このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和3年4月12日第939号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇4月6日(火曜日)
ワクチン接種農場における豚熱の発生、緊急事態宣言を受けてこの1年間実施した農林水産施策の成果等について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210406.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210406.html

◇4月9日(金曜日)
改正種苗法に基づく海外持出し制限登録品種の公示、2022年アルメーレ国際園芸博覧会への参加、福島第一原発のALPS処理水の処分、東京都等へのまん延防止等重点措置の適用について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210409.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210409.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇「水産政策審議会第24回総会及び第89回水産政策審議会企画部会合同会議」の開催及び一般傍聴について~新しい水産基本計画に向けて議論を開始~

・水産基本計画の変更に当たり、水産政策審議会の意見を聴くため、令和3年4月16日(金曜日)に、農林水産省本省7階講堂において「水産政策審議会第24回総会及び第89回水産政策審議会企画部会」を開催し、水産基本計画の変更について諮問します。
本会議は公開です。また、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度で、申込締切は令和3年4月14日(水曜日)17時00分必着です。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/210409.html

◇その他の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇4月14日公開!熱い想いで挑戦!目指すはプロフェッショナル!/達人レシピ(にら)

今週の特集は農業高校の課外活動に注目します。
農業高校の生徒の皆さんが専門知識を学び成長する機会として、大会やイベントへの参加があります。
今回はその中から、和牛甲子園や農山漁村活性化の優良事例が選定される「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」、世界らん展などのイベントに、熱い想いで挑戦する高校生の姿を紹介します!

連載は「ふるさと給食自慢」。
連載は「達人レシピ」。
高知県香美市でにらを栽培する達人から、おすすめのレシピ「にら豚」を教えて頂きました。
にらの出荷量日本一の高知県で定番ともなっているこの料理、手軽に手早くでき、にらの香りと歯ごたえを楽しめるレシピです。

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「#12お蔵入りになったブッ飛び動画を供養する回(TASOGARADIO)」、「【わいん官僚ヒロキ】りんごテイスティング~旬の終わりに~」、「4月2日(金)の公表事項」、「米の新しい可能性、「米ゲル」とは?」、「マイナビニュースの取材を受けました!【なまらでっかい道】」、「【さくら咲く咲く啓翁桜】今日も花がきれいですね#7」、「4月5日(月)の公表事項」、「ふっかちゃんに炎(ほむら)を聴いてもらいました!」、「4月6日(火)の公表事項」、「どんな学校?農業高校を知ろう」、「新茶前線は、鹿児島県南九州市へ」、「【即答します】ワインの5つのトラブル対処法@レストラン」、「4月7日(水)の公表事項」、「部活動でも熱く活躍する農業高校生」、「東海農政局:「消費者の部屋」特別展示のご案内」、「タガヤセキュウシュウからのお知らせ」、「4月8日(木)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「ジャンボタニシ防除対策の解説動画(田植え前後に取り組む4防除対策)を公開しました」でした。

令和2年水稲作では、記録的な暖冬の影響により、水田や水路で越冬したジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の個体数が多く、効果的な防除対策が講じられなかった地域・圃場において、田植え後の移植苗に被害が発生しました。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇栃木県芳賀町で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内52例目)に係る移動制限の解除について

・栃木県は、同県芳賀町で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今シーズン国内52例目)に関し、発生農場から半径3km以内で設定している移動制限区域について、令和3年4月10日(土曜日)午前0時(4月9日(金曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210409.html

◇米に関するマンスリーレポート(令和3年4月号)の公表について

・米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和3年4月号)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/210409.html

◇「2022年アルメーレ国際園芸博覧会」に公式参加します!

・オランダ王国から参加招請のあった「2022年アルメーレ国際園芸博覧会」に対し、令和3年4月9日、我が国が公式参加することについて、閣議了解されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/210409.html

◇豪州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

・今般、オーストラリア連邦(以下「豪州」という。)における鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、令和3年4月8日、豪州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210408.html

◇水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第8回)の結果について

・水産加工関係団体の協力を得て、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県及び千葉県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケートを実施し、その結果を取りまとめました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/210407.html

◇「日ロさけ・ます漁業交渉」の結果について

・令和3年3月29日(月曜日)から4月2日(金曜日)まで、ウェブ会議で「日ロ漁業合同委員会第37回会議」及び「ロシア連邦の200海里水域における日本国の漁船によるロシア系さけ・ますの2021年における漁獲に関する日ロ政府間協議」が開催され、2021年の日本200海里水域における我が国漁船によるロシア系さけ・ますの操業条件等及び2021年のロシア200海里水域における我が国漁船によるロシア系さけ・ますの操業条件等について妥結しました。
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/210405_12.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集公募結果
◇「カルタヘナ法第32条の規定による立入検査等及び報告に関する省令の一部改正案の意見・情報の募集について」の結果について

◇「動物用医薬品及び医薬品の使用の規制に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「カナダから発送されるとうがらしの生果実に係る農林水産大臣が定める基準の一部改正案等に関する意見・情報の募集」の結果について

◇森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法施行令の一部を改正する政令案等についての意見・情報の募集の結果について

(3)調査結果等

・令和2年産大豆(乾燥子実)の収穫量(令和3年4月9日公表)(PDF:326KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-30.pdf

・令和2年産西洋なし、かき、くりの結果樹面積、収穫量及び出荷量(令和3年4月8日公表)(PDF:367KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/index-5.pdf

・令和2年産そば(乾燥子実)の作付面積及び収穫量(令和3年4月6日公表)(PDF:344KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-29.pdf

~週間公表予定表(令和3年4月12日~令和3年4月16日)~

7.「消費者の部屋」展示の御案内

令和3年4月12日から展示を再開いたします。御来場の方は感染防止対策(人と人との間隔を空ける、マスクの着用、手指の消毒等)を行っていただきますようお願いいたします。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇本の森に出かけよう~漫画で学ぶ森林・林業~
令和3年4月12日(月曜日)~4月28日(水曜日)

林野図書資料館は、森林・林業・木材産業について、広く興味を持っていただくため、漫画やイラストを中心とした展示イベントを開催しております。
是非、お越しください。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2104hnmr.html

<編集後記>

4月12日より、「まん延防止等重点措置」が東京都、京都府、沖縄県に適用されます。気候も良い時期で、思わず気も緩みがちになってしまいますが、引き続き、感染対策へのご協力をお願いいたします。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader