このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」の策定について

  • 印刷
令和3年12月27日
農林水産省

農林水産省は、食品製造業者と小売業者との適正取引の推進を目指した「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」の策定しました。

1.経緯

食品製造業者と小売業者との適正取引推進のため、これまで、豆腐・油揚製造業、牛乳・乳製品製造業を対象にそれぞれガイドラインを策定し、その後、取引慣行の改善や小売業界における適正取引推進の動きが広がりをみせています。こうした中、他の製造業にも拡大すべきとの意見を受け、食品製造業者と納品先との取引について実態把握を行ったところ、豆腐・油揚製造業、牛乳・乳製品製造業と同様の取引慣行の実態の例が存在することが分かりました。
これを踏まえ、関係業界団体の御協力の下、今般、食品製造業全体を対象とした「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」を策定しました。

2.「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」について

「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」は、食品製造業者と小売業との取引関係において問題となり得る事例を提示し、できるだけわかりやすい形で下請法や独占禁止法の考え方を示すことにより、取引上の法令違反を未然防止することを目的としています。今後、本ガイドラインの普及を行っていくとともに、関係業界団体の要望に応じて説明を行っていく予定です。

添付資料

「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」(概要)(PDF : 319KB)

「食品製造業者・小売業者間における適正取引推進ガイドライン」(本文)(PDF : 539KB)

お問合せ先

大臣官房新事業・食品産業部企画グループ

担当者:尾崎、松川
代表:03-3502-8111(内線4136)
ダイヤルイン:03-3502-5742

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader