このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

日本の農業・食産業の海外展開を推進!

  • 印刷
令和3年2月15日
農林水産省
~スマート農業技術の活用について研究会を立ち上げるとともに現下のビジネス環境を踏まえアフリカ部会を開催~

農林水産省は、2月17日(水曜日)に、グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)協議会スマートフードチェーン研究会の初会合、及び同アフリカ部会を開催します。
今回の会合及び部会は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、WEB会議形式で行います。

1.概要

農林水産省は、拡大し続ける世界の食市場(2030年には1,360憶円、2015年比1.5倍)に対し、日本がこれまで培ってきた生産性・安全性の高い農業、高品質コールドチェーンなど、生産から消費に至る高度なフードバリューチェーン技術とノウハウを、どのような形で海外展開できるかについて、企業コンソーシアム形成の観点も踏まえ、横断的な課題毎及び地域毎に部会等を立ち上げ、取組を推進しています。
中でも、スマート農業技術については、農業者の経営改善、安全・安心な農産物の生産、流通、環境負荷の軽減といった、国内のみならず他国においても共通の課題を解決するものです。また、拡大が見込まれる海外市場での普及を積極的に推進し、海外展開を通じて得た知見を踏まえて技術を改良していくことは、日本のスマート農業技術の発展にも貢献するものであることから、今般、スマートフードチェーン研究会を立ち上げることとしました。初会合となる2月17日の本研究会では、主に海外における取組の報告、政府等からの事業提案を行い、特にスマート農業技術を活用したデータ連携の促進について官民で議論を行います。
また、研究会の後に開催されるアフリカ部会は、平成28年度から継続的に開催しており、これまでに6回開催されている中、今回は、アフリカにおけるビジネス環境の現状、TICAD8にむけた具体的な事業計画提案を紹介し、アフリカへの展開に関心がある企業等との意見交換を予定しています。併せて、現下の新型コロナウイルス感染症の影響や、我が国からアフリカへの輸出の可能性についても議論を行います。
詳細については、下記問合せ先までお願いいたします。

2.議事要旨について

今回の議事要旨は会議終了後に次のURLで公開いたします。
また、これまでの会合の議事要旨についても、同じURLで公開しております。
グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokkyo/food_value_chain/gfvc.html) <グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会について>
国内外にわたる農林水産物・食品の生産から加工・流通・消費に到るフードバリューチェーンの構築を通じた日本の食産業の海外展開を推進するため、平成26年に立ち上げられました。これまでにASEAN、アフリカ、インド、豪州、ロシア、中南米の計6つの地域別部会及びIT農業やコールドチェーンなど計7つの分野別研究会が開催されています。
令和元年12月には、今後5年間の取組方針を定めた「グローバル・フードバリューチェーン構築推進プラン」を決定し、日本の技術やノウハウを活かしたフードバリューチェーンの構築に取り組んでいます。

3.スマートフードチェーン研究会初会合について

【日時】令和3年2月17日(水曜日)13時00分~15時30分
【形式】WEB会議(ZOOM)形式
【議題】
1 開会の挨拶(大澤農林水産審議官)
2 趣旨説明
3 政府等からの報告
(1)タイにおける取組と提案
(2)中南米における取組
(3)アフリカにおける取組と提案
(4)「知」の集積と活用の場® 産学官連携協議会の取組と提案
(5)独立行政法人国際協力機構(JICA)による取組
4 支援メニューの紹介
(1)経済産業省
(2)総務省
(3)農林水産省農林水産技術会議
(4)農林水産省国際部新興地域グループ
5 意見交換
6 閉会の挨拶

4.アフリカ部会について


【日時】令和3年2月17日(水曜日)16時00分~18時00分
【形式】WEB会議(ZOOM)形式
【議題】
1 開会の挨拶(大澤農林水産審議官)
2 アフリカビジネス協議会農業WGの活動
(1)アフリカビジネス協議会の活動状況
(2)アフリカ農業イノベーション・プラットフォーム構想に関する取組状況等
3 アフリカにおける新型コロナウイルス感染症による日本企業への影響
4 報告・紹介事項
5 閉会の挨拶

5.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、お申込みの際にその旨を併せて記載ください。当日、接続先のURLをメールで送付いたします。オンラインで傍聴ください。
【申込方法】
電子メールにより、以下の申込先に御氏名(フリガナ)、御連絡先(電話番号、FAX番号又はメールアドレス)、職業・勤務先・所属団体を明記の上、お申込みください。
<電子メールによるお申込先>gfvc_maff@maff.go.jp
【申込締切】
令和3年2月16日(火曜日)12時00分必着です。

お問合せ先

大臣官房国際部国際地域課、新興地域グループ

担当者:【スマートフードチェーン(SFC)】新藤、相原、【アフリカ】宮廻、川上、根本
代表:03-3502-8111(内線3511)
ダイヤルイン:03-3502-8058
FAX番号:03-5511-8773