このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

令和3年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移、事前契約数量及び米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向について(令和3年10月末現在)

  • 印刷
令和3年11月26日
農林水産省
農林水産省は、令和3年産米の「産地別契約・販売状況(令和3年10月末)」、「民間在庫の推移(令和3年10月末)」、「事前契約数量(令和3年10月末)」及び「米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向(令和3年10月末)」について取りまとめました。

1.背景

平成30年産からの米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等の提供を行っています。
今回、令和3年10月末現在の契約・販売状況、民間在庫の推移、事前契約数量及び米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向について、米の出荷・販売業者、団体等から報告のあった内容を取りまとめましたので公表いたします。

2.概要

1.契約・販売状況
令和3年10月末現在の全国の集荷数量は200.6万トン(対前年同月比▲2.1万トン)、契約数量は158.2万トン(対前年同月比▲12.0万トン)、販売数量は26.5万トン(対前年同月比+1.9万トン)となっています。

2.民間在庫の推移
令和3年10月末現在の全国の民間在庫は、出荷・販売段階の計で対前年同月比+5万トンの329万トンとなっています。前月の対前年同月比+24万トンと比べ19万トン減少しています。これは令和3年産米の作付転換により、主食用米等の生産量が701万トンと令和2年産の主食用米等の生産量(723万トン)と比べ22万トン減少している中で、例年よりも生育が早く集荷が前倒しされたことで前月の民間在庫が、一時的に対前年で増加したこと等によるものと考えられます。

3.事前契約数量
令和3年10月末現在の全国の事前契約数量は130.6万トン(対前年同月比▲13.8万トン)となっています。

4.米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向
令和3年10月末現在の米穀販売業者が販売している精米の全体数量・価格の動向を指数化したものです。
販売数量は前年同月比97.7%(うち小売事業者向けは前年同月比96.3%、中食・外食事業者等向けは前年同月比99.5%)。また、小売事業者向けの販売価格は前年同月比93.3%、中食・外食事業者等向けの販売価格は前年同月比95.0%となっています。(速報値)

産地や銘柄別の契約・販売状況、民間在庫の推移、事前契約数量及び米穀販売業者における販売数量・販売価格の動向については、添付資料を御参照ください。
また、調査対象業者、取りまとめの区分等については、添付資料の脚注を御参照ください。

3.公表資料

本資料及び過去の調査結果は、当省ホームページから御覧になれます。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/soukatu/aitaikakaku.html

<添付資料>

お問合せ先

農産局企画課

担当者:板倉、角、西川
代表:03-3502-8111(内線4975)
ダイヤルイン:03-6738-8973

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader