このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「野菜を食べようプロジェクト」ポスター募集の受賞作品の決定について

  • 印刷
令和4年8月9日
農林水産省

農林水産省は、この度「野菜を食べようプロジェクト」ポスターの募集について、農産局長賞、入賞作品を決定しましたのでお知らせします。

1.概要

農林水産省では、野菜出荷量が増加し、野菜価格が低下した際の消費拡大対策として、令和2年12月に「野菜を食べようプロジェクト」を立ち上げ、国産野菜の利用促進の取組を進めています。この取組の更なる推進のため、令和4年5月18日から7月18日までの間、全国から「野菜を食べようプロジェクト」ポスターを募集しました。
この度、ご応募いただいた139作品の中から、外部有識者の厳正な審査により、農産局長賞に決定・表彰するとともに、9作品を入賞作品として決定しました。

2.農産局長賞の作品について

農産局長賞作品は「野菜を食べようプロジェクト」ポスターとして採用し、野菜の消費拡大の推進に活用します。また、本作品は、野菜の消費拡大に取組む企業・団体等で自由に使用できます。

農産局長賞

1.局長賞作品.JPG

東京都 佐野 紅葉 さん
(PDF : 639KB)

審査員コメント
しっかりしたタッチで、わかりやすくアピール力がありました。また、絵手紙風でインパクトがあり、「昨日、野菜を食べましたか?」という問いかけにより、野菜摂取のモチベーションアップの効果が期待できます。

3.入賞作品について

その他の優秀な作品については入賞作品とし、野菜の消費拡大に取組む企業・団体等で自由に使用できるものとします。

10.入賞作品(伊藤沙智_5) 4.入賞作品(大沼美沙紀_88)
6.入賞作品(星野陸斗_39)
北海道 伊藤 沙智 さん
(PDF : 644KB)
北海道 大沼 美沙紀 さん
(PDF : 404KB)
群馬県 星野 陸斗 さん
(PDF : 927KB)
審査員コメント
野菜の各品目において、どれだけ摂取すると1日の必要数量となるのかがわかりやすく、食育の観点からも良い作品です。
審査員コメント
全体のデザインが洗練されていて、野菜をどれだけ摂取すればよいのかわかりやすいです。
審査員コメント
メッセージが、デザインとあいまって伝わりやすく、可愛らしいイラストが子供にも好かれそうな作品です。
9.入賞作品(武井ゆうり_34) 5.入賞作品(小山莉里_91) 8.入賞作品(金港青果株式会社 植草綾乃_59)
千葉県 武井 ゆうり さん
(PDF : 1,021KB)
東京都 小山 莉里 さん
(PDF : 547KB)
神奈川県 金港青果株式会社 植草 綾乃 さん
(PDF : 1,103KB)
審査員コメント
野菜の絵に落ち着きがあり、メッセージが英語でも表記されているなど、様々な配慮がなされていることが伝わりました。
審査員コメント
「野菜摂取目標量350g」への提案として、楽しそうな野菜たちとサラダ、スープなどの料理例が美味しそうに描かれていたことがとてもよかったです。
審査員コメント
キャッチコピーで野菜摂取の必要性をアピールしつつ、旬ごとにどのような野菜を摂取すればよいのかわかりやすかったです。
7.入賞作品(野口理莉奈_131) 3.入賞作品(松村康矢_69) 2.入賞作品(WDナイン出雲_53)
京都府 野口 理梨奈 さん
(PDF : 1,424KB)
京都府 松村 康矢 さん
(PDF : 1,932KB)
島根県 WDナイン 出雲 さん
(PDF : 778KB)
審査員コメント
つい足を止めて読んでみたくなるような色づかいと絵柄でデザインされていることがとても良かったです。
審査員コメント
「野菜摂取目標量350g」がわかりやすく解説されていて、温かい色づかいと可愛らしい野菜たちの表情がとても魅力的でした。
審査員コメント
野菜と明るい生産者のイメージを連動させている点がとても良く、野菜を食べて健康になる、という印象が伝わるデザインでした。

お問合せ先

農産局園芸作物課

担当者:野島、髙畑、廣瀬
代表:03-3502-8111(内線4791)
ダイヤルイン:03-3502-5958

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader