このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和3年1月25日第928号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇1月19日(火曜日)
鳥インフルエンザ関係閣僚会議、吉川元大臣を巡る報道、国家戦略特区諮問会議について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210119.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210119.html

◇1月22日(金曜日)
大雪被害の現地調査、ベルリン農業大臣会合、養鶏・鶏卵行政に係る第三者委員会の設置、緊急事態宣言による農産物価格への影響について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210122.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210122.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇国立研究開発法人役員の追加公募

令和3年1月19日(火曜日)から、国立研究開発法人水産研究・教育機構理事長の追加公募を開始しています。
水産基本法の基本理念である「水産物の安定供給の確保」と「水産物の健全な発展」を達成するため、理事長には、法人を代表して、国際機関や国を始め国内関係機関と連絡調整を図りながら、法人の業務を総理し、重要課題に取り組むとともに、中長期的目標や中長期計画の達成に向けて、リーダーシップを発揮した的確な業務遂行能力が求められています。
応募は令和3年2月4日(木曜日)まで(書類必着)です。
このほか、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構において、副理事長の追加公募も開始しています。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/hisyo/210119.html

・公募情報の詳細については、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/corp/index.html

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇「令和2年度第1回自然再生専門家会議」の開催について

・農林水産省、国土交通省及び環境省は令和3年1月29日(金曜日)に、オンラインにて「令和2年度第1回自然再生専門家会議」を開催します。
会議は公開です。申込締切は令和3年1月27日(水曜日)17時(必着)です。希望者多数の場合は先着順とし、傍聴の可否につきましては、環境省より御連絡いたします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/210121.html

◇その他の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇1月27日公開!知れば知るほど奥が深い!ワインの豆知識/ふるさと給食自慢(奈良の雑煮)

今週は日本におけるワインの歴史やワインに関する豆知識を紹介します。
ワインは日本にいつ頃、どのように伝来したのでしょうか?
そして、国内でのワイン造りは何時代からはじまったのでしょうか?
また、豆知識では、味、形状、雑学の3つのカテゴリからワインに関する様々な疑問に迫ります。
是非ご覧下さい!

連載は「ふるさと給食自慢」。
奈良県奈良市の学校給食から「奈良の雑煮」を紹介します。
こちらでお正月に食べる雑煮は白味噌仕立てのもの。
食べ方に特徴があり、汁に入ったもちは一度取り出して、別の皿に盛られたきな粉をつけて食べるそうです。

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「ガイナーレ鳥取コラボ(前半)(underconstruction!)」、「【農水省】一見、悪徳に見えて、ただ大豆をPRしているだけの男(TASOGARE)魅せろ!ファーマジスタ」、「福島ユナイテッドFC農業部参戦第1弾(東北MAFFバンド♪第6曲目)魅せろ!ファーマジスタ」、「1月15日(金)の公表事項」、「ガイナーレ鳥取コラボ(後半)(underconstruction!)」、「消費者行政ポータルサイト 福島ユナイテッドFC農業部参戦第2弾(東北MAFFバンド♪第8曲目)魅せろ!ファーマジスタ」、「『なまらでっかい道』専用ページを開設しました!」、「日本食・日本産食材の魅力」、「1月18日(月)の公表事項」、「植物の輸入はルールを守って!(国際郵便物)」、「国立研究開発法人水産研究・教育機構の理事長を公募(追加公募)」、「【国民の皆様へ】これだけは知ってほしい鳥インフルの4つのことタガヤセキュウシュウ(農林水産省公式)」、「高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及について」、「1月19日(火)の公表事項」、「北陸農政局:消費者の部屋特別展示のご案内」、「【わいん官僚ヒロキ】ネ申ポテンシャル「日本ワイン」」、「1月20日(水)の公表事項」、「寒さに負けるな、テイクアウトや出前等を楽しむためのポイントをご紹介」、「千葉県(3例目)における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内37例目)」、「【農水省】#1ラジオはじめました。(TASOGARADIOぼっち飯のお供に。)」、「日本ワインの製造現場へワイナリー探訪」、「1月21日(木)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「今月の検疫探知犬(柚・YUZUメス)」でした。

靴下をはいているかのような白い足がとってもキュートな柚号。日々、ハンドラーや家畜防疫官と一緒に、日本の畜産を守る為に活躍しています。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇富山県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内38例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・富山県小矢部市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内38例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210124.html

◇千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内39例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

・令和3年1月24日(日曜日)、千葉県匝瑳市のあひる農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内39例目)が確認されました。
「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210124_2.html

◇富山県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内38例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

・令和3年1月23日(土曜日)、富山県小矢部市の養鶏場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内38例目)が確認されました。
「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210123.html

◇【ベルリン農相会合】コロナに負けない食料システムの確立に向けて議論

・令和3年1月22日(金曜日)、90か国・機関が参加してベルリン農業大臣会合がテレビ会議形式で開催され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や気候変動の影響下における世界の食料確保に向けた協力の強化について議論しました。我が国から野上農林水産大臣が出席し、将来のパンデミックの防止に関する分科会で議長を務めました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kikou/210123.html

◇令和2年度「日本食普及の親善大使」の任命について

・日本食・食文化の海外への普及をより一層推進するために、海外に拠点を置く日本食関係者36名を新たに「日本食普及の親善大使」に任命しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/210122.html

◇千葉県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内37例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・千葉県横芝光町で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内37例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210122.html

◇国産有機サポーターズ「ロゴマーク」を募集します

・令和2年9月に「国産有機サポーターズ」を立ち上げ、有機農業の取組の持つ価値の発信や国産有機食品のPR等を行っています。
このたび、国産の有機食品の需要喚起の取組を更に進めるため、2月19日(金曜日)まで、国産有機サポーターズに相応しい「ロゴマーク」を全国より募集します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/210122.html

◇宮崎県都城市(今シーズン国内15例目及び18例目)及び小林市(今シーズン国内19例目及び33例目)で発生した高病原性鳥インフルエンザに係る移動制限の解除について

・宮崎県は、同県都城市(今シーズン国内15例目及び18例目)及び小林市(今シーズン国内19例目及び33例目)で確認された高病原性鳥インフルエンザに関し、発生農場から半径3km以内で設定している移動制限区域について、令和3年1月22日(金曜日)午前0時(1月21日(木曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210121.html

◇千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内37例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

・令和3年1月21日(木曜日)、千葉県横芝光町のあひる農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内37例目)が確認されました。
「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210121_3.html

◇岐阜県美濃加茂市で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内34例目)に係る搬出制限の解除について

・岐阜県は、同県美濃加茂市で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今シーズン国内34例目)に関し、発生農場の周辺にある農場について清浄性確認検査を実施し、令和3年1月20日、全て陰性であることを確認しました。これを受け、岐阜県は、発生農場の半径3kmから10km以内の区域に設定している搬出制限を令和3年1月20日22時に解除しました。
今後、岐阜県は、国内34例目の移動制限区域内で、当該疾病の新たな発生が認められなければ、令和3年1月27日(水曜日)午前0時(1月26日(火曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除する見込みです。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210120_3.html

◇2021年(第15回)「若手外国人農林水産研究者表彰(JapanAward)」の候補者の募集開始について

・農林水産省及び国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)は、「若手外国人農林水産研究者表彰(JapanAward)」に係る、2021年表彰の候補者を令和3年3月22日(月曜日)まで募集します。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/210120.html

◇「第5回ジビエ料理コンテスト」の結果について

・ジビエの普及啓発等に取り組む農林水産省の「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として開催した「第5回ジビエ料理コンテスト」において、農林水産大臣賞等の受賞者が決定されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/210118.html

◇6次産業化の推進に向けた優れた取組事例を表彰

・6次産業化推進協議会は農林水産省とともに、令和2年度6次産業化アワードの各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。また、表彰式は令和3年2月12日(金曜日)にリモート形式で開催されます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/renkei/210118.html

◇令和2年度我が国周辺水域の水産資源(サバ類、ブリ)に関する評価結果が公表されました

・国立研究開発法人水産研究・教育機構において令和2年度の資源評価対象魚種119種のうち、サバ類とブリの評価結果が取りまとめられました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/210118.html

◇全国各地の創意工夫のある地産地消や国産農林水産物の消費拡大の取組を表彰

・全国地産地消推進協議会は農林水産省とともに、令和2年度地産地消等優良活動表彰を主催し、各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせします。また、表彰式は令和3年2月12日(金曜日)にリモート形式で開催します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/renkei/210118_16.html

◇「福島のおいしい」を体感!全国リモートクッキングについて

・東日本大震災発災10年を迎える今年、風評払拭に向けたメディアミックスによる情報発信の一環として、福島県産農産物等の魅力や安全性を発信するオンライン料理ワークショップを令和3年1月25日(月曜日)に開催します(復興庁、農林水産省連携)。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/tiho/210118.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇「農業協同組合法施行規則の一部を改正する省令案」についての意見・情報の募集について

◇家畜伝染病予防法施行規則の一部改正省令についての意見・情報の募集について

◇牛疫に関する特定家畜伝染病防疫指針の一部変更案、口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針の一部変更案及び豚熱に関する特定家畜伝染病防疫指針の一部変更案についての意見・情報の募集について

◇農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇復興庁設置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令の整備に関する省令案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和3年1月25日~令和3年1月29日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
このため、宣言期間は展示を中止いたします。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

<編集後記>

1月25日は「日本最低気温を記録した日」。先日、北海道の友人と連絡を取っていた時に「明日10度だよ」と言われ、もうそんなに暖かいの!?と思いましたが、もちろん“マイナス10度”のことでした…。関東の暖かい冬に慣れてしまった担当は、聞くだけで寒さを思い出しぞっとしてしまいました。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader