このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

令和3年恵方巻きのロス削減に取り組む事業者の公表

  • 印刷
令和3年2月8日
農林水産省
~恵方巻きのロス削減プロジェクトに65事業者が参画~

農林水産省は、令和2年3月に閣議決定された食品ロス削減推進法の基本方針を踏まえ、食品小売業者に対して予約販売等による季節食品の需要に見合った販売を呼びかけています。
このたび、令和3年の恵方巻きシーズンにおいて、恵方巻きのロス削減プロジェクトに参画する食品小売業者を募集した結果、65事業者から応募がありましたので、公表します。


<PR資材の例>


                                                          



1.令和3年の恵方巻きのロス削減に向けた取組

農林水産省は、令和2年に続き、令和3年の恵方巻きシーズンにおいても、需要に見合った販売等の取組を推進するため、当省ホームページ上を通じて、小売店が恵方巻きのロス削減の取組を消費者にPRするための資材を提供するとともに、令和2年12月25日付けで、食品小売団体を通じて食品小売業者に呼びかけるための事務連絡を発出しました。
今回の呼びかけを通じて、農林水産省等の提供するPR資材を活用して恵方巻きのロス削減に取り組む事業者や、需要に見合った販売などの恵方巻きのロス削減に向けた取組を行う事業者を募集したところ、以下の65事業者から応募がありました。(取組内容は添付の取組事業者一覧をご覧ください。)

<添付資料>
恵方巻きシーズンにおける食品ロス削減の取組について(令和2年12月25日付け事務連絡(PDF : 122KB)
取組事業者一覧(2月3日現在)(PDF : 115KB)


<取組を実施する事業者>
※一部を除き50音順

イオン九州株式会社 株式会社イズミ
(ゆめタウン、ゆめマート)
イズミヤ株式会社 株式会社一小イチコ
(スーパーイチコ)
株式会社イトーヨーカ堂 株式会社いなげや
いわて生活協同組合 株式会社ウオロク
株式会社エーコープ関東 株式会社エーコープ近畿
株式会社Aコープ九州 株式会社Aコープ東北
エフコープ生活協同組合 株式会社遠鉄ストア
株式会社オークワ
(オークワ、スーパーセンターオークワ、メッサオークワ、プライスカット、パレマルシェ)
株式会社大阪屋ショップ
株式会社鍛冶商店 株式会社関西スーパーマーケット
株式会社ぎゅーとら 株式会社近商ストア
生活協同組合くまもと 株式会社京阪ザ・ストア
生活協同組合コープおおいた 生活協同組合コープぎふ
(コープぎふ長良店、コープぎふ多治見店、コープぎふ可児店、
コープぎふ芥見店、コープぎふ恵那店、コープぎふ尾崎店)
株式会社コープフーズ
(生活協同組合コープこうべ内惣菜部門)
国分グローサーズチェーン株式会社
(コミュニティ・ストア)
佐藤株式会社
(サトー食鮮館)
サミット株式会社
(サミットストア)
株式会社サンプラザ 島屋株式会社
株式会社シェルガーデン
(ザ・ガーデン自由が丘)
株式会社食鮮館タイヨー
株式会社ジョイフルサンアルファ
(ジョイフルサン、ママのセンター)
株式会社セブン-イレブン・ジャパン
相鉄ローゼン株式会社 株式会社ダイエー
大丸東京店 株式会社大和
(プラッセだいわ)
株式会社東急ストア 株式会社とりせん
市民生活協同組合ならコープ 株式会社原信
株式会社ナルス 株式会社ニシムタ
(スーパーセンターニシムタ)
株式会社バロー 株式会社ハローズ
株式会社ファミリーマート 株式会社平和堂
株式会社ポプラ 本間物産株式会社
(マルホンカウボーイ、マルホン+プラス)
株式会社マイヤ マックスバリュ東海株式会社
株式会社マルイ 株式会社サンインマルイ
株式会社マルエイ 株式会社マルエツ
丸髙商事株式会社
(まるたか生鮮市場)
株式会社マルミヤストア
明治屋産業株式会社
(肉惣菜えんや福岡三越店)
株式会社ヤマイチ
山崎製パン株式会社
デイリーヤマザキ事業統括本部
(デイリーヤマザキ)
株式会社ユニバース
株式会社リオン・ドール コーポレーション 株式会社リテールパートナーズ
(アルク、丸久、サンマート、中央フード、マルキョウ、
マルミヤストア、新鮮市場)
株式会社ローソン

2.これまでの恵方巻きのロス削減に向けた取組

季節食品のロスについては、近年、節分後の恵方巻きの廃棄が社会的な話題となったことから、農林水産省は、平成31年の恵方巻きシーズンに食品小売業者に対して、需要に見合った販売を呼びかけるとともに、シーズン後に恵方巻きの廃棄の削減状況に係る調査を実施しました。その結果、回答者の約9割から、予約販売の実施、当日のオペレーションやサイズ・メニュー構成の工夫などにより、前年よりも廃棄率が改善したとの回答を得ました。さらに、その結果を受け行った令和2年の「恵方巻きのロス削減プロジェクト」では、43事業者の参画を得たところです。

<恵方巻きの廃棄の削減状況に係る調査結果(平成31年)>



3.恵方巻きのロス削減の取組事例

本年の恵方巻きのロス削減に取り組んでいただく事業者例として、以下5事業者を紹介します。取組事例の詳細は添付資料(恵方巻きのロス削減に向けた取組事例)をご覧ください。

1.株式会社ローソン
2.株式会社シェルガーデン
3.株式会社原信・株式会社ナルス
4.株式会社Aコープ九州
5.株式会社ニシムタ

添付資料 恵方巻きのロス削減に向けた取組事例(PDF : 954KB)

引き続き、食品関連事業者の皆様には恵方巻きを含めた季節食品のロス削減に積極的に取り組んでいただくことをお願いしますとともに、消費者の皆様におかれましても、食品ロス削減に積極的に取り組む事業者の商品・店舗の利用を前向きにご検討いただく等、食品ロスの削減に向けた取組にご理解・ご協力をお願いいたします。

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室

代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066
FAX番号:03-6738-6552