このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和3年3月1日第933号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

2月24日(水曜日)
養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会、国家戦略特区諮問会議、高病原性鳥インフルエンザについて、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210224.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210224.html

2月26日(金曜日)
農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法の一部を改正する法律案、北太平洋漁業委員会(NPFC)年次会合、令和3年産米等の作付意向、国家公務員倫理規程違反に関する関係者の処分等について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210226.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210226.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

先行する中国の電子商取引(EC)に学ぶ

3月1日(月曜日)に、令和2年度第2回グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会全体会合を開催し、海外市場の中で成長著しい中国市場、とりわけEC市場の現状や今後の展開について意見交換を行います。
今回の会合は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、WEB会議形式で行います。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/210225.html

その他の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

3月3日公開!身近で不思議なタケの生態に迫る!/達人レシピ(三関せり)

古来より、タケは日本人にとって身近な植物であり、さまざまな用途に利用されてきました。
今週は、そんなタケの種類や特徴、さらにはタケの不思議な生態に迫ります。
あまり目にすることのない、さまざまな特徴を持つタケや、現在も謎に包まれている開花の仕組みの研究最前線を紹介します。

連載は「達人レシピ」。
秋田県湯沢市で、白く長い根が特徴の「三関セリ」を栽培する達人にお話を伺いました。
成長には時間がかかりますが、そのぶん地中深くまで根を伸ばしてくれる三関セリ。
その根の食感も魅力になっているそうです。

誌面はこちらからご覧になれます。
(3月3日の公開日までは、2月の記事が表示されます。)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「【農水省モトブログ】三重のおすすめダム3つを巡る1日旅してきた【バイク女子】」、「2月19日(金曜日)の公表事項」、「今月の検疫探知犬(バイユー号)」、「お菓子とかについてる森のマーク知ってる?_くめ頑張る#11」、「農林水産省の屋上でキャンプ!?タガヤセキュウシュウ×突撃JASちゃんねる」、「令和2年度農林水産祭「優秀農林水産業に係るシンポジウム」(むらづくり部門)をオンライン開催!」、「2月22日(月曜日)の公表事項」、「【ラジオ】#6国家公務員YouTuberの仕事の話(TASOGARADIO)」、「【極寒ワカサギ釣り】農水釣りガール誕生!その場で天ぷらも。」、「【沖島編第3話】びわ湖の魚が〇〇〇に!!!」、「求められる、伝統と革新。」、「ネットで植物を買うときは注意!」、「世界が恋する、日本のいちご「恋みのり」~農研機構×NHK「恋みのり」キャンペーン~」、「2月24日(水曜日)の公表事項」、「宮崎県(12例目)における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内51例目)」、「【福島県伊達市】燻製フルーツ「あんぽ柿」を食らえ!!」、「令和2年産かんしょの収穫量をお知らせします~収穫量は前年産に比べ8%減少~」、「2月25日(木曜日)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「祝・新しい7地域が日本農業遺産認定!」でした。

日本農業遺産は、将来において受け継ぐべき伝統的な農林水産業を営む地域を農林水産大臣が認定する制度です。・・・

続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

徳島県美馬市で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内47例目)に係る搬出制限の解除について

徳島県は、同県美馬市で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今シーズン国内47例目)に関し、発生農場の周辺にある農場について清浄性確認検査を実施し、令和3年2月27日、全て陰性であることを確認しました。これを受け、徳島県は、発生農場の半径3kmから10km以内の区域に設定している搬出制限を令和3年2月27日21時に解除しました。
今後、徳島県は、国内47例目の移動制限区域内で、当該疾病の新たな発生が認められなければ、令和3年3月4日(木曜日)午前0時(3月3日(水曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除する見込みです。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210227.html

毎年3月10日は「農山漁村女性の日」です。

女性が農林水産業の重要な担い手として、より一層能力を発揮していくことを促進するために、毎年3月10日を「農山漁村女性の日」と制定しています。この日の関連行事として、3月4日の「第5回大農業女子会」、3月12日の「未来農業DAYs」をはじめ、様々な団体が農山漁村における女性の活躍推進に向けた行事を行います。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/keiei/kourei/210226.html

農業競争力強化支援法に基づく事業再編計画の認定について(日進乳業株式会社)

日進乳業株式会社から提出された「事業再編計画」について令和3年2月25日(木曜日)付けで認定を行いました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kikaku/210226.html

令和3年度「麦の需給に関する見通し」の公表について

麦の需給及び価格の安定を図るため、麦の需要量、生産量、輸入量等について、令和3年度の「麦の需給に関する見通し」を策定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/boeki/210226.html

農地転用許可権限等に係る指定市町村の指定(第13回)について

都道府県に代わり農地転用許可権限等を行使する指定市町村の指定について、令和2年7月22日以降、1町(1県)から申請がありました。
申請内容を審査した結果、指定基準に適合すると認められることから、指定市町村として指定し、令和3年2月26日付けで告示を行いました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/noukei/210226.html

令和3年産米等の作付意向について(第1回中間的取組状況)

令和3年2月26日、令和3年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付意向について、第1回中間的取組状況(令和3年1月末現在)を取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/210226.html

「北太平洋漁業委員会(NPFC)第6回年次会合」の結果について

令和3年2月23日(火曜日)から25日(木曜日)まで、ウェブ会議形式にて「北太平洋漁業委員会(NPFC)第6回年次会合」が開催され、サンマの資源管理措置、アカイカの資源管理措置、IUU(違法・無報告・無規制)漁業対策の採択等が行われました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/210225_1.html

指定棚田地域の指定について

総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省、環境省は、棚田地域振興法(令和元年法律第42号)第7条第1項の規定に基づき、令和3年2月25日、指定棚田地域を指定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/210225.html

宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内51例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

令和3年2月25日、宮崎県都城市の養鶏場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内51例目)が確認されました。
「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210225.html

宮崎県新富町で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内40例目及び45例目)に係る搬出制限の解除について

宮崎県は、同県新富町で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今シーズン国内40例目及び45例目)に関し、発生農場の周辺にある農場について清浄性確認検査を実施し、令和3年2月24日、全て陰性であることを確認しました。これを受け、宮崎県は、発生農場の半径3kmから10km以内の区域に設定している搬出制限を令和3年2月24日17時に解除しました。
今後、宮崎県は、国内40例目及び45例目の移動制限区域内で、当該疾病の新たな発生が認められなければ、令和3年3月3日(水曜日)午前0時(3月2日(火曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除する見込みです。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210224.html

令和2年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移、事前契約数量及び米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向について(令和3年1月末現在)

令和2年産米の「産地別契約・販売状況(令和3年1月末)」、「民間在庫の推移(令和3年1月末)」、「事前契約数量(令和3年1月末)」及び「米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向(令和3年1月末)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/210224.html

水産仲卸業者向けサポート窓口の設置について

令和3年1月8日に再発令された緊急事態宣言による、飲食店に対する営業時間短縮要請や不要不急の外出自粛要請に伴い、水産仲卸業者は、外食店やホテルなどの業務筋需要が減少し、深刻な影響を受けています。こうした状況を踏まえ、今回、水産仲卸業者向けに、政府のコロナ対策の支援策についての紹介などを行う、「水産仲卸業者サポート窓口」を、水産庁及び食料産業局に設置します。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/210224.html

令和3年全国山火事予防運動の実施について

「令和3年全国山火事予防運動」を3月1日(月曜日)から7日(日曜日)まで実施します。
令和3年の統一標語は「あなたです森を火事から守るのは」です。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hogo/210222.html

食品に関するリスクコミュニケーション「共に考える食品中の放射性物質」の開催について

消費者庁、内閣府食品安全委員会、厚生労働省と連携して、食品に関するリスクコミュニケーション「共に考える食品中の放射性物質」を開催します。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、収録動画をウェブサイトに掲載し、御質問、御意見を募集し回答するオンライン形式での開催とします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/210222_23.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
農産物検査法施行規則(昭和26年農林省令第32号)の一部を改正する省令案の概要についての意見・情報の募集について

砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律施行規則第九条の農林水産大臣が定める用を定めた等の件の一部を改正する告示案等についての意見・情報の募集について

肥料取締法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法令の整備又は制定案についての意見・情報の募集について

食品廃棄物等多量発生事業者の定期の報告に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
「農業協同組合及び農業協同組合連合会の信用事業に関する命令等の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

令和2年産小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量(令和3年2月26日公表)(PDF:255KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tokutei_sakumotu/attach/pdf/index-4.pdf

令和元年農業経営体の経営収支(概数値)(令和3年2月26日公表)(PDF:648KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/einou/attach/pdf/index-1.pdf

令和2年産こんにゃくいもの栽培面積、収穫面積及び収穫量(令和3年2月26日公表)(PDF:290KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tokutei_sakumotu/attach/pdf/index-3.pdf

森林資源の循環利用に関する意識・意向調査結果(令和3年2月26日公表)(PDF:1,043KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/finding/mind/attach/pdf/index-65.pdf

緑茶の飲用に関する意識・意向調査(令和3年2月26日公表)(PDF:548KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/finding/mind/attach/pdf/index-64.pdf

~週間公表予定表(令和3年3月1日~令和3年3月5日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
このため、宣言期間は展示を中止いたします。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

<編集後記>

本日より3月です。先日、早咲きの桜が咲いているのを街中で見かけ、春の訪れを実感しましたが、同時に訪れる花粉症のことを思い、少々複雑な気持ちになりました。同じように感じている方も少なくないのではないかと思います。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader