このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「サステナアワード2021伝えたい 日本の“サステナブル”」表彰式を2月14日に開催

  • 印刷
令和4年2月1日
農林水産省
消費者庁
環境省
~100近い応募動画作品から、農林水産大臣賞、環境大臣賞、消費者庁長官賞など各賞を決定~

「あふの環(わ)2030プロジェクト」では、食と農林水産業に関するサステナブルな取組動画を募集する「サステナアワード2021  伝えたい日本の“サステナブル”」を実施しました。このたび、2月14日(月曜日)に表彰式を開催し、各賞の受賞作品を発表します。

1.概要

ロゴ

サステナアワード2021では、SDGsゴール12「つくる責任 つかう責任」を踏まえ、食や農林水産業に関わる持続可能なサービス・商品を扱う地域・生産者・事業者の取組を広く国内外に発信していくことを目的として、サステナブルな取組を分かりやすく紹介する動画を昨年10月26日から1月5日まで募集しました。(主催:あふの環2030 プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~(農林水産省、消費者庁、環境省)、共催:一般社団法人 AgVenture Lab)
募集の結果、92作品のご応募をいただき、今般、有識者による審査を行い、農林水産大臣賞、環境大臣賞、消費者庁長官賞をはじめとする各賞について決定しました。
各賞の受賞作品につきましては、表彰式において発表いたします。表彰区分及び候補作品は「3.表彰区分及び候補作品」の通りです。
なお、一部入賞作品については、国内外の発信に活用させていただく予定です。優良事例を国内外に広く発信することにより、食と農林水産業の持続可能な生産・消費の拡大を目指します。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sa2021.html

2.表彰式について

1.開催案内
日時:令和4年2月14日(月曜日)14時30分~16時00分
場所:AgVenture Lab(アグベンチャーラボ)
東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル 9階
内容:受賞者表彰、審査委員による講評ほか
2.参加について
・新型コロナウイルス感染症の感染拡大に鑑み、オンラインのみで開催いたします。(令和4年2月4日追記)
・本表彰式への参加は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、オンライン併用で開催いたします。なお、通信状況によって、映像の乱れや一時的な停止が発生する可能性があることをあらかじめご了承ください。
・参加を希望される方は、2月8日(火曜日)までに以下のURLよりお申込みください。
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ogle-lfthlb-c0611cb83d35b02ecf685e84ccc3e1b9(外部リンク)
・事務局において、記録及び広報にのみ利用させていただく目的で、表彰式の模様を撮影させていただきますので、あらかじめご了承ください。
・今後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等によっては、予定の変更があり得ますので、あらかじめご了承ください。
・締め切り後の参加申し込みとなる場合は末尾の農林水産省担当までお問い合わせください。

3.表彰区分及び候補作品

1.表彰区分
・農林水産大臣賞  1点以内
・環境大臣賞  1点以内
・消費者庁長官賞  1点以内
・AgVenture Lab賞  1点以内
・脱炭素賞  1点以内
・生物多様性保全賞  1点以内
・地域資源循環賞  1点以内                          
・支え合い賞  1点以内
・優秀賞  数点
・みどりの食料システム推進賞

2.候補作品(動画タイトル(都道府県・所属/グループ名))
農林水産大臣賞、環境大臣賞、消費者庁長官賞、AgVenture Lab賞、脱炭素賞、生物多様性保全賞、地域資源循環賞、支え合い賞、優秀賞の候補作品は以下のとおりです(五十音順)。
・「入り江の王様、マングローブ蟹」を主役として~島の魅力を伝える
(沖縄県・蟹蔵)
・営農型太陽光発電と有機栽培の6次化
(栃木県・株式会社グリーンシステムコーポレーション)
・オーガニック・エコフェスタの軌跡
(徳島県・オーガニック・エコフェスタ実行委員会)
・温熱利用農業
(大分県・株式会社タカヒコアグロビジネス(未来事業情報サイトEco-AIs(エコアイズ)有志グループ)(令和4年2月4日名称訂正)
・果樹王国やまなしの4パーミル・イニシアチブ
(山梨県・山梨県庁  農政部販売・輸出支援課)
・木づかいと木育で持続可能な林業地域づくり(徳島県・株式会社那賀ウッド)
・健康を創ることは  地球を創ること
(滋賀県・株式会社ソーラーアグリイノベーションズ)
・“五島の醤”にかける熱き想い-磯焼けから海を守れー
(長崎県・五島の醤プロジェクト/五島の椿株式会社)
・五人娘(寺田本家)パタゴニア プロビジョンズ
(神奈川県・パタゴニア プロビジョンズ)
・魚で地域を盛り上げ、世界に発信する(宮崎県・ひなたの魚)
・THE ROOTS #01 殿様が搾る牛乳
(広島県・LIFECT × 株式会社カシワダイリンクス)
・自然と技術が調和した未来へのフィールド
(兵庫県・Awaji Nature Lab & Resort((株)パソナ農援隊))
・持続可能な真珠養殖  ~伊勢志摩の輝く海と命の宝石~
(三重県・三重県真珠振興協議会)
・「純和鶏」プロジェクト~純国産鶏種と循環型農業による持続可能性への挑戦~
(東京都・株式会社ニチレイ/株式会社ニチレイフレッシュ)
・食のサーキュラーエコノミー -山梨市と八芳園の挑戦-
(東京都・株式会社八芳園)
・卵の有効活用
(東京都・キユーピー株式会社  広報・グループコミュニケーション室)
・地域の願いに寄り添い、共に創造する未来の農業(映像編)
(宮崎県・株式会社杉本商店×株式会社イノフィス×宮崎大学)
・「朱鷺と暮らす郷」生きもの育むお米づくり
(新潟県・朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会)
・農作物残渣のアップサイクルプロジェクト
(東京都・SHIMA DENIM WORKS(株式会社Rinnovation))
・Banana to the Future(東京都・Banana to the Future)
・半農半陶の里 波佐見の地域内循環の取り組み
(長崎県・波佐見町 地域内循環プロジェクト)
・松川町ゆうき給食とどけ隊の思い…
(長野県・松川町)
・未来につながる「コープサステナブル」シリーズ
(東京都・日本生活協同組合連合会  社会・地域活動推進部サステナビリティ推進グループ)
・未来に繋ぐオイシイ場所
(兵庫県・淡路シェフガーデン事務局(株式会社パソナグループ事業開発部))
・森・里・湖に育まれる漁業と農業が織りなす琵琶湖システム
(滋賀県・琵琶湖と共生する滋賀の農林水産業推進協議会)
・「豊かな海へ」海底耕耘プロジェクト(兵庫県・明石浦漁業協同組合)
・Love Life Organic(鹿児島県・かごしま有機生産組合)
・私たちの想い(高知県・南国にしがわ農園)

■あふの環プロジェクトとは
あふの環プロジェクトは、農林水産省、消費者庁、環境省が連携して、SDGsの2030 年までの達成を目指し、持続可能な生産・消費を広めるための活動を推進するプロジェクトです。令和4年1月末現在、145社・団体等が参画しています。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html

添付資料

あふの環プロジェクトメンバー一覧(令和4年1月末現在)(PDF : 298KB)

お問合せ先

農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課地球環境対策室
担当者:古田、阿部、川村、大谷
代表:03-3502-8111(内線3292)
ダイヤルイン:03-3502-8056
E-mail:SCAFFFaward@maff.go.jp

消費者庁消費者教育推進課
担当者:米山、栗田
代表:03-3507-8800(内線2578)
ダイヤルイン:03-3507-9149

環境省大臣官房環境経済課
担当者:安田
代表:03-3581-3351(内線6276)
ダイヤルイン:03-5521-8230