このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

EPAを利用して有利な条件で輸出してみませんか

  • 印刷
令和3年6月17日
農林水産省
~EPAの利用方法について専門家がわかりやすく解説します!~

農林水産省及びGFVC推進官民協議会は、7月15日(木曜日)に「EPA利用セミナー」をWeb形式で開催します。生鮮野菜や果実を例に、EPAの「いろは」から「実際の使い方」まで、EPA利用の専門家がわかりやすく解説します。例えば、日本産りんごをベトナムに輸出する際、通常8%の関税がかかりますが、日ベトナム・EPAやCPTPPを利用すれば関税が無税になります。日本産いちごをタイに輸出する際、通常40%の関税がかかりますが、日タイ・EPAを利用すれば関税が無税になります。EPAを利用して、日本産農林水産物・食品を有利な条件で輸出してみませんか。

1.概要

農林水産省及びグローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会は、農林水産物・食品の輸出にあたり、積極的に経済連携協定(EPA)を利用していただけるよう、東京共同会計事務所の協力を得て、「EPA利用セミナー」をWeb形式で開催します。生鮮野菜や果実を例に、EPAの基礎的な情報やEPAを使うことのメリットなどといったEPAの「いろは」から、EPAを利用するためのルールのほか必要な書類やその入手方法などといった「実際の使い方」まで、EPA利用の専門家が実例を使って詳しく丁寧に解説します。このほか、EPAに馴染みのない方からEPA利用経験者まで、知っていると便利な「お役立ち情報」もお伝えします。

2.セミナー内容

(1)日時
令和3年7月15日(木曜日)14時00分から17時00分まで

(2)プログラム
第1部 EPAとは?
EPAの「いろは」について解説します。「EPAって何?EPAを利用するってどういう意味?、EPAを利用するメリットって何?どのくらい関税が下がるの?」などEPAに関する様々な「?」にお答えします。
第2部 EPAの利用手続きとは?
EPAの利用手続きについて解説します。生鮮野菜や果実を例に、EPAを利用するためのルールや必要書類、EPAを利用するための具体的な手順など「実際の使い方」について、実例を使って詳しく丁寧に解説します。このほか、これまで農林水産省に寄せられた相談事例をもとに、EPAに馴染みのない方からEPA利用経験者まで、知っていると役に立つ便利な情報もお伝えします。

(3)説明者
東京共同会計事務所

3.参加申込

(1)申込方法
本会議はWeb会議システムZoomにより行います。参加を希望される方は、参加申込フォームから以下の(2)にある申込締切までに、御名前(ふりがな)、勤務先等の名称、連絡先(メールアドレス)、質問内容など(あれば)を御登録ください(電話でのお申込みは御遠慮ください。)。

<参加申込フォーム>
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/kokusai/chiiki/20210617.html

(2)申込締切
令和3年7月5日(月曜日)12時00分(必着)

(3)抽選の実施
希望者多数の場合には、各社・各団体から1名までとさせていただきます。その上で、定員を超えるときは抽選とさせていただきます。参加の可否及び参加用のURLについては、御登録いただいたメールアドレス宛てに御連絡いたします。

(4)参加される皆様への留意事項
次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。
Web会議を撮影、録音しないこと
Web会議用のURLを転送したりSNSで公開したりしないこと
Web会議の進行を妨げる行為を行わないこと

(5) その他
参加等に係るインターネット通信料は、参加者の負担となります。
パソコン、タブレット、スマートフォン等での参加が可能ですが、安定したネットワーク環境の利用を推奨します。
ネットワークの回線状況やWi-Fi環境により動作に支障が出る場合がございますので、あらかじめ御了承ください。
お申し込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

お問合せ先

大臣官房国際部EPA利用促進チーム

担当者:村瀬・中杉・大出
代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929