このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

国営土地改良事業により造成された頭首工の緊急点検について

  • 印刷
令和4年6月17日
農林水産省

農林水産省は、愛知県豊田市の明治用水頭首工で発生した漏水事故を受けて、全国の国営造成施設の頭首工の緊急点検を実施し、全ての調査対象施設について、点検4項目は確認されませんでした。

調査結果の概要

令和4年5月27日の緊急点検の結果公表時に、今後再調査の予定としていた1か所(松峯(まつみね)地区頭首工(鹿児島県屋久島町))について再調査の結果、「取水位の低下」、「取水量の低下」、「堰下流からの貯留水の湧出」及び「堰本体からの漏水」の点検4項目は、確認されませんでした。


これにより5月27日に発表した緊急点検の結果とあわせて、調査対象とした全国の国営造成施設の頭首工379か所全てにおいて、緊急点検を終え、点検4項目は、確認されませんでした。


<参考>

https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/yousui/220527_16.html

お問合せ先

農村振興局水資源課施設保全管理室

担当者:影山、松本、太田
代表:03-3502-8111(内線5592)
ダイヤルイン:03-3591-7073