このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「農林水産業・食品産業に関するESG地域金融実践ガイダンス」の公表について

  • 印刷
令和4年3月31日
農林水産省
農林水産省では、地域金融機関によるESGを考慮した事業性評価に基づく投融資を推進するため、「農林水産業・食品産業に関するESG地域金融実践ガイダンス」をとりまとめました。


1.概要

本ガイダンスは、地域金融機関によるESG(環境、社会、ガバナンス)を考慮した事業性評価に基づく投融資を推進するため、ESG地域金融の意義、農林水産業・食品産業の課題例や投融資の実践例などをとりまとめたものです。
地域金融機関において具体的な融資対象テーマの掘り起こしや案件組成はもとより、地域の持続的な発展に向けた農林水産業・食品産業の事業者とのコミュニケーションツールとしてもご活用いただくことを想定しております。
農林水産省としても、本ガイダンスを通じ、地域金融機関との対話などを図りながら、ESG地域金融の推進に取り組んでまいります。

2.ガイダンス

農林水産業・食品産業に関するESG地域金融実践ガイダンスの概要(PDF : 1,520KB)
農林水産業・食品産業に関するESG地域金融実践ガイダンス(PDF : 3,072KB)
【ガイダンス別表】農林水産業・食品産業の課題や取組(PDF : 1,193KB)

3.参考

ESG地域金融については、環境省が「ESG地域金融実践ガイド」を公表しており、今回のガイダンスは、この実践ガイドのコンセプトを踏まえつつ、農林水産業・食品産業に焦点をあてて情報を整理したものです。

環境省の「ESG地域金融実践ガイド2.1」(2022年3月31日改訂)
http://www.env.go.jp/press/110824.html(外部リンク)

お問合せ先

経営局金融調整課

担当者:佐々木、山崎、久恒
代表:03-3502-8111(内線5252)
ダイヤルイン:03-3502-1398

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader