このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和3年8月23日第957号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

8月20日(金曜日)
大雨による被害状況等、「みどりの食料システム戦略」に係る新法の検討、新規就農者数の減少、緊急事態宣言の延長等による食品関連産業への影響等について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/210820.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/210820.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

「みどりの食料システム戦略」説明動画を公開しました

食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」を本年5月に策定しました。
食料・農林水産業の調達・生産・加工流通・消費に関わる皆様に、一人でも多く、戦略の内容を知っていただけるよう、今般、「みどりの食料システム戦略」の説明動画を作成しました。
CO2ゼロエミッション化や、化学農薬の低減などの8つのテーマ別にご覧いただけます!

詳しくはこちらをご覧ください。
みどりの食料システム戦略説明動画
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/video.html

新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

令和3年度畜産環境シンポジウムの開催及び参加申込者の募集について

令和3年9月8日(水曜日)に、持続可能な畜産に資する取組を推進するため、「令和3年度畜産環境シンポジウム」をウェブ会議システムにより開催します。
参加可能回線数は400回線程度(先着順)で、申込締切は令和3年8月31日(火曜日)15時00分です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/chikusan/c_sinko/210819.html

その他の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

8月25日公開!活用法はさまざまフレッシュハーブの世界/大学農系学部に潜入!(高知大学のスズメバチ忌避スプレー)

鮮やかな色で料理に彩りを添えてくれるフレッシュハーブ。
その特徴や生産現場の紹介、さらにはフレッシュハーブを使った簡単レシピや初心者でも育てやすい家庭菜園での栽培のコツをお届けします!

連載は、「大学農系学部に潜入!」。
高知大学が取り組む、スズメバチを撃退する忌避スプレーの開発を紹介します。人間に危害を加える危険生物でありながら、これまで確実に効果を示すものがなかったスズメバチの忌避剤。
その開発のヒントは身近な花の香りにありました。
さらに、このスプレーの特徴は、スズメバチを殺さないこと。
そのメリットは何なのでしょうか。
ぜひご覧ください!

誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「農林水産政策研究所:広報誌のご案内」、「【最後の語り】全国たったの15人。奇跡的に集まったのでみんなに伝えます。」、「~酪農家、乳業メーカー、チーズ工房の皆さまへ~「生乳取引実態の全国調査」へのご協力のお願い」、「東海農政局食品安全なつやすみこどもセミナーWeb」、「8月13日(金曜日)の公表事項」、「農水省feat.丹波篠山-デカンショ節/BUZZMAFF」、「【手抜き料理】夏はビール×唐揚げでしょ!!」、「「ドラのう#7」オッサンドライバーと東京都の農産物を覚えよう!【のうけ~かんと~(農系関東)】」、「8月16日(月曜日)の公表事項」、「【子ども農林水産クイズ】罰ゲームを賭けた職員のガチバトル!」、「抹茶ラテブームに勝手に対抗して本格抹茶に挑戦してみた【和】」、「8月17日(火曜日)の公表事項」、「夏を彩る香辛野菜&つまものの魅力」、「【豆知識】ちゃんと食べてる?【じゅわちゃん!】」、「中国四国農政局『消費者の部屋』【子どものための夏休み企画】~考えてみよう!農林水産業と私たちの食生活~」、「中国四国農政局食育Webセミナー「学ぶ食べる育てる『マイ畑』~どこでもだれでも種からの野菜づくり~」参加申込締切間近!」、「令和2年水産加工統計調査結果をお知らせします」、「8月18日(水曜日)の公表事項」、「僕たちの仕事を知ってください。宮崎のヒデちゃん」、「日本国内でも移動できない植物があります」、「8月19日(木曜日)の公表事項」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「マッスル官僚ってなんなん?#Shorts」でした。

兵庫県・沖縄県育ち。
入省1年目の新米官僚こと「マッスル官僚」が趣味である筋トレやボディメイクを通じて農林水産業の魅力を発信していきます!・・・

続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

食品ロス削減に向けた商慣習見直しに取り組む事業者を募集します

食品ロス削減の取組の推進のため、令和3年10月30日を「全国一斉商慣習見直しの日」として、食品ロス削減に向けた納品期限の緩和や賞味期限表示の大括り化などの商慣習の見直しに取り組む食品事業者を9月30日(木曜日)17:00まで募集します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/210820.html

食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者、地方自治体を募集します

本年10月の「食品ロス削減月間」に向けて、ポスターなど普及啓発資材を活用して、「てまえどり」を含めた消費者啓発に取り組む小売・外食事業者及び地方自治体を10月29日(金曜日)17時00分まで募集します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/210820_3.html

令和3年「農作業安全ポスターデザインコンテスト」の受賞作品の決定について

令和3年「農作業安全ポスターデザインコンテスト」の農林水産大臣賞、農林水産省農産局長賞、日本農業新聞賞を決定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/sizai/210820.html

【APEC食料安全保障担当大臣会合】食料安全保障のため、生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現

8月19日(木曜日)、食料安全保障の確保について議論するため、APEC食料安全保障担当大臣会合がテレビ会議形式で開催されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/y_kokusai/kikou/210819.html

令和2年産米の相対取引価格・数量について(令和3年7月)

令和2年産米の「相対取引価格・数量(令和3年7月)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kikaku/210817.html

9月18日から28日はサステナウィーク「未来につながるおかいもの」

消費者庁、環境省と連携し、「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」の取組の一環として、第76回国連総会開催時期にあわせて、9月18日(土曜日)から28日(火曜日)まで、サステナウィーク「未来につながるおかいもの」を実施します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/b_kankyo/210817.html

「令和3年秋の農作業安全確認運動」の実施及び「農作業安全確認運動推進会議」の開催について

農作業死亡事故を減少させるため、9月から10月までを農作業安全対策の重点期間として、「令和3年秋の農作業安全確認運動」を実施します。また、本運動の開始に当たり、8月20日(金曜日)に「令和3年秋の農作業安全確認運動推進会議」をweb会議形式で開催しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/sizai/210816.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
「関係行政機関が所管する法令に係る情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律施行規則の一部を改正する命令案についての意見・情報の募集」の結果について

植物防疫法施行規則の一部改正案等に関する意見・情報の募集の結果について

(3)調査結果等

令和元年産花木等生産状況調査結果(令和3年8月20日公表)(PDF:1,033KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/hana_sangyo/attach/pdf/index-7.pdf

作物統計調査令和3年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)(令和3年8月18日公表)(PDF:334KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-36.pdf

~週間公表予定表(令和3年8月23日~令和3年8月27日)~

7.「消費者の部屋」展示の御案内

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
このため、宣言期間は展示を中止いたします。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

<編集後記>

特設Webサイト「マフ塾」が8月20日(金曜日)で終了となりました。期間中は多数アクセスいただき、ありがとうございました。ライブ配信企画「官僚YouTuber電話相談室」も多くの方にご視聴いただき、また、概ねご好評をいただいたようで、担当としても一安心いたしました。
マフ塾は、引き続きアーカイブとして公開しており、こちらからご覧になれます。
マフ塾
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kids/kodomo_kasumi/2021/index.html

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader