このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

江藤農林水産大臣記者会見概要

日時 令和2年1月28日(火曜日)8時38分~8時41分 於: 衆議院中庭側廊下
主な質疑事項
  • (大臣から)「野菜を食べよう」プロジェクトについて
  • 最近の野菜価格の下落について

 

大臣

  私から冒頭、少しあります。
  最近の野菜価格の急激な下落を受けまして、「野菜を食べよう」プロジェクトを、これを行うことといたしました。お一人当たりのですね、摂取量も暖冬の影響もあって、大きく下落していることも大変な問題だと思っています。消費者の皆様方に、農林水産省の公式Facebook等を通じてですね、お手頃な価格の野菜、それからそれを使ったメニューなどを御紹介させていただこうと思っております。それから外食、中食、加工食品等の関係業者の皆様方にもですね、野菜をたくさん使ったメニュー、そういったものの提供に御協力をいただきたいと思っております。細かいことはですね、プレスリリースさせていただきますのでよろしくお願いします。
  私からは以上です。

記者

  先ほど大臣からもありましたように、暖冬の影響で、野菜の価格が下落しているということで、受け止めをお願いします。

大臣

  非常に農林水産業の厳しさを改めて実感する思いです。豊作、野菜が大きく太った、それが規格の外になってしまって、そしたら売れないというのはですね、非常にある意味おかしな話だと思います。しかし、大きなものをですね、そのまま市場に出してしまえば、規格内のものも価格が下がってしまう。野菜価格安定制度とか、収入保険とか、いろんなものがありますけれども、そういう制度以外にも、食べることによって、消費者の皆様方に御理解をいただくことによって、野菜生産農家の経営が安定することがベストだと思いますが、なかなか難しい場面に立ち入っているなと思います。

報道官

  時間でございますので以上で終了します。

以上