このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「第6回インフラメンテナンス大賞」の募集を開始します。

  • 印刷
令和4年3月22日
農林水産省

農林水産省は、総務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省及び防衛省とともに「第6回インフラメンテナンス大賞」の募集を開始します。

1.概要

インフラメンテナンス大賞は、日本国内の社会資本のメンテナンス(以下「インフラメンテナンス」という。)に係る優れた取組や技術開発を表彰するものです。表彰により、好事例として広く紹介することで、我が国のインフラメンテナンスに関わる事業者、団体、研究者等の取組を促進し、メンテナンス産業の活性化を図るとともに、インフラメンテナンスの理念の普及を図ることを目的として実施するものです。

2.表彰の概要

農林水産省、総務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省及び防衛省が所管する施設について、以下の各部門における優れた取組や技術開発を行った者に対して、有識者による審査を経て、各大臣賞、特別賞、優秀賞を決定します。

ア:メンテナンス実施現場における工夫部門

イ:メンテナンスを支える活動部門

ウ:技術開発部門

3.応募方法

応募書類、応募方法等の詳細については、以下URLを御参照ください。
国土交通省ホームページ
https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo03_hh_000268.html(外部リンク)

農林水産省が募集する分野は以下の3分野です。
ア:「農業農村」
 <対象施設>
 農業水利施設(ダム、頭首工、水路、用排水機場、ため池等)、農道、農業集落排水施設、地すべり防止施設、海岸保全施設等

イ:「林野」
 <対象施設>
 治山施設(保安施設事業に係る施設、地すべり防止施設等)、林道(橋梁、トンネル等)、海岸防災林、保健保安林等

ウ:「水産基盤等」
 <対象施設>
 漁港施設(外郭施設、係留施設、水域施設、輸送施設等)、漁場の施設、漁業集落環境施設、海岸保全施設等

なお、過去に本賞を応募した取組や技術開発についても、前回の同様時のものと比べて新たな内容又は付加的な事由が存在する場合(取組継続期間の延長も含む)には、前回の応募時の内容を含めて再応募することができます。
 

4.募集概要

  • 応募期間:
    令和4年3月22日(火曜日)~令和4年5月20日(金曜日)
  • 応募方法:
    WEBフォームで提出(詳細は「3.応募方法」のURLを御参照ください。)
  • 今後の予定:
    応募締切後審査開始
    令和4年秋頃 受賞者決定
    令和4年冬頃 表彰式

お問合せ先

農村振興局幣備部設計課計画調整室

担当者:強靱化計画班 原之薗、奈良坂
代表:03-3502-8111 (内線5536)
ダイヤルイン:03-3501-3749
 

林野庁森林整備部計画課施工企画調整室

担当者:設計基準班 目黒、須永
代表:03-3502-8111 (内線6147)
ダイヤルイン:03-3502-6882
 

水産庁漁港漁場整備部整備課

担当者:設計班 首藤、中瀬、機能高度化班佐々木
代表:03-3502-8111 (内線6880)
ダイヤルイン:03-6744-2390