このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和3年11月22日第970号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 東日本大震災関連情報
  5. その他新着情報
  6. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇11月16日(火曜日)
高病原性鳥インフルエンザへの対応等、北海道における赤潮の被害への対応等について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/211116.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/211116.html

◇11月19日(金曜日)
佐賀県及び長崎県への出張、農林水産業・地域の活力創造本部、米の作付転換の支援について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/211119.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/211119.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇今週の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇11月24日公開!ふるさとの味自慢砂糖を楽しむ郷土の菓子/大学農系学部に潜入!(玉川大学の植物工場産リーフレタス)

11月のaffは“砂糖の魅力再発見”をテーマとして、砂糖の種類や機能、また原料となるてん菜やさとうきびの生産現場を紹介してきました。
そして、今月最後となる特集テーマは、日本各地で伝承される「砂糖を楽しむ郷土の菓子」。
蒸しパンの様な「がんづき」や、可愛らしい鯛の形をした「丸鯛」など、素朴な郷土の味を紹介しますのでご覧ください!

連載は「大学農系学部に潜入!」。
太陽光の代わりにLED照明装置を使用し、温度や湿度などの栽培環境を制御した野菜の栽培の研究を行う玉川大学の取組みを紹介します。

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

5.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第8回選定結果の公表について

・農林水産省及び内閣官房は、農山漁村活性化の優良事例である「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第8回選定として、34地区及び4名を選定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/211119_4.html

◇北海道地区「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の選定結果について

・北海道地区「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として、2地区と1名を選定しました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/211119.html

◇国有林野における樹木採取権の設定規模の検討に係る新規需要創出動向調査(マーケットサウンディング)の追加実施について

・国有林野における樹木採取権の設定規模の検討の一環として、今般、民間事業者の皆様から、新たな国産材需要創出のアイディア・構想内容の提供をお願いする新規需要創出動向調査(マーケットサウンディング)を追加実施します。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keiki/211119.html

◇建築物木材利用促進協定の締結について

・令和3年10月1日に施行された「脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)第15条第1項の規定に基づき、令和3年11月20日に国土交通省と公益社団法人日本建築士会連合会が建築物木材利用促進協定を締結することとなりました。
⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/211119.html

◇「INACOME(イナカム)」ビジネスコンテスト本選大会のご案内~農山漁村地域の「タカラ」をあなたの「チカラ」でビジネスに!~

・11月27日(土曜日)に、農山漁村の地域資源を活かしたビジネスプランを対象としたビジネスコンテスト本選大会をオンラインにて開催します。本イベントは公開です。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/211118_8.html

◇オランダの一部区域からの生きた家きん等の一時輸入停止措置について

・令和3年11月16日(火曜日)、オランダの一部区域からの生きた家きん等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/211118.html

◇ハンガリーからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

・令和3年11月18日(木曜日)、ハンガリーのバーチ・キシュクン県及びチョングラード・チャナード県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/211118_2.html

◇兵庫県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内4例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・兵庫県姫路市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/211118_3.html

◇「食かけるプライズ2021」表彰式の開催について

・「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる魅力的な食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の表彰式・交流会を11月22日(月曜日)に開催します。
表彰式は公開で、カメラ撮影も可能です。
交流会では、受賞者から受賞作品のプレゼンテーションなどを予定しています。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/wasyoku/211118.html

◇令和3年度(第77回)「農業技術功労者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

・農林水産省及び公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会は、令和3年度(第77回)「農業技術功労者表彰」について、農林水産技術会議会長賞を決定しました。
また、表彰式を12月10日(金曜日)に東京都港区にて行います。
表彰式は公開です。式典中のカメラ撮影も可能です。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/211118.html

◇英国からの家きん肉等の一時輸入停止措置について

・11月12日(金曜日)に英国のエセックス州から、11月15日(月曜日)に同国のランカシャー州及びノースヨークシャー州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/211117_19.html

◇令和3年産米の相対取引価格・数量について(令和3年10月)

・令和3年産米の「相対取引価格・数量(令和3年10月)」について取りまとめました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kikaku/211116.html

◇食品に関するリスクコミュニケーション「一緒に未来を考える~食品中の放射性物質~」を開催します

・消費者庁、内閣府食品安全委員会、厚生労働省及び経済産業省と連携して、食品に関するリスクコミュニケーション「一緒に未来を考える~食品中の放射性物質~」を開催します。
今回は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を考慮して、特設ウェブサイトで、収録動画を公開し、御質問、御意見を募集して回答する形式で開催します。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/211116.html

◇令和3年度(第17回)「若手農林水産研究者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

・令和3年度(第17回)「若手農林水産研究者表彰」について、農林水産技術会議会長賞の受賞者を決定しました。
また、表彰式を11月25日(木曜日)に東京都江東区にて行います。
表彰式は公開です。式典中のカメラ撮影も可能です。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/211116_20.html

◇令和3年度(第22回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

・農林水産省及び公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会は、令和3年度(第22回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」について、農林水産大臣賞をはじめ各賞受賞者を決定しました。
また、表彰式を11月25日(木曜日)に東京都江東区にて行います。
表彰式は公開です。式典中のカメラ撮影も可能です。
⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/211116.html

◇鹿児島県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内3例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・鹿児島県出水市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/211116.html

◇「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)」等の結果(農林水産省関係)について

・10月31日(日曜日)から11月13日(土曜日)まで、グラスゴー(英国)において、「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)」及び関連会合が開催されましたので、それらの結果(農林水産省関係)をお知らせします。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/b_kankyo/211115.html

◇鹿児島県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内2例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

・鹿児島県出水市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/211115_22.html

◇「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター」の募集について

・優良な棚田を認定する「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~(ポスト棚田百選)」を、企業、団体等多様な関係者とともに幅広く周知するとともに、棚田地域の振興に資する取組を促進するため、「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター」の募集を令和4年9月30日(金曜日)まで行います。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/211115_9.html

◇つなぐ棚田遺産の募集を開始します!

・棚田地域の振興に関する取組を積極的に評価し、国民の皆さまに、棚田地域の活性化や棚田の有する多面的な機能に対するより一層のご理解とご協力をいただくことを目的として、優良な棚田を認定する「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」を実施します。
また、推薦地区の募集を12月15日(水曜日)まで行います。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/211115.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農業協同組合法施行規則及び農業協同組合法施行規則附則1条の2の規定に基づく農林水産大臣の指定する農業協同組合連合会を定める件の一部改正案に係る意見・情報の募集について

◇農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律施行規則の一部を改正する命令案についての意見・情報の募集について

◇「木材の安定供給の確保に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案」についての意見・情報の募集について

◇特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律第十三条第二項の規定により都道府県が処理する事務に関する政令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「農業保険法施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農林水産大臣が指定する生物由来製品の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「動物用生物学的製剤検定基準の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「動物用生物学的製剤基準の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農業経営統計調査規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「森林組合法の規定による認可地縁団体への組織変更に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和3年11月22日~令和3年11月26日)~

(4)公式SNS

・農林水産省フェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

・農林水産省ツイッター
⇒ https://twitter.com/MAFF_JAPAN(外部リンク)

6.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

御来場の方は感染防止対策(人と人との間隔を空ける、マスクの着用、手指の消毒等々)を行っていただきますようお願いいたします。

◇「農業」と「福祉」がつながって日本を元気に!~みんなで耕そう!ノウフク・プロジェクト~
令和3年11月22日(月曜日)~11月26日(金曜日)

近年、様々な形で全国的に取組の輪が広がっている農福連携について紹介します。
昨年実施した「ノウフク・アワード2020」の優秀賞受賞地域のパネル展示や農福連携の取組によって生産された加工品・ノウフクJAS取得商品の展示、各都道府県で作成されている農福連携に関する動画の放映も行います。
是非、お越しください!

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2111nofu.html

<編集後記>

時が過ぎるのは早いもので、今年もクリスマスまであと1か月になりました。
毎年自分へのクリスマスプレゼントとして、いちごのショートケーキを食べるのが定番になっています。
ここだけの話、フルーツ専門店が作るケーキはいちごの品質が良いことが多く、オススメです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader