このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「第5回宇宙開発利用大賞」農林水産大臣賞受賞者が決定しました

  • 印刷
令和4年3月15日
農林水産省

宇宙開発利用大賞は、宇宙開発利用の推進において大きな成果を収める、先導的な取組を行う等、宇宙開発利用の推進に多大な貢献をした優れた事例に関し、その功績をたたえる内閣府主催の表彰制度です。今般、「第5回宇宙開発利用大賞」の農林水産大臣賞が決定しましたので、お知らせします。

1.農林水産大臣賞受賞者

農林水産大臣賞は、農業分野における宇宙開発利用の推進の視点から特に顕著な功績があったと認められる事例に授与されます。厳正な審査の結果、以下の取組が農林水産大臣賞として決定いたしました。


【取組名】衛星データを活用した「宇宙ビッグデータ米 宇宙と美水(そらとみず)」の開発

【受賞者】株式会社天地人(てんちじん)、株式会社神明(しんめい)、株式会社笑農和(えのわ)

【概要】宇宙ビッグデータを活用し、栽培場所と栽培品種の最適なマッチングと、衛星データとIoT水門を連携させた自動水温管理によるコメの生産に成功した。またそのコメをブランド化して広く販売した。

【選考委員会における評価のポイント】

衛星データの活用を農業生産のみならず、「宇宙ビッグデータ米」と命名して販売にまで繋げた新たな取組であり、宇宙関連技術の社会的な認知度の向上に貢献している。また、衛星データによる水温把握と、データを水門と連結させた自動水温管理を行う技術を開発し、データに基づく農業の推進や労働力の削減につなげたことも評価できる。


  宇宙米      

宇宙ビッグデータ米 宇宙と美水(そらとみず)

 

天地人コンパス

天地人コンパス


 
自動水管理システム

 自動水管理システム

 

(参考)

第5回宇宙利用大賞の詳細は以下のHPから閲覧できます。

【第5回宇宙開発利用大賞 公式ウェブサイト】

https://space-award.jp/(外部リンク)

 

お問合せ先

大臣官房政策課技術政策室

担当者:森田、中野
代表:03-3502-8111(内線3128)
ダイヤルイン:03-6744-0415