12月3日(木)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を実践しましょう!」でした。

農林水産省は、様々なチャンネルで感染対策の徹底を呼びかけています。感染リスクが高まる「5つの場面」に注意し、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を御紹介します。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇広島県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内17例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

・令和2年12月7日、広島県三原市の養鶏場2農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内17例目及び17例目の関連農場)が確認されました。
「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201207.html

◇奈良県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内16例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

・令和2年12月6日、奈良県五條市の養鶏場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内16例目)が確認されました。
「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201206_5.html

◇宮崎県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内15例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・宮崎県都城市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今年度国内15例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201204_2.html

◇甘味資源作物の生産振興対策について

・令和2年12月2日の、令和3年産さとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価の決定に合わせて、「甘味資源作物の生産振興対策」を決定いたしました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/chiiki/201204.html

◇香川県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内13例目及び14例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・香川県三豊市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今年度国内13例目及び14例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201204.html

◇スルメイカの資源評価結果が公表されました

・新たな資源管理の実施に向け、今般、最新の情報に基づきスルメイカの資源評価が行われ、資源状況等の評価結果が公表されました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/201204.html

◇令和2年度(2020年度)南極海鯨類資源調査を実施します

・令和2年12月4日(金曜日)、南極海における鯨類の非致死的調査(南極海鯨類資源調査(JASS-A))の実施に向けて、調査船が塩釜港を出港しました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/201204_10.html

◇香川県東かがわ市で発生した高病原性鳥インフルエンザに係る移動制限の解除について

・香川県は、同県東かがわ市で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今年度国内2例目)に関し、発生農場から半径3km以内で設定している移動制限区域内の家きん飼養農場について、11月27日(金曜日)までに、清浄性を確認しました。
香川県は、国内2例目の移動制限区域内で、当該疾病の新たな発生が認められなければ、12月4日(金曜日)午前0時(12月3日(木曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201203_4.html

◇農業競争力強化支援法に基づく事業再編計画の認定について(エム・シーシー食品株式会社)

・エム・シーシー食品株式会社から提出された「事業再編計画」について12月1日(火曜日)付けで認定を行いました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/seizo/201203.html

◇宮崎県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内12例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・宮崎県都農町で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内12例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201203_3.html

◇令和3年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定について

・「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、令和3年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価を決定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/chiiki/201202.html

◇宮崎県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内11例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・宮崎県日向市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内11例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201202_5.html

◇令和2年度農山漁村振興交付金(地域活性化対策)におけるアイデアソン「農村インポッシブル(NOUSONin”POSSIBLE”)」の開催日等の決定について

・農山漁村振興交付金(地域活性化対策)を活用し、蒜山SDGs農村ツーリズム協議会(岡山県真庭市)、北川村地域活性化協議会(高知県北川村)及び大崎上島町地域活性化協議会(広島県大崎上島町)が、一般社団法人INSPIREと共催で、農山漁村の地域課題を解決するための試みとして、アイデアソン「農村インポッシブル(NOUSONin"POSSIBLE")」を実施します。その開催日等が決定しましたので、お知らせします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nousei/201202.html

◇農業生産における気候変動適応ガイドの作成について

・都道府県の農業部局担当者や普及指導員向けに、産地自らが気候変動に対するリスクマネジメントや適応策を実行する際の指導の手引きとして「農業生産における気候変動適応ガイド」を作成しています。
令和2年8月に作成した水稲編、りんご編に続いて、うんしゅうみかん編及びぶどう編を作成しましたので、お知らせします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/201202.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年12月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年12月)について、主産地等からの聞き取りを行いましたので、その結果を公表します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/201201.html

◇ベルギーからの家きん肉等の一時輸入停止措置について

・令和2年11月27日(金曜日)、ベルギーからの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/201130.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農業協同組合、農業協同組合連合会及び農業協同組合法人向けの総合的な監督指針(信用事業及び共済事業のみに係るものを除く。)及び共済事業向けの総合的な監督指針の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇農業改良助長法施行令に規定する農林水産大臣の定める基準並びに農林水産大臣の指定する試験研究機関及び教育機関を定める件の一部改正案についての意見の募集について

◇系統金融機関向けの総合的な監督指針及び漁協系統信用事業における総合的な監督指針の一部改正案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「肥料取締法の一部を改正する法律の施行に伴う財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省関係省令の整理に関する省令」(結果公示)

◇「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律に基づく再生利用事業を行う者の登録に関する省令の一部を改正する省令」(結果公示)

◇「中小漁業融資保証法施行規則等の一部を改正する命令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「資源管理基本方針の一部を改正する告示(案)についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「衛星船位測定送信機に関する位置報告等実施要領案に係る意見・情報の募集」の結果について

◇「漁協等向けの総合的な監督指針(信用事業及び共済事業のみに係るものを除く。)」及び「漁協等の共済事業向けの総合的な監督指針」の一部改正案についての意見・情報の募集の結果について

◇「中小漁業融資保証法施行規則等の一部を改正する命令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇商品先物取引法施行規則の一部を改正する省令について

(3)調査結果等

・農業経営統計調査令和元年牛乳生産費(令和2年12月4日公表)(PDF:320KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_tikusan/attach/pdf/index-2.pdf

・農業経営統計調査令和元年肉用牛生産費(令和2年12月4日公表)(PDF:416KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_tikusan/attach/pdf/index-1.pdf

・農業経営統計調査令和元年肥育豚生産費(令和2年12月4日公表)(PDF:302KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_tikusan/attach/pdf/index-3.pdf

・令和2年産4麦の収穫量(令和2年11月30日公表)(PDF:317KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-4.pdf

~週間公表予定表(令和2年12月7日~12月11日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。
御来訪の皆様には、「新しい生活様式」(マスクの着用、手指の消毒、人と人との間隔を空ける等々)に基づいた対応をお願いいたします。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇国有林野で遊び、学ぼう!
令和2年12月7日(月曜日)~12月11日(金曜日)

ボランティア団体などによる森林整備活動や森林環境教育の取組など国有林野を利用した様々な取組を紹介するほか、全国各地にある「レクリエーションの森」におけるスキーをはじめとした森林レクリエーションについて紹介します。
国民に開かれた国有林の取組を紹介します。
詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2012kkyr.html

<編集後記>

12月9日公開の「aff」の特集は、「ご当地の味~西日本編~」です。関西出身としては、自分の地元で「ご当地の味」と言われて、これと言って紹介できそうなものが思い浮かばないのが残念なのですが、知っているか否かに関係なく、どのようなものが取り上げられているか楽しみにしています。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader