このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

生産性向上特別措置法に基づく「新技術等実証計画」の認定について

  • 印刷
令和2年10月5日
農林水産省
  農林水産省は、一般社団法人日本ヘルスケア協会から提出された生産性向上特別措置法に基づく新技術等実証計画である、「野菜の一般的な特徴を表示するPOPに関する自主マニュアルの作成に関する実証」の認定申請について、令和2年10月5日付けで認定することとしましたので、お知らせします。
  本実証は、野菜に関する一般的な機能性についてのPOP等の表示モデルを示すとともに、小売店等におけるPOP表示についての適切な広告活動について検証するものです。

1.認定をした年月日

令和2年10月5日

2.認定新技術等実証実施者の名称等

名   称:一般社団法人日本ヘルスケア協会
代表者:会長   今西信幸

3.認定新技術等実証計画の概要

  野菜が持つ含有成分やその一般的な機能性についての表示モデルを明確に示すことを通じて、小売りの現場における適切な広告活動について検証し、消費者の自主的かつ合理的な選択を促し、消費者の野菜の摂取量の増加や健康づくりに貢献する。
  また、より機能性の高い野菜が適切な価格設定を行いやすくすることを通じて、生産する野菜等の競争力や付加価値向上に資する。

4.認定新技術等実証計画の実施機関

令和2年10月5日から令和3年8月末まで


      
関連資料:認定新技術等実証計画の内容の公表(PDF : 154KB)

参考:法に基づく「新技術等実証制度」については、内閣官房日本経済再生総合事務局新技術等社会実証チームにお問い合わせください。
代表番号:03-5253-2111(内線84834)

参考:消費者庁公表資料(外部リンク)


お問合せ先

生産局園芸作物課園芸流通加工対策室

担当者:宮本、岡本
代表:03-3502-8111(内線4791)
ダイヤルイン:03-3502-5958
FAX番号:03-3502-0889