このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

定着進む「フラワーバレンタイン」~10年目の「フラワーバレンタイン」に農林水産大臣も参加~

  • 印刷
令和2年2月10日
農林水産省
花き業界では、2月14日に大切な人へ花を贈る「フラワーバレンタイン」の取組を行っており、本年で10年目を迎えます。
農林水産省では、花きの需要拡大に資するこの取組を応援するため、本日2月10日(月曜日)から14日(金曜日)の間、消費者の部屋において「フラワーバレンタイン」をテーマに切り花やフラワーアレンジメントの展示を行います。
イベント初日、江藤農林水産大臣が定例記者会見において、14日には奥様に花を贈ることを明かされました。

大臣会見の様子
江藤農林水産大臣定例記者会見
展示の様子
消費者の部屋「フラワーバレンタイン」特別展示のようす

農林水産省「消費者の部屋」特別展示:フラワーバレンタイン https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0202flow.html

1.フラワーバレンタインとは

日本では、バレンタインデーに「女性から男性へチョコレートで愛を伝える」習慣が広く普及していますが、バレンタインデーは、もともと男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝え合う日です。
欧米では、メッセージカードを交換することに加えて、男性から女性に花(主に赤いバラ)を贈ることが最もポピュラー。
アジア諸国でもバレンタインデーは大切な人に花を贈る日としてえ定着しており、2月14日は、世界でいちばん花が贈られる日なのです。
日本では、2011年から花き関係者が2月14日を「フラワーバレンタイン」と位置づけ、切り花の需要が低迷する1月から2月にかけて、需要拡大に向けた様々な活動を展開してきました。

(H30)切り花等月別支出額
(資料:総務省「家計調査年報」)

2.取組の成果

一般社団法人花の国日本協議会が2019年のフラワーバレンタイン後に行った消費者調査(注)によると、前年と比較し、フラワーバレンタインに花を贈った人の比率は1.5倍(4.1%⇒6.4%)となり、過去最高となりました。
(注)全国の20~40代の男女1036名を対象にしたモニター調査

フラワーバレンタイン2019年における都内百貨店内の花店のようす
2019フラワーバレンタイン花店のようす

3.2020年フラワーバレンタインに取り組む花き関係事業者

主催団体:一般社団法人 花の国日本協議会
(フラワーバレンタイン公式ホームページ)http://www.flower-valentine.com/
(全国ショップリスト)http://www.flower-valentine.com/shoplist/

2020フラワーバレンタインポスター


お問合せ先

生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室

担当者:千葉、古川
代表:03-3502-8111(内線4827)
ダイヤルイン:03-6738-6162
FAX番号:03-3502-0889