このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

植物遺伝資源の利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」の開催について

  • 印刷
令和2年11月11日
農林水産省

農林水産省は、気候変動による影響を受けている我が国の農業において、重要な役割を果たしている植物遺伝資源について皆様に知っていただくため、令和2年11月20日(金曜日)に、植物遺伝資源の利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」をオンラインで開催します。 本セミナーは公開です。

1.概要

気候変動による問題が世界的に顕在化する中で、我が国の農業も例外なく影響を受けており、例えば高温による生育障害や品質低下などが既に発生しています。そこで、我が国の農業の持続的な発展のためには、こうした問題に対応する新品種の開発が重要となります。
本セミナーでは、そのような社会情勢を踏まえ、遺伝資源の専門家以外の皆様にも「遺伝資源とは何か」を理解していただくことを目的に、農林水産省の取組の紹介に加え、植物遺伝資源の果たす役割等について情報提供を行います。これまで植物遺伝資源に関わってこられた研究者や育種家のほか、学生の方や事業者の方をはじめ、気候変動にご関心のある方であればどなたでも参加できます。

2.開催日時及び場所

日時:令和2年11月20日(金曜日) 14時30分~16時00分
場所:Zoom ウェビナーでのオンライン参加

3.講演内容

  •  気候変動に対する農林水産省の取組 (増井国光 農林水産省大臣官房参事官)
  •  新たな品種の開発と植物遺伝資源の役割 (山本伸一 農研機構遺伝資源センター保存技術・情報チーム)
  •  気候変動がもたらす影響とその適応策 (緒方達志 国際農研センター熱帯・島嶼研究拠点主任研究員)

なお、講演タイトルは、開催時に変更される場合がございます。

4.参加登録と定員

(1)申込方法
     インターネットにて、以下のお申込先に、必要事項を入力の上、お申し込みください。電話やFAXでのお申込みは御遠慮願います。
     インターネットのお申込先 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdccWmYzl12qNjGr7vZLbRRx-T_Jmh--FX8iJZweDp_tTm7AA/viewform(外部リンク:Googleフォーム)
(2)申込締切
     11月19日(木曜日)13時30分まで
(3)定員
     100名(申込先着順)
(4)参加用URLのご連絡
     ウェビナー参加用のURLは、11月20日(金曜日)12時00分までに事務局からメールで御連絡いたします。

添付資料

植物遺伝資源の保全・利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」案内(PDF:744KB)

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:波多野、南
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader