このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

𠮷川農林水産大臣記者会見概要

日時 平成31年4月16日(火曜日)9時34分~9時42分 於:本省会見室
主な質疑事項
  • (大臣から)第5回日中ハイレベル経済対話及び韓長賦中国農業農村部長との会談について
  • 日米物品貿易協定に関する交渉について
  • 第5回日中ハイレベル経済対話について

 

大臣

  私の方から今日は1点報告がございます。14日から15日にかけまして中国・北京に出張をいたしました。これは第5回日中ハイレベル経済対話に出席をするとともに、韓長賦中国農業農村部長と会談を行ってまいりました。14日に行われた日中ハイレベル経済対話におきましては、日本産牛肉の対中国向け輸出再開につきまして、その重要なステップであります「日・中動物衛生及び検疫協定」の実質合意を確認をしたところでございます。日本産食品の輸入規制問題に関しましては、早期の規制撤廃・緩和を要請をいたしました。
  翌15日、昨日でありますけれども、韓長賦農業農村部長との会談におきましては、今後の日本産牛肉の解禁に向けた協議の加速化、中国違法漁船の根絶、更には、北太平洋公海におけます資源管理等についての意見交換を行ったところでございます。また、日本産食品の輸入規制の早期の規制撤廃・緩和に向けた働きかけも行ってまいりました。私からは以上でございます。

記者

  日米貿易交渉始まりました。改めてですね、日本の農産品においてですけれども、日本の立場と今後の見通しについてお聞かせください。

大臣

  現地時間の15日月曜日ですね、15時過ぎに、日本時間の16日火曜日ですか、4時過ぎからですね、茂木大臣とライトハイザー通商代表による日米物品貿易協定交渉の第1回閣僚級会合が米国ワシントンDCで行われたところでありまして、16日も引き続き協議を行うこととなっていると承知をいたしております。15日の協議におきましては、忌憚のない意見交換が行われ、昨年9月の日米共同声明に沿って今後の交渉を進めることについてですね、改めて確認をされたものと承知をいたしております。農林水産省といたしましては、日米共同声明を大前提にですね、将来にわたって我が国の農林水産業の再生産が確保されるよう、最大限の努力をしていく考えでございます。

報道官

  御質問ございますか。

記者

  日中ハイレベル経済対話で、牛肉の輸出解禁に向けて前向きな対話が行われたということなんですけれども、大臣の受け止めをお願いします。

大臣

  この牛肉の輸出に関しましてはですね、先ほども申し上げましたように、日本産牛肉の解禁に向けた協議の加速化を率直にこちらの方からもですね、申し入れをさせていただきましたので、今後ですね、また、それぞれいくつかのステップがまだございまするけれども、協議を加速化をしてですね、私としましては、一日でも早くこの牛肉の輸出が実現をできるように、加速化を更にさせていきたい、このように考えております。

記者

  今の点なんですけれども、なかなか相手方があるのでいつというのは難しいでしょうが、解禁の時期について、大臣としてなんらか見通しがあれば、教えていただけないでしょうか。

大臣

  なかなかそれを申し上げるのは難しいんですけれども、今後ですね、更にこの協議をですね、加速化をさせていくということが、今、私どもに与えられた最大のことだとも思っておりますのでですね、しっかりとそれをやっていくということだろうと思っております。これは、今後ですね、輸出の再開にあたりましては、例えば、口蹄疫だとか、BSEに関する解禁令の公告を行っていただかなければならないんですね。それを加速化をさせてほしいという、そういった申し入れも行いましたし、更に今後はですね、厚生労働省が担当となりますけれども、食品安全システムの評価などについて引き続きですね、この中国との協議を行う必要がございますので、そういったことも含めてですね、これから加速化をさせていきたいと考えております。

報道官

  時間の関係がございますので、次で最後にしたいと思いますが、ございますか。

記者

  TAG交渉についてお伺いします。農業関係者にはですね、二国間の交渉入りにまだまだ反対意見も変わらずあるわけですけれども、先ほど共同声明に沿ってと大臣仰いましたけれども、これはTPPが最大限ということだと思いますが、TPPでも日本農業への影響はあると思います。最大限なら再生産は確実にできるものだと大臣お考えでしょうか。改めてお願いいたします。

大臣

  私は常に申し上げておりますけれども、この共同声明を大前提にですね、将来にわたって我が国の農林水産業の再生産が確保されるように、最大限の努力をしていく、この立場にはなんら変わりはありません。

報道官

  よろしいですか。では、本日は以上で終わります。

以上