このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

令和元年度福島県産農産物等流通実態調査結果について

  • 印刷
令和2年3月31日
農林水産省
福島県産農産物等の販売不振の実態と要因を明らかにするため、福島復興再生特別措置法に基づき、福島県産農産物等の生産・流通・販売段階の実態を調査し、取りまとめましたので、お知らせします。

1.調査概要

(1)重点6品目(米、牛肉、桃、あんぽ柿、ピーマン、ヒラメ)の出荷量と価格の推移、流通段階ごとの価格形成事例
(2)福島県産品に対する納入業者と納入先の認識の齟齬
(3)海外における評価、流通実態
(4)水産物の販売不振の実態

2.調査結果

令和元年度調査で次のような実態が明らかになりました。
(1)重点6品目(米、牛肉、桃、あんぽ柿、ピーマン、ヒラメ)について、
(ア)出荷量は震災前の水準まで回復していない。
(イ)全国平均との価格差は徐々に縮小しているが依然全国平均を下回る品目が多い。
(2)仲卸業者等の「納入業者」が、小売業者の福島県産品の取扱姿勢を実態よりも低く評価している姿勢はやや改善。
(3)海外輸出について、福島県産桃の最大の輸出国であるタイの小売店や消費者の多くは福島県産桃を好意的に評価している。
(4)福島県産水産物について、市場関係者は漁獲量増を期待する一方、漁業者は増やした時の価格下落を懸念しており、お互いの認識に差。

3.関連URL

調査結果の詳細については、以下リンクに掲載しています。
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/ryutu/R1kekka.html

お問合せ先

食料産業局食品流通課

担当者:髙橋、石河
代表:03-3502-8111(内線4150)
ダイヤルイン:03-3502-8267
FAX番号:03-3502-0614