このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

みどりの食料システム戦略(仮称)検討チームの設置及び第1回会合の開催について

  • 印刷
令和2年11月16日
農林水産省
農林水産省は、我が国の食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立を実現させるための新たな戦略として、「みどりの食料システム戦略~食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現~」(仮称)を検討するため、「みどりの食料システム戦略(仮称)検討チーム」を設置し、第1回会合を令和2年11月18日(水曜日)に開催します。
この会議は非公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

我が国の農林水産業は、大規模自然災害・地球温暖化、生産者の減少等の生産基盤の脆弱化・地域コミュニティの衰退、新型コロナを契機とした生産・消費の変化などの政策課題に直面しており、将来にわたって食料の安定供給を図るためには、災害や温暖化に強く、生産者の減少やポストコロナも見据えた農林水産行政を推進していく必要があります。
このような中、健康な食生活や持続的な生産・消費の活発化やESG投資市場の拡大に加え、EUの「ファームtoフォーク戦略」など、諸外国が環境や健康に関する戦略を国際ルールに反映させる動きが見られます。今後、このようなSDGsや環境を重視する国内外の動きが加速していくと見込まれる中、我が国として持続可能な食料供給システムを構築し、国内外を主導していくことが急務となっています。
このため、生産から消費に到るサプライチェーンの各段階において、新たな技術体系の確立と更なるイノベーションを創造することにより、我が国の食料の安定供給と農林水産業の持続的発展及び地球環境の両立を実現させる「みどりの食料システム戦略~食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現~」(仮称)を検討するため、今般、「みどりの食料システム戦略(仮称)検討チーム」を設置し、第1回会合を開催いたします。
なお、今回の会議資料は、会議終了後に以下のURLページで公表することとしております。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/team1.html

2.日時及び場所

日時:令和2年11月18日(水曜日)11時45分~12時00分
場所:農林水産省  3階  第1特別会議室(ドアNo.335)
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

3.議題

(1) みどりの食料システム戦略(仮称)検討チームの設置について
(2) みどりの食料システム戦略(仮称)の素案作成に係るチーム長指示
(3) その他

4.報道関係者の皆様へ

本会議は非公開ですが、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。取材を希望される場合は、以下のお問合せ先にご連絡下さい。

<添付資料>
農林水産省みどりの食料システム戦略(仮称)検討チームの体制(PDF : 58KB)


お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:永田、古田、阿部
代表:03-3502-8111(内線3289)
ダイヤルイン:03-3502-8056
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader