このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

我が家の味をSNSで共有しましょう!

  • 印刷
令和2年10月16日
農林水産省
~「#元気いただきますプロジェクト」×世界食料デー~

10月16日は世界の食料問題を考える世界食料デーです。「#元気いただきますプロジェクト」では、日本の農林水産業や食料事情へ思いを巡らし、行動へつながるきっかけとして、「#我が家の味自慢」キャンペーンを実施します。

ロゴマーク

1.#元気いただきますプロジェクト×世界食料デー

10月16日は、「世界の食料問題を考える日」として国際連合が制定した「世界食料デー」です。また、10月は、「世界食料デー」をきっかけに、食料問題について考え、行動することを呼びかける「世界食料デー」月間として、国連機関等が情報発信を行っています。
世界には飢餓やフードロスなどの食料問題がありますが、食料の多くを海外から輸入している日本も、食料問題と無関係ではありません。
現在、日本では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、インバウンドの減少や外出自粛などにより、全国で生産されている農林水産物等で行き先を失っているものがあります。農林水産業は一度生産を止めてしまうと、生産再開に要する期間が一般的に長く、需要の急変に対応することが困難となるばかりか、将来の食料供給に支障を来たす可能性もあります。日本の食料事情を踏まえると、食べて生産者のみなさんを応援することは、食料問題の解決の一手にもつながります。
このため、農林水産省では、「世界食料デー」と「世界食料デー」月間に合わせて、消費者の皆様に、もう一度、日本や世界の食について考えていただき、農林水産業とのつながりにも思いをめぐらしていただくため、「#元気いただきますプロジェクト」の一環として「#我が家の味自慢」キャンペーンを実施します。

2.#我が家の味自慢キャンペーン

国産食材を使用した、我が家の味や思い出の料理を下記ハッシュタグをつけてSNSに投稿いただくことで、#元気いただきますプロジェクトの公式ウェブサイトにて、皆様の「我が家の味」をご紹介させていただくとともに、ウェブサイトで「我が家の味」を集積していきます。皆様の投稿をぜひお待ちしております。
また、「我が家の味」を思い出すきっかけとなるよう、「世界にひとつのレシピ」というドキュメント・ムービーも公式ウェブサイトにて公開しておりますのでこちらもぜひご覧ください。

<#ハッシュタグ使用例>
#我が家の味自慢
#元気いただきます
#元気エール
#元気いただきますプロジェクト
#世界食料デー
#WorldFoodDay
#やっぱりごはんでしょ
#OnigiriAction

#元気いただきますプロジェクト
公式ウェブサイト:https://www.kokusan-ouen.jp/[外部リンク]
公式インスタグラムアカウント:@genki_itadakimasu

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:渡辺、竹内
代表:03-3502-8111(内線3089)
ダイヤルイン:03-6744-2089
FAX番号:03-3508-4080